ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月22日

ページ番号:343915

消費者としてご注意いただきたいこと|新型コロナウイルス感染症

(令和2年2月5日から掲載)

「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」の開設について

独立行政法人国民生活センターにおいて「新型コロナワクチン 消費者ホットライン」を開設しました。フリーダイヤル(通話料無料)で新型コロナワクチン詐欺に関する相談を受け付けています。

電話番号

0120-797-188<フリーダイヤル(通話料無料)>

※050から始まるIP電話からはかかりません。

※おかけ間違いにご注意ください。

窓口開設日時

令和3年2月15日(月曜日)

相談受付時間

10時~16時<土日祝日含む>

対象

新型コロナワクチン詐欺に関する消費者トラブル

対象地域

全都道府県

国民生活センターHP

「新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン」をご利用ください外部サイトへのリンク

新型コロナワクチン詐欺に関する注意喚起資料について

新型コロナワクチン感染症にかかるワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話やメールに関する相談が消費生活センターに寄せられています。

消費者庁では、関係省庁と連携の上、コロナワクチン詐欺に関する注意喚起資料を公表しました。

【消費者庁作成チラシ「ワクチン接種詐欺注意喚起」】
ワクチン接種に関する注意喚起消費者庁作成チラシの画像

【消費者庁HP】
便乗悪質商法の注意喚起外部サイトへのリンク

【消費者庁】コロナ禍における消費者被害防止キャンペーン

消費者庁では、2月8日から「コロナ禍における消費者被害防止キャンペーン」を実施しています。
テレビCMやウェブ動画、新聞広告など、様々なメディアを活用して、コロナ禍に乗じた詐欺・悪質商法等への注意喚起を行うとともに、消費者ホットライン188の活用を呼びかけています。

特設サイトでは、CM動画や今後のオンラインセミナー情報等を公開しており、今後も随時更新予定です。

【消費者庁HP】
「コロナ禍での消費者被害防止」特設サイト外部サイトへのリンク

緊急事態宣言が発令されています

消費者の皆様には、不要不急の外出自粛や感染予防等に取り組むほか、過度な買いだめや買い急ぎはせず、引き続き落ちついた購買行動をお願いします。

また、感染拡大を予防する「新しい生活様式」として、在宅やオンライン利用等が増えると、これに乗じた商品の送り付けや詐欺の電話、メール、インターネット通販のトラブル等が増える懸念があります。
消費者トラブルに巻き込まれたり、巻き込まれそうになったりしたら、消費者ホットライン(188)にご相談ください。
最寄りの消費生活相談窓口につながります。

 

消費者庁では、過度な買いだめや買い急ぎはせず、引き続き落ち着いた購買活動を行うことなどを呼び掛けるとともに、消費者が従業員等に対し意見を伝える際のポイントの整理や、悪質商法等に関する注意喚起を行っています。

【消費者庁作成チラシ「悪質商法等にご注意ください」】
悪質商法にご注意消費者庁作成チラシの画像

【消費者庁作成チラシ「消費者が意見を伝える際のポイント」】

消費者が意見を伝える際のポイント消費者庁作成チラシの画像

【消費者庁HP】

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法等防止の啓発動画の作成

吉本興業株式会社

「消費者庁新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINEアカウントの開設について

「消費者庁新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINEアカウント外部サイトへのリンク

QRコード(左のQRコードからも御利用いただけます。)

「消費者庁新型コロナ関連消費者向け情報」公式LINEアカウントの開設について(PDF:127KB)

関連リンク

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意ください

国民生活センターからの情報

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が、全国の消費生活センター等に寄せられています。その中から特に、新型コロナウイルスを口実にした悪質な事例を、被害の未然防止のために紹介します。

消費者庁から

有料イベントの参加や旅行をキャンセルしようとする場合は、返金等の取扱いなど、主催者に改めて確認しましょう。

個々のケースで返金等の取扱いは異なります。自らキャンセルする場合を含め、主催者にご確認ください。

※有料イベントや旅行の主催者におかれては、中止等に際しての返金等の取扱いについて、消費者の理解を深めるために必要な情報を分かりやすく提供していただけるようお願いします。

【消費者庁HP】
感染症に関連した消費者トラブル回避のために(PDF:780KB)

不審に思った時、被害にあった時は早めに相談を!

【消費者ホットライン】局番なし188(10時から16時)
または、
【千葉県消費者センター相談専用電話】047-434-0999
受付時間(月曜日)~(金曜日)9時から16時30分、(土曜日)9時から16時
※祝日・年末年始除く

特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください

特別定額給付金に関連して、給付金を装った詐欺と思われる相談が、全国の消費生活センター等に寄せられていますのでご注意ください

  • 市の新型コロナウイルス対策室を名乗り個人情報を聞き出す不審な電話を受けた
  • 携帯電話会社名で新型コロナウイルス関係の助成金を配布するとのメールが届いた

(総務省・消費者庁・警察庁作成)「特別定額給付金を装った詐欺にご注意ください」注意喚起チラシ(PDF:122KB)

食料品や生活必需品についてのお願い

1.買物や外食について

新型コロナウイルス感染が拡大している状況の下、様々な風説が流れていますが、食料品や生活必需品が必要な方に届くよう、消費者の皆様におかれましては、正しい情報を見極め、デマに惑わされず、冷静な購買活動をお願いします。

感染拡大の予防と社会経済活動の両立を図るため、スーパーなどの店舗で買物をするとき、または外食をするときには、従業員と消費者が理解・協力しあうことが大切です。感染予防に加え、他の方に感染させない気づかいも大切です。

また、品薄や欠品、席の配置の制限など、従来のサービスと異なり戸惑うことがあるかもしれませんが、是非「お買物エチケット」等へのご協力と、お店の応援をお願いします。

「お買物エチケット」ご協力のお願い

「お買物エチケット」ご協力のお願い(PDF:592KB)

おいしく、楽しく、安全に外食をするときのお願い

おいしく、楽しく、安全に外食をするときのお願い(PDF:183KB)

一人一人の気づかいで、できるだけ「密」を減らし、気持ちよく買物をしましょう。従業員から、レジ待ちなど買物の仕方をお願いする場合があるので、消費者の皆様も、ぜひ御協力をお願いします。

買物するときには、感染予防に加え、他の方に感染させない気遣いも必要です。お店によっては買物の仕方などを制限する場合があるので、御理解・御協力ください。

「密」を避けて気持ちよく買物をしていただくために

「密」を避けて気持ちよく買物をしていただくために(PDF:100KB)

2.食料品について

食料品は、十分な供給量が確保されています。

必要な分だけ買うようにし、過度な買いだめや買い急ぎはしないでください。また、転売目的の購入はしないでください。

【農林水産省HP】
新型コロナウイルス感染症について(別ウインドウで表示)外部サイトへのリンク

買物をするときのお願い

買物をするときのお願い(PDF:78KB)

食料品についてのお願い

食料品についてのお願い(PDF:138KB)

3.マスク・アルコール消毒製品について

マスク及びアルコール消毒製品の転売規制の解除について

令和2年8月25日に「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定され、8月29日以降、マスク及びアルコール消毒製品の転売規制が解除されます。

マスクについては、消費者へ広く供給されるべく、国内での増産強化に加え、スーパー・薬局等の小売事業者において、積極的に仕入れ、消費者への販売に取り組んでいただくよう、関係省庁において関係団体等に要請を行っています。消費者の皆様におかれましても冷静な対応をお願いします。

マスク及びアルコール消毒製品の転売規制について

マスクについてのお願い

マスクについてのお願い(PDF:244KB)

新型コロナウイルス感染症対策における消毒・除菌方法について

マスクの全戸配布について

新型コロナウイルス感染症に身に覚えのない商品の送り付けにご注意ください。

新型コロナウイルス感染症予防等

感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや感染しやすい環境に行くことは避けるようにしましょう。
手洗い、咳エチケット等を徹底し、風邪症状があれば、外出を控えるようにしてください。

関連情報

消費者庁

厚生労働省

農林水産省

経済産業省

首相官邸

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課消費者安全推進室

電話番号:043-223-2292

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?