ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 消費生活 > 消費生活の安定・向上への取組 > 事業者指導のページ > 特定商取引法による処分 > 排水管洗浄及び排水設備等のリフォーム工事を行っていた訪問販売事業者に対する業務停止命令について

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年12月9日

排水管洗浄及び排水設備等のリフォーム工事を行っていた訪問販売事業者に対する業務停止命令について

発表日:平成29年12月8日

環境生活部くらし安全推進課
電話:043-223-2292

本日、千葉県は、いわゆる点検商法により排水管洗浄及び排水設備等のリフォーム工事の販売を行っていた事業者に対し、旧特定商取引法(注)第8条第1項の規定に基づき、平成29年12月9日から平成30年6月8日までの6か月間、訪問販売に関する業務の一部停止を命じました。

(注)特定商取引に関する法律は「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律(平成28年法律第60号)」により改正され、12月1日から施行されているが、改正前の事実に基づき業務停止命令を実施するため、旧特定商取引法(以下「旧法」)を適用する。

※点検商法とは

「点検に来ました」と訪問して、「水が汚れている」「布団にダニがいる」「屋根瓦がずれている」などと言って不安にさせ、浄水器や布団、リフォーム工事などの商品・サービスの契約を勧める訪問販売。(国民生活センター)

1事業者の概要

  1. 事業者名:株式会社NEXTINNOVATION
  2. 代表者名:代表取締役大久保忠顕
  3. 所在地:千葉県千葉市中央区末広3丁目18番4号
  4. 従業員数:12人(事業者報告による)
  5. 資本金:200万円
  6. 設立:平成27年9月15日
  7. 業務内容:排水管洗浄及び排水設備等のリフォーム工事の訪問販売

2業務の一部停止命令の内容

(1)特定商取引法第2条第1項に規定する「訪問販売」に関する業務のうち、次の事項について停止を命じました

ア.売買契約の締結について勧誘すること。

イ.売買契約の申込みを受けること。

ウ.売買契約を締結すること。

(2)業務停止の期間

平成29年12月9日~平成30年6月8日(6ヶ月)

3認定した違反行為

(1)勧誘目的不明示(旧法第3条)

事業者は、訪問販売をしようとするときに、その勧誘に先立って、その相手方に対し、「排水管を見せてください。」「下水の点検に来ました。」などと告げるだけで、排水管洗浄や排水設備等のリフォーム工事の役務提供契約の締結について勧誘する目的であることを明らかにしていない事実がありました。

(2)不実告知(旧法第6条第1項)

事業者は、役務提供契約の締結について勧誘を行うに際して、特に排水桝等に不具合がないにもかかわらず、「土が流れて空洞になっています。排水管にひびが入って、そこから水が流れています。枡を取り換えたほうがいいです。」などと言って、消費者が契約の締結を必要とする事情に関する事項について事実と異なることを告げている事実がありました。

(3)迷惑勧誘(旧法第7条第4号、旧施行規則第7条第1号)

事業者は、役務提供契約の締結について勧誘を行うに際して、その相手方が契約の締結を断ったにも関わらず、執拗に勧誘を続けるなど迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘をしている事実がありました。

4業務停止命令に従わなかった場合の措置

業務停止命令を受けた事業者が命令に違反した場合には、旧法第70条の2及び第74条の規定により、行為者には2年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はこれを併科する手続を、法人には、3億円以下の罰金を科す手続を行います。

5当該事業者に関する相談件数(契約当事者が千葉県内に居住のもの)

相談件数(平成29年11月30日現在)

年度

H27年度

H28年度

H29年度

合計

件数

28件

30件

20件

78件

※消費生活相談窓口に寄せられた件数(同一事例への重複相談を含む)

※相談件数合計78件のうち、既契約者の平均年齢は77.6歳最高齢は94歳

※相談件数合計78件のうち、既契約者の平均契約額は約87万5,300円最高契約額は1,658万7,200円

6消費者の方へのアドバイス

点検商法は、その内容が専門的なものが多く、消費者にとって本当に必要な契約かどうか分からないことがほとんどです。その場で契約せずに、家族や周囲の人、消費生活センターなどに相談しましょう。また、契約内容や金額は、必ず確認しましょう。

  • クーリング・オフ
    契約しても法定書面を受け取った日から8日以内であればクーリング・オフができます。クーリング・オフする旨を書面で通知するだけでよく、やめる理由を告げる必要はありません。
  • 一人で悩まず、まず相談を
    消費生活センターでは、商品やサービスなど様々な「契約」上のトラブルについて、相談員が、助言や斡旋、消費者被害の解決のお手伝いをしておりますので、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

【相談窓口のご案内】

  • 千葉県消費者センター047-434-0999
  • 消費者ホットライン「188(いやや)!」におかけいただきますと、最寄りの市町村等の相談窓口をご案内いたします。

7参考資料

主な事例(PDF:84KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課消費者安全推進室

電話番号:043-223-2292

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?