ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 交通安全対策 > 交通安全教育の推進 > 交通安全基礎教育モデル事業

更新日:平成29(2017)年5月15日

交通安全基礎教育モデル事業

次代を担う子ども達を悲惨な交通事故から守るため、幼児の特性と小学生の発達段階に応じた参加、体験、実践的な交通安全基礎教育を実施します。
また、保護者及び各教職員等に対して交通安全教育の必要性とその指導方法を教示するとともに、最近の自転車利用に関するマナーの低下や歩行者との事故が増加していることを踏まえ、自転車事故の実態の周知と、自転車保険加入促進を図ります。特に、小学校の高学年に関しては、この年代から自転車安全利用五則を中心とした安全な自転車の乗車方法の指導を実施します。

1.主催

  • 千葉県
  • 千葉県警察
  • 千葉県教育委員会

2.平成29年度開催校(園)及び日程

平成29年度開催校(園)及び日程一覧

学校(園)名

交通安全教室

備考

大網白里市立瑞穂小学校

5月12日(金曜日)

交通安全教育指導者研修会も併せて実施

白井市立南山小学校

5月23日(火曜日)

交通安全教育指導者研修会も併せて実施

東金市立東金幼稚園

5月26日(金曜日)

 

県立柏特別支援学校

5月29日(月曜日)

 

柏市立松葉第一小学校

6月16日(金曜日)

交通安全教育指導者研修会も併せて実施

市原市立京葉小学校

6月30日(金曜日)

交通安全教育指導者研修会も併せて実施

印西市立瀬戸幼稚園

7月4日(火曜日)

開催場所は、印西市立六合小学校

3.内容

園児・児童・生徒への「交通安全教室」について

  • 正しい歩行の仕方、正しい自転車の乗り方
  • 道路及び交通の状況に応じた道路の安全な通行の仕方
  • 技能コースでの自転車走行
  • シートベルトの衝撃体験、ちとらくん(交通安全適性診断車)体験、白バイ・パトカー乗車体験等

教職員等対象の「交通安全教育指導者研修会」について

  • 幼児・児童・生徒の特性を踏まえた歩行、自転車走行の指導のあり方
  • 事故発生時の対応要領
  • 実験車の特性実験(内輪差、死角等)
  • シートベルトの衝撃体験、ちとらくん体験等

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課交通安全対策室

電話番号:043-223-2263

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?