ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年5月29日

令和2年夏の交通安全運動実施要綱

令和2年5月27日
千葉県交通安全対策推進委員会

  1. 運動名
  2. 期間
  3. 目的
  4. スローガン
  5. 重点目標
  6. 主唱
  7. 運動の重点目標と推進事項
  8. コラム

令和2年夏の交通安全運動実要綱(PDF:937KB)

1.運動名

令和2年夏の交通安全運動

2.期間

運動期間:令和2年7月10日(金曜日)から7月19日(日曜日)までの10日間

3.目的

本年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う外出自粛等の影響で、人や車の流れが予想できない状況です。また、千葉県は、昨年交通事故死亡数が全国で最も多い「ワースト」となっており、不名誉な記録からの脱却を実現しなければなりません。

そこで、この時期に、交通安全教育や広報・啓発活動を集中的に展開することにより、県民一人ひとりに交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付け、交通事故防止の徹底を図ることを目的に実施します。

4.スローガン

交さ点 命のきけんが かくれんぼ

5.重点目標

  1. 子供と高齢者の交通事故防止
  2. 自転車の安全利用の推進(ちばサイクルールの広報)
  3. 後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  4. 飲酒運転の根絶

6.主唱

千葉県交通安全対策推進委員会

7.運動の重点目標と推進事項

1子供と高齢者の交通事故防止

(1)子供への交通安全指導

歩行中の年齢層別では6、7歳が最も多く、他の年齢を上回っています。また、登校や下校等が交通事故の危険時間帯です。

☆推進事項

職場では通勤・帰宅時に事故が多いこと、家庭では子供に交通事故の多い時間帯を教えるなど、身近な人がアドバイスしましょう。

(2)高齢者の交通事故防止

道路の無理な横断で跳ねられる事故が多発しています。また、加齢に伴う心身機能の低下は車の運転や歩行にも影響します。

☆推進事項

運転に不安がある方には、#8080(相談ダイヤル)を案内しましょう。また、先進安全技術が搭載されたセーフティ・サポートカーの普及啓発にも取組みましょう。

2自転車の安全利用の推進(ちばサイクルールの広報)

自転車が関係する事故は、事故全体の約2割で推移し、減少していません。千葉県が定めた「千葉県自転車条例」、「ちばサイクルール」に基づく交通ルールとマナーの周知で自転車事故を防止しましょう。

※自転車事故では、頭部に受傷する場合が多いので、ヘルメット着用が有効です。

☆推進事項

自転車保険の加入促進やヘルメットの着用を推奨しましょう。また、自転車の交通違反には交通切符の適用があります。適正な利用により安全運転を広報しましょう。

あなたとみんなの命を守る「ちばサイクルール

【自転車に乗る前のルール】

  1. 自転車保険に入ろう
  2. 点検整備をしよう
  3. 反射器材を付けよう
  4. ヘルメットをかぶろう
  5. 飲酒運転はやめよう

【自転車に乗るときのルール】

  1. 車道の左側を走ろう
  2. 歩いている人を優先しよう
  3. ながら運転はやめよう
  4. 交差点では安全確認しよう
  5. 夕方からライトをつけよう

※「ちばサイクルール」は、「自転車安全利用五則」をもとに「千葉県自転車条例」の内容を反映した自転車安全利用に関するルールです。

(3)後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

千葉県では、後部座席のシートベルト着用率が未だに低い状況です。シートベルト等を正しく着用していないと、事故の衝撃で車外に体が投げ出され、最悪死に至ります。被害の防止・軽減を図るため、シートベルトとチャイルドシートの正しい着用について積極的な啓発活動が必要です。

☆推進事項

シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の必要性・効果に関する理解を促進するとともに、シートベルトの高さや緩みの調整、チャイルドシート本体の確実な取付け方法及びハーネス(肩ベルト)の締付け等、正しい使用方法を周知しましょう。

※このような誤った着用が確認されています。

  • シートベルトを、脇の下から通している。(肩の上からかけましょう。)
  • 座席を大きく倒しベルトが浮いている。(ベルトの効果がありません。)
  • チャイルドシートのベルトを着装していない。(子供を守りましょう。)

(4)飲酒運転の根絶

飲酒運転による事故のうち死亡事故に至った人数は全国ワーストです。広く県民に対し、飲酒運転に起因する重大交通事故の危険性等を訴えて、「飲酒運転は絶対しない、させない、許さない」という規範意識を確立し、県民総ぐるみで飲酒運転の根絶を目指します。

☆推進事項

飲酒が車の運転に及ぼす影響(悪質性・危険性)を理解し、飲酒運転をしない気運を理解しましょう。

守るべき3つの約束(政府広報より)

  • 約束1お酒を飲んだら運転しない。
  • 約束2運転する人にお酒を飲ませない。
  • 約束3お酒を飲んだ人には運転させない。

※県では、飲酒体験ゴーグルを貸し出しています。

その一杯 愛車も走る凶器に 早変わり(千葉県飲酒運転防止統一スローガン)

8.コラム

横断歩道手前の道路標示

信号機のない横断歩道等の手前には、ダイヤマークが設置されています。正式名称は、「横断歩道又は自転車横断帯あり」です。このマークを見たらゼブラ・ストップを実践しましょう。※基本的に横断歩道手前50mに設置(2つ目は30m)されています。

横断歩道等における歩行者等の優先(道路交通法38条)

横断歩道で歩行者が横断しようとしている場合等、通行する車両は歩行者の横断を妨害してはいけません。横断を妨げる行為は、交通違反になります。

※警察ではこの違反の取締りを強化しています。

※信号機のある横断歩道では、歩行者の信号無視による事故も発生しています。大人が模範を示しましょう。

=注意=

※違反行為:横断歩行者等妨害等=点数2点、反則金9千円(普通車)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部くらし安全推進課交通安全対策室

電話番号:043-223-2263

ファックス番号:043-221-2969

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?