• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年4月5日

薬剤部業務案内

薬剤部の紹介

薬剤部のスタッフ

薬剤師12名(常勤10名:嘱託2名)

主な業務内容

佐原病院の薬剤部における業務内容は、調剤(外来及び入院)、薬剤管理指導、医薬品情報業務、製剤業務、特定生物由来製剤の管理、抗がん剤の調製などがあります。

また、医療チームの一員としてNST、在宅医療支援チームなどにも参加しています。

調剤業務

処方されたお薬の服用方法や用量、相互作用などをチェックした後、調剤しています。また、近年システム化、機械化が進み、薬袋印字システム・錠剤自動分包機・散薬水薬監査システム等を利用し、迅速かつ正確な調剤に心がけ、調剤したお薬は別の薬剤師が再確認を行い、患者さまに安心いただけるよう万全の注意を払っています。

薬剤管理指導業務

入院の患者さまに薬の効能や飲み方・副作用についての服薬説明を行ったり、入院時に持参されたお薬の確認や病棟での与薬に関わり、治療が効果的かつ安全に行われるように努めています。

また、注射薬については患者さまごとに注射薬をセットし、使用量や使用方法について問題がないか確認しています。

医薬品情報業務

医薬品情報の収集を行い、医師・看護師などからの問い合わせ(薬剤鑑別・相互作用・配合変化など)に対応しています。

また、院内向け「医薬品情報」を編集・発行し情報の提供を行っています。

抗がん剤の調製

化学療法レジメンと、注射薬のオーダーをチェックし、投与スケジュール及び処方内容を確認した後、安全キャビネット内で無菌的に混合調整しています。

また、患者さまには、抗がん剤の作用、副作用やその他の情報提供を行うことにより、より安全で確実ながん化学療法の実施に努めています。

NST

NSTとは栄養サポートチームの略称であり、栄養管理の必要な患者さまに医師・薬剤師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師などの各分野のスタッフが連携し、最良の方法で栄養支援をするチーム医療です。その中で薬剤師は患者さまの薬歴、栄養薬剤の情報の提供を行っています。

薬学的情報として、輸液の水分量の不足や相互作用について経腸栄養薬剤の種類選択や環境条件の提案なども行っています。