• 病院紹介
  • 病院ご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

摂食・えん下障害看護認定看護師 鈴木友子

認定看護師写真

摂食・嚥下障害の原因は?

高齢者では、加齢による嚥下機能の低下、脳卒中後の後遺症、パーキンソン病等の神経難病、認知症、喉・食道の腫瘍などによる嚥下障害に加えて、慢性疾患を抱え長期にわたる多剤服薬者が多くなるため、摂食・嚥下障害が起こり易くなります。

摂食・嚥下障害看護はどのように進めていますか?

何らかの原因により摂食・嚥下障害のある入院患者様に嚥下機能評価や観察を行い、機能訓練や適切な食事形態の選択、介助の方法について患者様、ご家族、看護スタッフへ週1回の活動日に実践・指導・相談を行っています。
外来患者様には、摂食・嚥下障害看護の専門分野において、困っている事、看護や介護の方法などについて患者様、ご家族、地域施設の方々に週1回の相談外来を行っています。

患者さま、ご家族へのメッセージをどうぞ

「口から食べること」は人間にとって生きていくことと同じぐらい意味があり、尊いものです。1人でも多くの患者様に、口から食べることの喜びをもう一度感じてもらえるように、これからも活動していきたいと考えております。

好きな言葉は?

  • 『自分が信じられるように成長していくこと』
  • 『最後まであきらめないこと』

趣味・特技は?(仕事以外のことを書いてください)

  • 音楽鑑賞(歌うことも大好きです)
  • 旅行