サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年11月15日

平成30年千葉県かずさインキュベーションセンター指定管理者(候補者)の選定結果について

1選定結果2評価点数3審査基準

1選定結果

概要

指定管理者

候補者

千葉県木更津市かずさ鎌足二丁目3番地9

株式会社かずさアカデミアパーク

予定指定期間

平成31年4月1日~平成36年3月31日(5年間)

提案の概要

(1)センターの管理運営方針

  • 適切な施設管理を行いつつ、関係機関とのネットワークを活用した入居企業の誘致、共同研究、連携事業の推進等による入居企業支援等を通じて、千葉県の産業振興に貢献していく。

(2)入居企業誘致のための具体的手法

<1>支援機関、地元市、地元商工会議所、「かずさアカデミアパーク街づくり協議会」などのネットワークを活用した企業動向に関する情報収集

<2>施設のメリットをアピールしたHP、パンフレット等への改訂

<3>関連する展示会等への出展による施設のPR

<4>過去の問合せ企業、京葉工業地帯の企業等へのDM、アンケート送付による需要調査

(3)入居企業支援の具体的手法

<1>入居企業へのヒアリング(年1回以上)により、経営状況やニーズを確認し、支援策を具体化

<2>展示会出展料の一部補助や専門家派遣等の係る費用の一部補助による個別支援

<3>千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議における研究内容の事例発表、東葛テクノプラザ入居企業との研究交流等により、県内外の様々な事業分野の企業や研究機関との交流・連携を促進

(4)施設の維持管理方針、施設の安全管理、緊急時対策の具体的手法

  • かずさアークと一体で行うことによる効果的・効率的な管理及び経費節減
  • 警備については、巡回警備及び自社内の中央監視センターにより24時間、即時に対応
  • 設備については、専門的な知識を有する自社スタッフによるトラブルの未然防止、早期発見
  • 緊急時対策は、緊急時対応マニュアルに基づき、2分以内に現場到着、初期対応
  • 年1回全入居企業や関連業者が参加する防災訓練を実施

(5)収支予算の考え方及び管理運営費の縮減を図る具体的手法

<1>指定管理料提案額

  • 平成31年度28,383千円(9月まで消費税8%、10月以降10%)
  • 平成32年度以降年額28,665千円(消費税10%)

(5年間143,043千円)

<2>効率的な管理運営のための提案

  • かずさアークとの一体管理による費用の圧縮
  • 小規模修繕等での業者発注は競争による実施
  • デマンドコントローラーの設置による節電対策

(6)人員配置計画及び職員の指導育成、研修体制の具体的手法

<1>人員配置計画

  • 合計1.7人

<内訳>

設備管理・統括0.3人、経理・契約0.2人、設備管理0.2人、窓口、徴収業務等1.0人(常駐)

<2>職員の指導育成、研修体制の具体的手法

  • 関係機関や立地企業等との交流によるネットワークの形成、知識の取得
  • 知財・財務、各分野の産業のセミナー等への参加による、知識向上や情報収集

(7)類似施設の運営実績

  • 本センターの他、千葉県かずさアカデミアホールの指定管理

(8)地域振興の具体的手法

  • 関係機関、周辺企業、商工会議所等との連携、「かずさアカデミアパーク街づくり協議会」、「かずさアカデミアパーク経済対策協議会」、「鎌足地区まちづくり協議会」との協力

選定理由

  • 施設の設置目的を理解し、これまでの施設管理等の実績を踏まえつつ、県が示した管理運営方針に則った事業計画となっていること。
  • かずさアークと一体的に管理することにより、効率的・安定的な施設管理が行われ、緊急事態発生時の速やかな対応も期待できること。
  • 入居企業誘致、入居企業支援に係る事業計画は工夫を凝らした内容となっており、入居率向上や入居企業の事業拡大が期待できること。

応募者数

1団体

2評価点数

(1)必須項目の審査

審査内容

配点

株式会社かずさアカデミアパーク

選定

施設の設置目的を理解しているか

3

2.3

県が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか

3

2.3

経営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か

3

2.0

事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか

3

2.0

社会的弱者等へ配慮されているか

3

1.8

個人情報保護のための適切な措置がとられているか

3

2.3

小計

18

12.5

  • 「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点し、各項目とも3点満点。
  • 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査

審査内容

配点

株式会社かずさアカデミアパーク

選定

年間の誘致・広報計画の内容は適切か

3

1.8

入居者募集の取組内容は適切か

3

2.0

地域、関係機関等との連携が図れているか

3

2.0

入居企業へのサービス向上のための取組内容は適切か

3

2.3

募集要項に示した内容への提案は適切か

3

2.3

入居企業支援の提案は、公の施設の設置目的の達成に資するものとなっているか

6

4.0

入居企業の共同研究や事業の拡大を図るための、入居企業等相互や県内企業等との交流・連携を図る事業が具体的に計画されており、効果が見込まれるものか

6

3.5

全体的に施設の整備、機能を活用した内容となっているか

3

2.3

求めている内容が事業計画書で提案されているか

3

2.5

施設管理、安全管理、緊急時の対策は適切か

3

2.3

維持管理は効率的に計画されているか

3

2.5

県が想定した参考金額をどの程度下回っているか

30

30.0

各申請者の経費の見積額の比較はどうか

収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか

3

2.5

収支計画の実現可能性はあるか

3

2.8

人員配置等、管理運営体制は十分か

3

2.5

職員採用、確保の方策は適切か

3

2.0

職員の指導育成、研修体制は十分か

3

2.3

団体の財務状況は健全か

3

2.5

金融機関、出資者等の支援体制は十分か

3

2.5

実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか

5

4.0

地域貢献の観点での事業活動を行っているかどうか

5

3.0

小計

100

81.3

合計(必須項目+一般項目)

118

93.8

  • 提案額採点方法:最低提案額を満点(30点)とする。2番目に低い提案額に対し25点を加点することとし、3番目以降順位が劣るごとに、マイナス5点を減じた点数をそれぞれ加点する。
  • 意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。(審査項目「管理に係る経費の縮減効果」を除く。)

※評価点数は、外部有識者4名の評価点数の平均で表示しています。

※小数点第2位以下を四捨五入しているため、必須項目及び一般項目の小計及び合計の点数は、各審査内容の点数の合計と一致しません。

 

(3)指定管理者選定委員会委員

区分

氏名

役職

委員長

髙橋昌伸

千葉県商工労働部次長

委員

田中剛

千葉県商工労働部地域産業推進・観光担当部長

入江信明

千葉県商工労働部経済政策課長

亀井正博

千葉県商工労働部経営支援課長

石井慶範

千葉県商工労働部産業振興課長

稲生敏幸

千葉県商工労働部企業立地課長

田中深図穂

千葉県商工労働部観光企画課長

松澤英雄

千葉県商工労働部観光誘致促進課長

加賀谷美弥子

千葉県商工労働部雇用労働課長

正木忍義

千葉県商工労働部産業人材課長

 

(4)選定審査にあたり意見聴取した外部有識者等

氏名

役職等

佐々田博信

有限責任監査法人トーマツ千葉事務所公認会計士

松澤素子

独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部

地域振興部支援拠点サポート課課長

石井正己

公益財団法人かずさDNA研究所専務理事

兵藤雅宏

木更津市経済部産業振興課課長

3審査基準

千葉県かずさインキュベーションセンター指定管理者審査基準(PDF:90KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課バイオ産業振興班

電話番号:043-223-2725

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?