ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 創業・事業展開支援 > 農商工連携・地域資源活用 > 活かそう!地域資源 > 『地域産業資源活用事業計画』の法認定を受けた県内中小企業の取組紹介

更新日:平成29(2017)年10月16日

『地域産業資源活用事業計画』の法認定を受けた県内中小企業の取組紹介

~中小企業の地域産業資源を活用した事業活動の活発な展開を目指して~

県内の中小企業26社(※1)は、「中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律(中小企業地域資源活用促進法)」第6条の規定に基づいた事業計画(※2)を国に申請し、認定を受け、それぞれ地域と連携した事業展開を進めています。認定事業は地域の力を結集した取組であり、今後はこれらの事業を核とした地域経済の活性化が期待されています。

 

※1 26社のうち1社は広域関東圏(1都10県)事業者の連携体での認定事業。

※2 県が指定した地域産業資源を活用した事業計画。

 

1県内の「地域産業資源活用事業計画」法認定事業一覧

認定日

事業者

事業名(事業概要)

平成29年

10月13日

(第33号)

株式会社山二建具

(松戸市)

千葉県地域資源のサンブスギの被害木や間伐材等を活用した新たな木製パーテーションポールの開発・販売事業(PDF:286KB)

従来の金属製のパーテーションポールの約半分の重量と軽く、よじれ・そりが少なく、まっすぐで機能的にも安定している地域資源のサンブスギの特徴を活かして、木の温かみや優しさが特徴的な、”木製パーテーションポール”を開発・販売する。被害木の良質な部分を活かして滑らかさ艶のある「磨きタイプ」と、「間伐材タイプ」の2アイテムを開発する。

  • 連携体:千葉県森林組合、千葉県木材振興協会、ちばの木活用研究会等
  • 活用する地域資源:サンブスギ

平成29年

2月3日

(第31号)

伝統建築上総匠の会株式会社

(木更津市)

サンブスギ製材時の端材を活用した新たな住宅内装材の開発と販売(PDF:175KB)

未利用であったサンブスギの皮付きの端材を温泉水に浸漬し、独特の色と光沢を持った内装材を開発する。「面皮の丸みと色つやを活かした住宅内装材」「浮造り加工を施した住宅内装材」「絞り丸太加工を施した住宅内装材」の3種類の商品を開発し、腰板等としての活用を図る。

  • 連携体:千葉県森林組合、県内製材業者、亀山温泉ホテル、千葉大学等
  • 活用する地域資源:サンブスギ

平成29年

2月3日

(第31号)

鈴木海苔株式会社

(銚子市)

千葉県銚子産のツノマタを活用した新たな食品原料等加工品の開発と販売による地域の活性化(PDF:180KB)

銚子の海岸に生育しており、食物繊維(カラギーナン)や栄養成分の亜鉛を多く含んでいるツノマタやコトジツノマタを活用した業務用「粉末ツノマタ」「ツノマタ乳酸発酵液」及び家庭用の「ツノマタスプレッド」を開発する。

  • 連携体:銚子漁業協同組合、ツノマタ研究会、銚子商工会議所、銚子市役所、千葉科学大学、千葉大学等
  • 活用する地域資源:ツノマタ、コトジツノマタ

平成29年

2月3日

(第31号)

つまみかんざし彩野

(松戸市)

関東地域の次世代の職人たちによる「NextCraftsGeneration」ブランドの立ち上げとライフスタイル分野商品の開発・販売事業(PDF:194KB)(新しいデザインを取り入れたつまみかんざし等の開発と販売)

東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県、静岡県それぞれの次世代の職人たちが、その所属する地域にとらわれない広域的な連携を行い、各々の技術を活用・結集した「NextCraftsGeneration」ブランドを立ち上げる。首都圏百貨店、セレクトショップ等の小売事業者やホテル向けに、テーブルウェア商品、アクセサリー商品、キッズ(子ども向け)商品等のライフスタイル商品の開発・販路開拓を行っていく。

  • 連携体:広域関東圏(1都10県)のそれぞれの次世代の職人達等
  • 活用する地域資源:つまみかんざし

平成28年

2月3日

(第28号)

有限会社養老渓谷やまびこ

(大多喜町)

千葉県大多喜町の良質な「白たけのこ」を利用した、地域お土産品の開発及び販売(PDF:161KB)

苦み・えぐ味がなく、色が白く、柔らかい大多喜町の「白たけのこ」と、昔から伝わる食文化を組合せ、ご当地ならではのお土産品として、「白たけのこの味噌漬け」と「白たけのこ入り里山のふかしまんじゅうシリーズ」の開発・販売を行う。

  • 連携体:養老渓谷観光協会・旅館組合、大多喜町商工会等
  • 活用する地域資源:千葉のたけのこ

平成26年

7月7日

(第23号)

まくら株式会社

(柏市)

千葉県産の落花生の殻を使用した「枕」の開発及び販売事業(PDF:164KB)

産業廃棄物として多く処分されてしまっている「落花生の殻」を「枕の中素材」として活用し、適度なクッション性や汗を吸収できる吸水性、熱発散性、消臭効果などの効果が期待できる今までにない新しい「枕」の開発・販売を行う。

  • 連携体:県内企業、施設・研究所等
  • 活用する地域資源:千葉の落花生

平成25年

10月16日

(第21号)

有限会社銚子海洋研究所(銚子市)

銚子ジオパークをはじめ銚子の地域資源を組み合わせた新たな着地型観光プログラムの提供(PDF:203KB)

地域の観光事業者と連携して銚子の太古の歴史、鉄道、文化、食などを組合せ、幅広い世代に銚子の新たな体験価値を届ける「体験型観光プログラム」を提供する。地域における観光客の滞留時間の伸長、地域経済活性化及び震災復興等への寄与を目指す。

  • 連携体:銚子ジオパーク推進協議会、銚子電鉄、額賀染物工場等
  • 活用する地域資源:銚子ジオパーク、銚子電鉄、万祝染、灯台印キャベツ

平成25年

10月16日

(第21号)

株式会社ティ・エス・シー(木更津市)

サンブスギの間伐材を利用した集成材ブロック床材の新商品開発・生産・販売事業(PDF:203KB)

高い調室・調温機能、断熱性能、衝撃吸収作用などの優れたスギの特徴を床材に応用するため、未利用のサンブスギ間伐材を活用して集成材ブロック床材を開発し、生産・販売する。環境保護・エコ志向の高まりから公共・民間建築物への需要拡大が期待される。

  • 連携体:千葉県森林整備協会、製材業者、プレス加工会社等
  • 活用する地域資源:サンブスギ

平成25年

2月4日

(第19号)

有限会社スズ市水産

(南房総市)

低活用鮮魚を原材料とする定型・定量を可能とするファストフィッシュ水産加工品の開発及び販売(PDF:977KB)

地元で水揚げされる鮮魚のうち利用率の低いサバ・アジ・サンマを、独自の加工技術により本来の魚の食感を残しつつ、大きさ・形状を自由にできるフィッシュナゲット等を開発・販売する。

  • 連携体:漁業協同組合連合会、地元飲食・観光事業者等
  • 活用する地域資源:サバ、アジ、サンマ

平成24年
2月9日
(第16号)

有限会社マルヨーのり製造所

(富津市)

富津産江戸前海苔を使ったライスサンドの開発と製造販売事業(PDF:269KB)

最後の江戸前海苔と称される富津産の海苔と、アジ、アサリ、アナゴ等の具材をふんだんに使用し、全て千葉県産の食材を使用した新感覚のライスサンドを開発・販売する。地元企業や行政等と連携し、内房の観光地での食事利用、間食利用の需要を開拓するとともに、水産業、観光業、小売業等の地域企業の活性化を目指す。

  • 連携体:地域農林漁業者、地域商工業者等
  • 活用する地域資源:海苔、アジ、アサリ、アナゴ

平成23年
10月14日
(第15号)

田谷ミートセンター株式会社

(香取郡東庄町)

「ちばの豚」と「ちばの肉牛」の特殊部位を使用した食肉加工品の開発(PDF:335KB)

千葉県の地域資源であるちばの豚・ちばの肉牛の、従来廃棄されていた特殊部位(レバー、タン、スジ等)を活用した食肉加工品の開発・販売を行う。と場と加工場が隣接する立地を活かし、新鮮かつトレーサビリティ可能、安心・安全で手頃な価格の商品開発を目指すとともに、千葉県の豚・肉牛の知名度向上を図る。

  • 連携体:林豚肉出荷組合、東の匠SPF豚、周辺地域畜産農家等
  • 活用する地域資源:ちばの豚、ちばの肉牛

平成23年
2月8日
(第13号)

株式会社小林商事

(旭市)

独自加圧浸透技術・ドライ技術を活用した地元産食材新ドライフーズの開発及び販売事業(PDF:201KB)
千葉県の地域資源である落花生や野菜(いちご、さつまいも、トマト)等を原料とし、独自の「加圧浸透味付け法」と「天日干し乾燥法」により、素材の内部に塩やメープルシロップなどの味を染み込ませ、柔軟性やしっとり感を保った新ドライフーズを開発・販売する。

  • 連携体:落花生、いちご、さつまいも、トマトの各生産者等
  • 活用する地域資源:千葉の落花生、八街産落花生、千葉のいちご、千葉のさつまいも、千葉のトマト

平成22年
6月15日(第11号)

株式会社ファームネットジャパン

(香取市)

千葉県産豚を活用したパーティー用骨付きハムおよびサラダセットの新開発と販売事業(PDF:242KB)
千葉県の地域産業資源である地元豚肉を利用した「ほっかほか骨付きハム」「瞬眠骨付きハム」の開発・販売と、地元農畜産物(トマト・ニンジンなど)を活用しセット化したパーティー惣菜セット「サラダグルメ」を商品化する。さらに、パーティー惣菜セットを自社便で届ける新サービス「グルメ・ガーデン」を確立する。

  • 連携体:養豚業者、野菜の生産者グループ等
  • 活用する地域資源:ちばの豚、千葉のトマト、千葉のニンジン

平成22年
2月10日
(第10号)

株式会社ちば南房総
(南房総市)

※株式会社鄙(ひな)の里(同市)から事業者名称変更

南房総のこだわり素材を使った乳製品開発と収穫・加工体験事業(PDF:33KB)
長年にわたり安心・環境を追求してきた地元農家の協力を得て、高品質の生乳と果物・野菜を組み合わせた新商品を開発するとともに、安心・安全な「食」を観光に組み入れた収穫・体験事業を行うことにより、認知されていなかった当地の地域資源の魅力を発信し、多くの観光客を呼び込むことによって、地域活性化を図る。

  • 連携体:安藤牧場、三芳生産グループ、周辺農家等
  • 活用する地域資源:ちばの牛乳

平成21年
11月20日
(第9号)

吉野酒造株式会社
(勝浦市)

未利用資源である「梅」「夏みかん」等果樹類を活用したリキュール開発販売事業(PDF:25KB)
勝浦地域の地域産業資源である「千葉の清酒」と地域に未利用資源として多く存在している「梅」「夏みかん」を活用して、自社で製造している純米原酒に「梅」「夏みかん」などを漬け込み、梅酒・果汁リキュールを開発する。新たなリキュール事業部門を確立させると同時に、観光客向けに梅の木のオーナー制度導入しマイ梅酒・マイボトル事業の展開を図る。

  • 連携体:梅農家・果樹農家、宿泊施設等
  • 活用する地域資源:千葉の清酒

平成21年
11月20日
(第9号)

小町食品株式会社
(銚子市)

千葉県産落花生と千葉県産農産物を活用した地域お菓子の製造販売ネットワークの展開(PDF:25KB)
千葉県の地域産業資源である落花生をベースとしてメロンやいちご、さつまいもの果肉や果汁を加えた新商品のキャラメルを開発する。当社の既存販売ルートである卸売業者へのPB商品としての販売のほか、農業生産者や農業生産者組合のニーズに基づくオリジナル商品の企画・製造を行い、地域観光農園・生産直売所・地域土産物店にて販売する、独自の製造販売ネットワークの構築及び展開を行う。

  • 連携体:農業生産者・農業生産者組合、観光農園、直売所、土産物店等
  • 活用する地域資源:千葉の落花生、千葉のさつまいも、銚子メロン、千葉のいちご

平成21年
6月29日
(第8号)

株式会社リカンヌ
(市川市)

地域ブランド「市川の梨」等による商品に合わせたピューレ製造販売(PDF:39KB)
今回取り組む事業は、一次加工品として冷凍ピューレを製造し、業務用材料とすることにより、シーズン外でも販売可能な新たなお菓子や、加工食品の開発の可能性を創出する。

  • 連携体:市川地域ブランド協議会(市川商工会議所、市川市、市川市商店会連合会、JA市川市、市川市行徳漁業協同組合、南行徳漁業協同組合、市川パン菓子商工組合)
  • 活用する地域資源:市川のなし・市川の梨

平成21年
6月29日
(第8号)

株式会社旦千花
(八街市)

八街産落花生を活用した落花生味噌と落花生納豆の開発・販売

小松菜を品種改良した「江戸菜」の開発・販売に成功した当社の経験を生かし、地元特産品である落花生に付加価値をつけて販売することが出来れば、地域の活性化に貢献できるのではないかと思うようになり、当社は落花生の味・香りを活かした製品開発に取り組むようになった。

  • 連携体:地域の協力農家等
  • 活用する地域資源:八街産落花生

平成21年
6月29日
(第8号)

ヨード建材株式会社
(富津市)

※新日本改修建設株式会社(君津市)から事業者変更(分社化によるもの)

室内の微生物を除菌するヨード樹脂系建材の開発・事業化(PDF:32KB)
千葉県茂原市(旧上総地区)をはじめ県内30市・町に埋蔵する天然ガスの副産物であるヨードの殺菌力を活用し、陰イオン交換樹脂手法でヨードを内蔵したヨウ素樹脂を珪藻土に混入したところ、部屋空間の浮遊菌が除菌された。この現象に鑑み製品販売の事業化を思い立った。

  • 連携体:関東天然瓦斯開発株式会社、株式会社チヨダウーテ、地域左官工事業、千葉大学真菌医学センター、北里医療環境センター等
  • 活用する地域資源:ヨード

平成20年
9月19日
(第5号)

株式会社生産者連合デコポン
(成田市)

千葉特産品のB品を活用した「素材を最大限に活かした栄養価が高く安全でおいしいペーストづくりと、それを原料とした新たな商品開発と販売」事業(PDF:24KB)
本来廃棄対象となりうるB品有機野菜を使用し、「ソフトスチーム」技術を用いて栄養価を損なわない野菜のペーストの商品化を行うとともに、ペーストをベースとした付加価値の高いドレッシング、べビーフード等の開発・販売を行う。

  • 連携体:成田市地域農業活性化協議会、成田市消費者友の会等
  • 活用する地域資源:千葉のさつまいも、千葉のニンジン

平成20年
9月19日
(第5号)

株式会社シェフミートチグサ
(千葉市)

千葉県産のB級品ピーナッツ・北総ポークを活用した食肉加工品の研究開発及び販売(PDF:27KB)
氷温熟成によりうまみ等を増幅させた北総ポークに千葉県産のB級品ピーナッツを練り込んだ食肉加工品(ソーセージ・ハム・サラミ等)の開発、販売を行う。

  • 連携体:株式会社氷温技術研究所、(財)食品分析センター等
  • 活用する地域資源:ちばの豚、千葉の落花生

平成20年
6月13日
(第4号)

株式会社ヤマヨ商事
(千葉市)

長柄町伝統郷土料理“太巻き花寿司”の技術、文化伝承の為の製品開発とそのブランド化(PDF:37KB)
具材にスイーツ材料を使用した「太巻きスイーツ」、具材と絵柄にこだわった「こだわりの太巻き寿司」等幅広いターゲット層に向けての製品開発や太巻き教室等を通じて、長柄町の郷土料理である「太巻き寿司」のブランドを確立する。

  • 連携体:有限会社長柄さくらの郷、たけのこ生産組合等
  • 活用する地域資源:太巻き寿司、ちばの牛乳、千葉のネギ、千葉のさつまいもほか

平成20年
3月6日
(第3号)

株式会社佼和テクノス
(市原市)

サンブスギの端材を活用したウッドプラスチックプロジェクト(PDF:96KB)
外来材マーケットの拡大、後継者不足、溝腐病による商品価値の低下等、手入れされずに放置されている未利用森林面積の拡大の問題を重視。優良なブランド木材だったサンブスギの質の均一性に着目し、木粉と石油樹脂の混練コンパウンドである「ウッドプラスチック」を開発する。

  • 連携体:新生木材協同組合、吉山プラスチック工業株式会社等
  • 活用する地域資源:サンブスギ

平成19年
12月13日
(第2号)

富洋観光開発(株)
(富津市)

「南総まるごと食べるっぺよ」千葉県産の果物をふんだんに活用した「南総ロール」商品開発と販路拡大事業(PDF:68KB)
モンドセレクション受賞技術をもとに、新鮮な果実・牛乳等を組み合わせた「南総ロール」の商品化、富津市周辺での果物や卵・牛乳の収穫体験と、工房での南総ロールの製菓体験を組み合わせた新たな観光パッケージを開発する。

  • 連携体:果物・酪農農家、観光農園等
  • 活用する地域資源:バームクーヘン、ちばの牛乳、房州びわ、夏みかん

平成19年
10月12日
(第1号)

株式会社ボン・シェール
(香取市)

江戸優りのまち・佐原グルメまちぐるみダイニング事業(PDF:144KB)
歴史的町並みや山車行事など風情ある空間と食文化の融合を図るとともに、地域の各店舗の得意惣菜を盛り込んだ「佐原まちぐるみ御膳(仮称)」の開発、「佐原グルメ祭り(仮称)」の開催等、観光客へのサービスを展開する。

  • 連携体:佐原まちづくり観光アカデミー、佐原エリアの飲食店等
  • 活用する地域資源:佐原の歴史的町並み、佐原の山車行事、北総のポーク

平成19年
10月12日
(第1号)

株式会社とみうら
(南房総市)

枇杷倶楽部ブランド化戦略プロジェクト(PDF:99KB)
房州びわを活かし、びわの葉や種を使った機能性食品の開発や、道の駅とみうら・「枇杷倶楽部」で人気のびわソフトクリームの域外販売、全国でも珍しいびわに特化した商品展開や出店などを行う。

  • 連携体:びわ栽培農家等
  • 活用する地域資源:房州びわ

2認定事業への支援措置

認定された事業計画については、試作品開発や販路開拓に対する補助金、政府系金融機関による低利融資、ちば中小企業元気づくり基金の市場開拓助成等、国や県等から総合的な支援が受けられます。

3問い合わせ先

〒260-8667千葉市中央区市場町1-1千葉県商工労働部産業振興課ベンチャー・地域産業振興班

電話:043-223-2798/FAX:043-222-4555E-mail:sangyo-v@mz.pref.chiba.lg.jp

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課ベンチャー・地域産業振興班 

電話番号:043-223-2798

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?