ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 中小企業への技術開発支援 > 研究・開発への支援 > バイオ関連産業の振興 > 千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議 事例報告会の開催について

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年6月5日

ページ番号:443654

千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議 事例報告会の開催について

発表日:令和3年6月4日
商工労働部産業振興課

千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議※1(会長:大石道夫 かずさDNA研究所理事長)では、このたび、「脂質を見る・知る・考える~最新のリピドミクス解析※2技術から医学研究まで~」をテーマとした事例報告会を オンラインで開催します。

医薬・食品・環境・化学などの研究分野に関わる方や当該分野で創業や共同研究を検討する方など、公的機関、大学、民間企業を問わず、御興味のある皆様に広く御視聴いただけます。

最新の研究成果に触れられる機会ですので、ぜひ御参加ください。

※1 千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議
県内のバイオ・ライフサイエンス分野の産学官連携を促進するため、千葉県及び公益財団法人かずさDNA研究所が共同で運営する産学官連携組織。

※2 リピドミクス解析
生体内の「脂質」の種類や濃度を網羅的に解析すること

1.概要

(1)日時

令和3年6月10日(木曜日)午後1時30分~午後3時45分

(2)開催方法

Zoomウェビナー(参加費無料)

(3)対象者

主に関連分野の企業、大学、研究機関、行政機関の皆様(会員以外も視聴可能)

(4)内容

脂質多様性を分子レベルで捉えるリピドミクスの技術展開
(公益財団法人かずさDNA研究所 生体分子解析グループ長 池田和貴氏)
(13時30分~14時00分)

質量分析による生理活性分子の可視化
(慶應義塾大学医学部医化学教室 専任講師 杉浦悠毅 氏)
(14時00分~14時30分)

さまざまな不飽和脂肪酸の分子的特性と炎症制御に関わる生理的機能
(神戸大学大学院医学研究科 地域社会医学・健康科学講座 疫学分野 准教授 篠原正和 氏)
(14時40分~15時10分)

こどものアレルギー疾患と脂質の関わりup to date
(講演者:千葉大学予防医学センター 特任教授 下条直樹 氏)
(15時10分~15時40分)

閉会(15時45分)

※プログラムは予告なく変更が生じる場合がございます。

※本イベントの録音・録画・二次利用等についてはご遠慮いただくようお願いします。

2.主催

千葉県バイオ・ライフサイエンス・ネットワーク会議

3.共催

千葉県、(公財)かずさDNA研究所

4.お申込み

事前申込制(以下のウェブサイトから6月9日(水曜日)までにお申し込みください。

https://www.kazusa.or.jp/workshops/cbln/外部サイトへのリンクQRコード

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業振興課バイオ産業振興班

電話番号:043-223-2725

ファックス番号:043-222-4555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?