サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 中小企業への技術開発支援 > 産業支援技術研究所 > 講習会・研修制度-産業支援技術研究所 > 【開催終了】中小企業等技術力高度化支援研修「最新の蛍光X線分析装置を用いた様々な測定」:産業支援技術研究所

更新日:平成31(2019)年3月19日

【開催終了】中小企業等技術力高度化支援研修「最新の蛍光X線分析装置を用いた様々な測定」:産業支援技術研究所

蛍光X線分析法は固体試料を簡単に測定できる手法として広く活用されている分析手法です。特に、様々な問題に対する足掛かりとなるスクリーニング分析には最適な分析手法となっています。古くから利用されている分析手法であり、非常に普及している手法です。近年、X線管球、回折格子等の進歩によって従来の蛍光X線分析装置では検出不可能だった元素の分析が可能となりました。また、デジタル化をはじめとする様々な制御技術の進歩によってマッピング等の様々な分析手法を行うことができるようになりました。
千葉県産業支援技術研究所では平成30年度に株式会社リガク製蛍光X線分析装置ZSX PrimusIVを導入(平成30年度(公財)JKAの補助事業を活用)し、最新の蛍光X線分析装置で可能となった様々な分析事例の紹介を行いました。

1.日時

平成31年3月14日木曜日
午後1時30分から午後4時20分まで

2.開催場所

千葉県産業支援技術研究所・天台庁舎
(千葉市稲毛区天台6-13-1)

3.講師・研修内容

講師

株式会社リガク:高橋学人氏

研修内容

座学(午後1時40分から午後2時40分まで)

蛍光X線分析の特徴について原理を含めて説明しました。また、実際の様々な形態の試料への前処理方法を紹介し、分析結果をお見せしました。

実習(午後3時から午後4時20分まで)

実際の蛍光X線分析装置を用い、様々なサンプルの前処理法の実習を行いました。

実習の様子

実習の様子

4.定員

5名

5.参加費

無料

6.お問い合わせ先

この研修内容については、千葉県産業支援技術研究所の材料技術室(担当者:石川(隆朗)・根本)まで、お問い合わせください。

千葉県産業支援技術研究所・材料技術室電話番号(ダイヤルイン):043-252-2106

中小企業等技術力高度化支援研修制度に関するお問い合わせは、千葉県産業支援技術研究所の技術支援室(担当者:岡)まで、お問い合わせください。

千葉県産業支援技術研究所・技術支援室電話番号(ダイヤルイン):043-231-4365

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所材料技術室 担当者名:石川(隆朗)・根本

電話番号:043-252-2106

ファックス番号:043-254-6555

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?