サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 商工業 > 中小企業への技術開発支援 > 産業支援技術研究所 > 講習会・研修制度-産業支援技術研究所 > 【定員に達しました】【開催案内】中小企業等技術力高度化支援研修「DSC,TG-DTAによる熱分析測定の基礎」:産業支援技術研究所

更新日:令和2(2020)年2月3日

【定員に達しました】【開催案内】中小企業等技術力高度化支援研修「DSC,TG-DTAによる熱分析測定の基礎」:産業支援技術研究所

今年度、新たに熱分析装置(株式会社日立ハイテクサイエンス製NEXTA STA、DSC7020)を導入しました。本研修では、装置の紹介を兼ねて、熱分析測定の基礎及び基本的な操作方法についての講義と実習を行います。
御興味のある方はぜひ御参加ください!

【新たな装置の特長】

  • 示差熱熱重量同時測定装置「NEXTA STA」
    画像観察が可能。ベースラインが安定。

NEXTA STAの外観

測定例:画像観察

  • 示差走査熱量計「DSC7020」
    温度変調測定が可能。精度が良い。

DSC7020の外観

測定例:温度変調

例えばこんな測定が可能に

  • 温度変化に伴う形状観察や色観察
  • ガラス転移等の可逆反応と融解等の不可逆反応を分離
  • プラスチックに添加された微量添加剤の測定(測定できない場合もあります)

1.開催日時と内容

日程(座学及び実習):令和2年2月19日(水曜日)

  • (1)【座学】「熱分析測定の基礎」午前10時から午後2時30分まで
  • (2)【実習】「熱分析装置の操作方法」午後3時から午後4時30分まで

講師

株式会社日立ハイテクサイエンス サイエンスソリューションラボ東京
応用技術部 東京応用技術一課 技師 大久保 信明 様

※時間は当日の進行状況によって前後する可能性があります。

2.開催場所

千葉県産業支援技術研究所・天台庁舎(本館1階会議室)

〒263-0016
千葉市稲毛区天台6-13-1
(千葉都市モノレール「スポーツセンター駅」徒歩1分)

3.対象者

当研究所の熱分析装置の使い方を学びたい方、使用したい方
※装置の経験が無い(少ない)方も募集対象です。

4.参加費

無料

5.定員

(1)座学:40名
(2)実習:5名程度

※座学・実習ともに定員に達しました。

※先着順です(定員超過の場合は御連絡いたします)。

ただし、実習に参加する方は必ず座学を聴講してください。

6.申込方法

下の関連資料にある申込書にて2月3日(月曜日)までに電子メールまたはファクシミリでお申し込みください。

7.お問い合わせ先

この研修内容については、千葉県産業支援技術研究所の食品・化学技術室(担当者:菊池、青木)まで、お問い合わせください。

千葉県産業支援技術研究所食品・化学技術室電話番号(ダイヤルイン):043-231-4346

※中小企業等技術力高度化支援研修制度に関するお問い合わせは、千葉県産業支援技術研究所の技術支援室(担当者:岡)まで、お問い合わせください。

千葉県産業支援技術研究所・技術支援室電話番号(ダイヤルイン):043-231-4365

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業支援技術研究所食品・化学技術室 担当者名:菊池・青木

電話番号:043-231-4346

ファックス番号:043-233-4861

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?