ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > しごと・雇用 > 技能の振興 > 職業能力評価制度のご紹介

更新日:令和2(2020)年9月14日

職業能力評価制度のご紹介

近年、企業における能力評価や労働者の適切な目標設定のため、公平な能力評価基準の重要性が増しています。

ここでは、主な職業能力評価制度についてご紹介します。

技能検定制度

技能検定は、労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する国家検定制度です。

技能検定の目的は、労働者の技能習得意欲を増進させるとともに、技能に対する社会一般の評価を高め、労働者の技能と地位の向上を図り、ひいては我が国の産業の発展に寄与しようとするものであって、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に基づいて実施されています。

実際には、厚生労働大臣が定める実施計画に従い、都道府県知事(技能検定受検申請書の受付や試験の実施等の業務は都道府県職業能力開発協会)が行います。

この技能検定制度の詳細については、技能検定制度について(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンクをご覧ください。

なお、現在千葉県で実施されている技能検定試験及び合格発表については、
千葉県技能検定試験についてをご覧ください。

社内検定認定制度(厚生労働省)

社内検定認定制度とは、企業において技術革新による変化が著しい先端的な技能や作業工程上特有な技能等について、技能検定制度ではカバーしきれない領域の能力評価を促進するため、事業主等が実施している社内検定のうち、厚生労働大臣が技能振興上奨励すべきものを認定する制度です。

この社内検定認定制度の詳細や申請手続等については、社内検定認定制度(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンクをご覧ください。

職業能力評価基準の整備(厚生労働省)

職業能力評価基準は、労働者の能力を客観的に評価する仕組みとして策定されており、仕事をする上で必要な職業能力等に関し、担当者に必要とされる能力水準から、組織・部門の責任者に必要とされる能力水準まで4つのレベルを設定し、整理・体系化したものです。

これまでに、事務系職種からものづくり産業、サービス業に至るまでの幅広い産業において策定されています。

この職業能力評価基準の詳細については、職業能力評価基準について(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンクをご覧ください。

ビジネス・キャリア検定試験

ビジネス・キャリア検定試験は、技能系職種における技能検定に並び、国が定める職業能力評価基準に準じて、事務系職種の幅広い分野をカバーする、唯一の包括的な職業能力検定試験です。

このビジネス・キャリア検定試験の詳細については、ビジネス・キャリア検定(中央職業能力開発協会ホームページ)外部サイトへのリンクをご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:商工労働部産業人材課技能振興班

電話番号:043-223-2762

ファックス番号:043-221-3730

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?