ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 教えてちばの恵み > 千葉の農林水産物 > 取組 > トピックス > この時期にお勧めの耳より情報「とうもろこし」(令和2年7月)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年7月17日

教えてちばの恵み

この時期にお勧めの耳より情報「とうもろこし」(令和2年7月)

発表日:令和2年7月16日
千葉県農林水産部流通販売課

チーバくんとうもろこし千葉県は、「食の宝庫」と言われるように様々な農林水産物が生産されており、この時期が旬の「とうもろこし」は北海道に次いで全国第2位の産地です。とうもろこしは鮮度が重要であるため、新鮮で、瑞々しい、地元千葉県産のものが一番おすすめです。ぜひ、この時期ならではの味覚をお楽しみください。

とうもろこし

千葉県のとうもろこし

とうもろこし千葉県は、とうもろこしの生産が盛んで、県内各地で栽培されています。平成30年産の産出額は36億円、作付面積は1,750haで、産出額、作付面積ともに全国第2位の産地です。

とうもろこしは、甘くて、フルーティーな香りとさわやかな食感が特徴で、大人からこどもまで楽しめるこの時期ならではの味覚です。収穫後から糖分が減少するため、県内の各産地が朝もぎや真空予冷施設の整備など、品質向上に取り組んでおり、より新鮮で、瑞々しいとうもろこしを味わうことができます。

銚子のとうもろこし

銚子のとうもろこし栽培は、昭和20年代から始まりました。近年では、優良品種がでてきたことや、キャベツの後作としてとうもろこしが導入されたことで、栽培が広がりました。

現在の主な品種は、イエロー系の甘みが強く、皮も柔らかい「ゴールドラッシュ」や「味来(みらい)」などで、早くから真空予冷施設が整備されたこともあり、安定して高品質のとうもろこしを出荷する取組が続けられています。

※収穫後、作物を早く冷やすための施設。出荷前までに作物を冷やすことで、鮮度を保つ効果があります。

参考情報

【参考1】平成30年産の産出額全国順位と作付面積・出荷量

平成30年産の産出額全国順位と作付面積・出荷量
 区分 全国 1位 2位 3位

県名

全国

北海道

千葉

茨城

産出額(億円)

362

79

36

27

作付面積(ha)

23,100

8,500

1,750

1,250

出荷量(t)

174,400

80,600

14,200

9,900

(出典:農林水産省平成30年生産農業所得統計)

【参考2】とうもろこしの主な品種について

一般的な食用の「とうもろこし」は甘味種(スイートコーン)で、大きく分けて、イエロー系、ホワイト系、バイカラー系(黄と白の混合)に分かれます。

現在、主に栽培されているのはイエロー系で、「ゴールドラッシュ」が特に多く、次いで「味来(みらい)」が多く栽培されています。どちらも、甘く、粒が柔らかいことが特徴です。そのほか、「ピュアホワイト」などのホワイト系や、「ピーターコーン」などのバイカラー系が、直売所などで販売されていることもあります。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部流通販売課販売・輸出促進室  

電話番号:043-223-3085

ファックス番号:043-227-8307

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?