ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林水産政策 > ちばの農林水産業 > ちばの花を飾ろう!「花いっぱいプロジェクト」千葉県の取組について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年3月12日

ちばの花を飾ろう!「花いっぱいプロジェクト」千葉県の取組について

発表日:令和2年3月11日
千葉県農林水産部農林水産政策課

千葉県農林水産部生産振興課

千葉県農林水産部流通販売課

例年3月は卒業式・送別会や、春の彼岸など、花きの需要が高まる時期ですが、今般の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、各種イベント・催事等の開催が中止・縮小となり、花きの需要が急速に減退する状況となっています。

この状況を受け、農林水産省においては、花きの需要拡大・消費拡大に向けた取組「花いっぱいプロジェクト」が進められているところであり、全国第2位の花きの産出額を誇る本県においても、この動きと連携して以下の取組を行います。

1.チーバくんをかたどった花きの装飾の展示

3月12日(木曜日)から17日(火曜日)まで、県庁本庁舎1階ロビーにおいて、チーバくんをかたどった花きの装飾を展示します。

2.県庁内の食堂におけるテーブルフラワーの設置

3月12日(木曜日)、13日(金曜日)の2日間、県庁本庁舎20階の食堂「スカイレストラン黎明」のテーブルに花を飾ります。

3.フェイスブック「教えてちばの恵み」を活用した県民への呼びかけ

県産農林水産物の情報発信をしているフェイスブック「教えてちばの恵み」などにおいて、県民へ県産花きの利用を呼びかけます。

(参考)千葉県の花の旬(PDF:330KB)

4.県庁内の売店における県産花きの販売

3月13日(金曜日)に県庁中庁舎地下の県庁生協売店において、産地から直送された花きを販売します。

(参考)農林水産省「花いっぱいプロジェクト」について

新型コロナウイルスの影響で需要が減少している花きの消費拡大を図るため、農林水産省が実施している、家庭や職場での花飾りや花の購入促進の取組のこと。

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林水産政策課政策室

電話番号:043-223-2814

ファックス番号:043-222-3960

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?