サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林関係出先機関 > 千葉県立農業大学校 > 千葉県立農業大学校のトピックス > 「飛翔制御したナミテントウ」の販売及び昆虫類と微生物を組み合わせた害虫防除技術の開発

更新日:平成30(2018)年2月21日

「飛翔制御したナミテントウ」の販売及び昆虫類と微生物を組み合わせた害虫防除技術の開発

本校では、アブラムシを捕食する飛べないナミテントウを大量に生産する技術とほ場への放飼方法等を開発しました。

千葉県における特定防除資材として、「飛翔制御したナミテントウ(商品名:Tentrol)」の販売を平成30年1月から開始する予定です。化学合成農薬の使用を低減する害虫防除の一手段となることが期待されます。

また、昆虫類と害虫防除能力をもつ微生物を組み合わせ、人間の代わりに昆虫類が害虫防除をするという世界的に見ても新しい技術の研究を進めています。

これらの技術は、平成29年5月9日に特許出願しています。

詳細については、下記のリンク先のページを参照してください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農業大学校庶務教務課

電話番号:0475-52-5121

ファックス番号:0475-54-0630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?