サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月12日

ハウス半促成栽培わい性いんげんの優良品種

1.はじめに

千葉県は全国でも有数のさやいんげん生産地です。平成23年産の作付面積は531ha、産出額は36億円にのぼります。

県内の多くの産地で生産しているのは「つる性」の品種で、「わい性」品種の産地は県内のごく一部です。「わい性」品種はつるが伸びず、「つる性」品種に比べて短期間でまとまった収穫が得られるという特徴があります。

そこで、「わい性品種の新たな産地形成、及び従来の産地における出荷量・産出額の増加」を目的に第59回千葉県野菜品種審査会が開催されました。16品種の中から「サクサク王子ネオ」等の5品種が今後の普及が期待される優良品種として選定されましたので、ここにその特性について解説します。

新たな品種への理解を深め、産地振興に活用してください。

2.優良品種の選定と品種特性

(1)優良品種の選定経緯

暖地園芸研究所内大型ハウス(第三系粘質土)で、1区18株2反復で栽培試験を実施しました。

平成23年3月18日に播種、4月5日に定植し、立毛審査と食味を含む収穫物審査は収穫盛期の5月26日に行われました。

その結果、次の5品種が入賞しました。

表1_入賞した品種の品種名と種苗会社名

順位

品種名

種苗会社名

1位

サクサク王子ネオ

株式会社サカタのタネ

2位

恋みどり菜豆

タキイ種苗株式会社

3位

美咲みどり菜豆

タキイ種苗株式会社

4位

サクサク王子

株式会社サカタのタネ

5位

エレガント

株式会社武蔵野種苗園

 

1位に入賞した「サクサク王子ネオ

写真1_1位に入賞した「サクサク王子ネオ」

立毛審査の様子

写真2_立毛審査の様子

(2)優良品種の特性

サクサク王子ネオ

上物収量及び総収量が最も多い品種です。

莢長は16.0cmとやや長く、莢色は淡緑色。莢はMサイズ中心に収穫できます。莢が柔らかく食味が優れています。草丈は74cmでわい性品種としては標準サイズです。

恋みどり菜豆

上物収量は「サクサク王子ネオ」に次いで多く、下物収量が最も少ない「上物率が最も高い」品種です。

莢長は15.1cmと普通で、莢色は極濃緑色。莢はSとMサイズ中心に収穫できます。草丈は65cmとやや低くなります。

美咲みどり菜豆

入賞品種の中では上物収量及び総収量が少なく、上物率がやや高い品種です。

莢長は14.3cmと短く、莢色は鮮緑色。莢はSサイズ中心に収穫できます。草丈は56cmと低くなります。

サクサク王子

総収量が「サクサク王子ネオ」に次いで多い品種です。

莢長は16.8cmと長く、莢色は淡緑色。莢はLサイズ中心に収穫できます。莢が柔らかく食味が優れています。草丈は79cmとやや高くなります。

エレガント

上物率が「恋みどり菜豆」に次いで高い品種です。

莢長は14.6cmと短く、莢色は濃緑色。莢はSサイズ中心に収穫できます。草丈は82cmと高くなります。

表2_わい性いんげん品種審査会で入賞した品種の収量性

品種名

上物収量1)

kg/10a

下物収量1)

kg/10a

総収量2)

kg/10a

上物率

%

サクサク王子ネオ

2,278

1,891

4,169

55

恋みどり菜豆

2,040

874

2,914

70

美咲みどり菜豆

1,574

1,086

2,659

59

サクサク王子

1,692

1,353

3,045

56

エレガント

1,809

1,029

2,838

64

注1)上物及び下物収量データは1番莢と2番莢の合計値

2)総収量=上物収量+下物収量

3.おわりに

今回1位に入賞した「サクサク王子ネオ」は、総収量及び上物収量が多く、食味も優れています。現在は富津市で栽培されていますが、本品種が県内の産地に広く普及することを期待します。

初掲載:平成26年1月

農林総合研究センター
暖地園芸研究所野菜・花き研究室
室長
香川晴彦
(電話:0470-22-2962)

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2913

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?