サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月12日

えだまめ(露地栽培)でもできる「ちばエコ農産物」

はじめに

千葉県のえだまめ作付面積は966ヘクタール(平成22年)で全国1位の産地ですが、「ちばエコ農産物」としての栽培面積は50ヘクタールに満たない状況です。そこで、「ちばエコ農産物」栽培基準に従ったえだまめ(露地栽培)生産のポイントを紹介します。

1.栽培基準

えだまめの「ちばエコ農産物」栽培基準は、ハウス、トンネル、マルチ、露地栽培の各区分ごとに設定されています。露地栽培の基準は表1のとおりです。

なお、「ちばエコ農業」の詳細や最新の情報については「ちばエコ農業情報ステーション」を確認してください。

表1_えだまめ(露地栽培)の「ちばエコ農業」栽培基準(平成25年4月現在)

作型

上限値

堆肥目安量(kg/10a)

化学合成農薬使用回数
(使用成分×回数)

化学肥料使用量
(窒素成分量kg/10a)

牛ふん

豚ぷん

鶏ふん

土づくり的堆肥

露地

5

3

800

300

200

1,000

注)購入苗の場合は、化学合成農薬使用回数(使用成分×回数)4回以下

2.病害虫防除のポイント

「ちばエコ農産物」栽培基準に適合した農薬防除例を表2に示します。

表2_えだまめ(露地栽培)の「ちばエコ農産物」栽培基準に適合した農薬防除例

処理時期

農薬名

10a当たり使用量
(希釈倍数等)

対象病害虫

備考

土壌消毒

D-D

15~20リットル

ダイズシストセンチュウ、ネコブセンチュウ、ネグサレセンチュウ

発生に応じて使用

5月中旬

スミチオン乳剤

1,000~2,000倍

アブラムシ類、マメシンクイガ、ウコンノメイガ、カメムシ類、シロイチモジマダラメイガ、ダイズサヤタマバエ、マメヒメサヤムシガ

 

6月中旬

トレボンMC

1,000倍

カメムシ類、ハスモンヨトウ、マメシンクイガ

 

6月下旬

キラップフロアブル

2,000倍

カメムシ類

 

7月上旬

スタークル顆粒水溶剤

2,000~3,000倍

カメムシ類、ダイズサヤタマバエ、フタスジヒメハムシ

 

化学合成農薬使用回数5回以内で防除を行うためには、次のような工夫が重要です。

  • カメムシ類などの害虫の特徴を理解し、発生消長をよく観察して、適期に防除すること
  • 防虫ネット等を利用して殺虫剤の使用回数を減らすこと
  • 粘着くん液剤のような「ちばエコ農産物」栽培基準が定める「化学合成農薬に含めない農薬」を使用すること

 

※農薬は初掲載(平成26年3月)時点の登録内容をもとに作成しております。農薬の使用にあたっては、ラベルおよび最新の登録内容を確認し、安全に使用してください。

防虫ネットには2.0ミリ目合いのものを使用し、定植直後からトンネル被覆して害虫の侵入を防ぎます(図1)。

 

図1_防虫ネットを使用したえだまめ栽培の様子

図1_防虫ネットを使用したえだまめ栽培の様子

防虫ネットを使用することで、可販収量も向上します(図2)。

図2_「ちばエコ農産物」栽培の収量性

図2_「ちばエコ農産物」栽培の収量性

3.施肥のポイント

「ちばエコ農産物」栽培基準に適合した堆肥及び肥料の施用例を表3に示します。

堆肥による土づくりと有機質肥料の施用によって「ちばエコ農産物」の栽培基準が達成できます。なお、前作の残肥によって必要な施肥量は変動します。特に初めて栽培に取り組むときは土壌診断に基づいて施肥量を決定しましょう。

表3_「ちばエコ農産物」栽培基準に適合した堆肥及び肥料の施用例

区分

製品名

保証成分量(%)

施用量
(kg/10a)

成分施用量(kg/10a)

窒素

りん酸

加里

窒素

りん酸

加里

堆肥

牛ふんもみがら堆肥

 

 

 

800

 

 

 

基肥

味好1号

6(0)

8

4

17

1(0)

1.4

0.7

化成13号

3(3)

10

10

100

3(3)

10.0

10.0

粒状過りん酸石灰

 

17.5

 

21

0

3.6

0.0

硫酸加里

 

 

50

5

0

0.0

2.5

苦土石灰

 

 

 

60

0

0.0

0.0

総施用量

 

 

 

 

4(3)

15.0

13.3

注)かっこ内は、総窒素量のうち化学肥料由来の窒素成分量

初掲載:平成26年3月

農林総合研究センター生産技術部
野菜研究室
研究員
佐藤侑美佳
(電話:043-291-9987)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2913

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?