サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年3月23日

落花生の品種選びから播種と初期栽培管理

落花生はカバークロップの中心的な輪作物ー省力・多収栽培を目指そう!

1.落花生の品種別作付時期と用途

千葉半立

播種適期は5月下旬です。煎り莢用の晩生品種で食味が良いです。

ナカテユタカ

播種適期は5月末から6月始めです。煎り莢用の中生品種で千葉半立と比べて収穫時期は2週間早く、収量は2割多い品種です。

郷の香

播種適期は5月末から6月始めです。ゆで豆用の早生品種で莢の色が白く、ゆで豆栽培には最適な品種です。

おおまさり

播種適期は5月末から6月始めです。ゆで豆用の晩生で極大粒品種で甘みがあり、ゆで豆栽培に適した品種です。

2.落花生の栽培方法

ほ場の選定と準備

落花生を連作すると、茎腐病や白絹病などの立枯病が多くみられます。できるだけ輪作を行い連作を避け立枯病の少ない畑を選びます。
土づくりに堆肥や緑肥をすき込む場合は、未熟な有機物は立枯病やコガネムシの発生を助長するので、早めに施用して良く分解させておくか、前作に施用しておきます。
また、酸度矯正する場合はPH6.0~6.5になるよう石灰肥料を10a当たり100kg施用しておきます。
コガネムシ類の幼虫などの発生が多い圃場では、播種前に殺虫剤を散布し、土壌混和します。
防除薬剤は「ダイアジノンSLゾル」、「トクチオン細粒剤F」などがあります。

※農薬は初掲載(平成26年5月)時点の登録内容をもとに作成しております。農薬の使用にあたっては、ラベルおよび最新の登録内容を確認し、安全に使用してください。

基肥

基肥は、10a当たり窒素成分で3kg、燐酸と加里を成分で各10kgを目安に施用します。[例;落花生専用化成(5-15-20)60kg施用N:3kg,P:9kg,K:12kg]

播種量

10a当たりむき実で1粒まき4~5kg、2粒播き8kgが目安です。

栽植密度

うね間60~70cm
株間「千葉半立」30cm,「ナカテユタカ」27~30cm,「郷の香」24~27cm,「おおまさり」60cmとします。

播種作業

種子は横向きにして,1~2粒を3cm位の深さに押し込み、マルチの穴を塞ぐ程度に覆土しましょう。

鳥害対策

播種後カラス等の鳥害を受けることがあります。その場合はキヒゲンR-2フロアブルを種子1kg当たり20mlを塗沫処理して種を播きます。それでも被害が懸念される場合は釣り糸等を4~5ベットおきの間隔で、高さ1m位に張りましょう。

除草

雑草の多い畑では、播種後に土壌処理除草剤を散布します。中耕・培土による機械除草を開花初期から2~3回行います。

3.落花生に含まれる機能性成分の特徴

栄養面ではビタミンEやB1,B2,B6,ナイアシンなどが多く含まれています。脂質(脂肪)も多く含まれますが、うち半分はオレイン酸です。
オレイン酸には悪玉コレステロールを減らす働きがあります。また、薄皮にはポリフェノールが含まれ生活習慣病の予防に効果があるといわれています。
食べ方は、ゆでラッカセイ、ラッカセイみそ、ピーナツバターなどバリエーションに富んでいます。

図1_千葉の代表的な品種「千葉半立」
図1_千葉の代表的な品種「千葉半立」

図2_主な落花生品種の栽培暦
図2_主な落花生品種の栽培暦
○:播種▲:開花期□:収穫期…:べたがけ


初掲載:平成26年5月

千葉農業事務所改良普及課
上席普及指導員
西山一雄
(電話:043-300-0950)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:農林水産部担い手支援課専門普及指導室

電話番号:043-223-2911

ファックス番号:043-201-2615

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?