ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 農林関係出先機関 > 農林総合研究センター > 本場地区 > 最重点プロジェクト研究室 Priority Research Laboratory > スマートフォンで簡単に利用できるナシの病害予測システムの開発について

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年7月23日

スマートフォンで簡単に利用できるナシの病害予測システムの開発について

ナシ園発表日:令和元年7月23日
千葉県農林総合研究センター
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
株式会社イーエスケイ
東日本電信電話株式会社千葉事業部
船橋市経済部農水産課

このたび県では、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所などの民間企業と連携して、ニホンナシの農薬散布時期を手軽に知ることのできるスマートフォンのアプリケーションを開発することになりました。
このアプリは、ナシ園で測定した気象情報等を活用し、ナシの病気発生を高精度に予測するもので、スマートフォンから手軽に利用できるため、生産者が適切な時期を逃さずに農薬を散布し、病気による被害低減が期待できます。
この取組は、総務省事業「IoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築」を活用して実施し、令和元年度中の完成を目指します。

1.背景

千葉県はニホンナシの産出額150億円、栽培面積1,520ha(平成29年産)で全国1位を誇ります。ナシの栽培において最も重要な病気は黒星病ですが、近年の温暖化等に伴う気象変動により、生産者が経験則から発生時期を見極め、農薬を散布することが難しくなってきています。そこで県では、アメダスデータに基づいて黒星病発生を予測し、農薬散布時期の判断を支援するシステム「梨なび」を平成27年度に開発しましたが、パソコン上でしか利用できず、簡便性の向上が課題でした。

2.事業内容と期待される効果

今回の事業では、スマートフォンアプリの開発に加え、黒星病の発生予測の精度向上に必要なナシ園の気象データをリアルタイムで収集できるシステムの構築に取り組みます。
これにより、生産者の皆様が「梨なび」をこれまで以上に手軽に利用し、農薬散布を適切な時期に行えるようになることで、黒星病被害の抑制が期待できます。

3.共同実施機関

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所(中核機関)、東日本電信電話株式会社、株式会社イーエスケイ、千葉県果樹園芸組合連合会なし部会、船橋市及び千葉県でコンソーシアムを組んで事業を実施します。

 

ナシの黒星病


主に降雨により感染が拡大し、多発すると収穫量が30%程度減少することがある。農薬を散布することで、発生を抑えることができる。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部農林総合研究センター最重点プロジェクト研究室  

電話番号:043-291-0151

ファックス番号:043-291-5319

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?