• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年4月22日

看護局長挨拶

平野看護局長

看護局では、365日 24時間、患者さん中心の看護を実践することを理念とし、重篤で複数の診療科領域にわたる患者さんに対して、その人らしさを尊重した看護を提供していくことを目指しています。また、突然の発症や受傷により動揺されているご家族に寄り添い、支援していくことを心がけています。

 

看護師教育は、救急専門病院として質の高い看護を提供するためアセスメント能力の向上を重視したクリニカルラダー別研修を実施しています。新人看護師教育については、新人教育担当者会を設置し、基本的技術や知識の習得に向けてシミュレーションを多く取り入れた研修を企画・実施しています。

当センターは災害拠点病院の指定を受けており、多数傷病者受け入れ訓練を毎年実施するとともに、DMAT隊員養成にも力を入れています。また、千葉市の防災ヘリで医師とともに救急患者のもとへ向かうDPU(ドクターピックアップ)の看護師(フライトナース)を育成し、活躍しています。

チーム医療を推進するために、キーパーソンとしての役割を果たせるために、専門看護師や認定看護師の育成を計画的に行っています。現在、急性・重症患者看護専門看護師3名、認定看護師は6分野(救急看護・集中ケア・脳卒中リハビリテーション看護・慢性心不全看護・皮膚、排泄ケア・感染管理)8名が院内横断的に活動しています。

緊急度の高い状況だからこそ、きめ細やかな観察と支援を心がけています。

今後も、多職種と連携したチーム医療と患者さんとご家族に寄り添い、その人らしさを尊重した看護の提供に努めていきます。

 

看護局長 平野美佐子