• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年6月1日

診療部-臨床工学技士

臨床工学技士(Clinical Engineer)とは、1987年に制定された「臨床工学技士法」に基づく“医学”と“工学”の両面を兼ね備えた専門医療技術者(国家資格)であり、年々専門性が増し高度化する医療機器の操作及び保守点検・管理を行うスペシャリストです。

当センターは、病床数100床に対し集中治療室20床(熱傷センター含む)を有する千葉県における三次救急医療施設であり、独立型の「高度救命救急センター」として救急・災害医療へ貢献し、最重症患者救命の最後の砦として尽力する事を使命に、我々臨床工学技士も重篤な緊急症例に対応するため24時間体制で業務にあたっています。

業務紹介

当センターでは、各分野における業務を遂行できるよう業務分担を行っており、急性期重症患者さまに対し、初療室、手術室、集中治療室、心臓カテーテル検査室での治療に一貫して関与しています。

また、必要に応じて退院後のフォローアップにも携わっています。

体外循環業務

当センターの手術症例は緊急手術を必要とする症例の比率が高いのが特徴です。

心臓や大血管手術の際に、一時的に停止する必要のある心臓と肺の役割を果たす人工心肺装置や心筋保護装置、自己血回収装置といった様々な機器を操作し、患者さまの生命を維持します。

臨床工学技士体外循環業務

ME関連体外循環症例数
区分 症例 2018年 2019年
上行・弓部大動脈置換術 大動脈解離(A型)、胸部大動脈瘤等 35 35
弁置換・形成術 大動脈弁、僧房弁狭窄症・閉鎖不全症等 9 7
冠動脈バイパス術(CABG) 心筋梗塞、狭心症等 19 13
その他 心破裂、心室中隔穿孔、心臓粘液腫等 4 4
胸部ステントグラフト内挿術(TEVAR) 大動脈解離(B型)、胸部大動脈瘤等 5 7
腹部ステントグラフト内挿術(EVAR) 腹部大動脈瘤、腸骨動脈瘤等 9 10
腹部大動脈置換術(開腹) 腹部大動脈瘤等 11 13
総合計 92 89
(緊急症例) (51) (51)
(人工心肺症例) (59) (51)

注:末梢血管症例は除く

集中治療業務

集中治療室において、重症疾患に対する生命維持管理装置の操作や管理、点検を行っています。

人工呼吸器や人工透析などの血液浄化装置をはじめ、循環動態が不安定な患者さまに対しては大動脈内バルーンパンピング(IABP)や体外式膜型人工肺(VA-ECMO/VV-ECMO)などの補助循環装置を操作・管理しています。

臨床工学技士集中治療

補助循環件数
区分 2017年 2018年 2019年
IABP 37 39 40
VA-ECMO(PCPS) 11 8 13

機器管理業務

当センターでは、重症患者さまの割合が高いため、多くの生命維持管理装置をはじめとする約700台の各医療機器を専用の管理ソフトを用いて管理・運用しています。

メーカーの医療機器講習を受けた上で、定期的な保守点検計画に基づいた点検を年間約600件行っており、機器トラブル低減に努めています。

また、各医療機器を安全・適切に使用できるよう、看護師などを対象とした勉強会を年に数回実施しています。

臨床工学技士機器管理1

臨床工学技士機器管理2

臨床工学技士機器管理3

 

循環器関連業務(不整脈関連業務)

心臓カテーテル検査室において、冠動脈疾患に対しての検査・治療での診療補助や、循環動態が不安定な場合は補助循環装置を使用される事もあり、操作や管理を行っています。

また、各不整脈疾患に対する電気生理学的検査やカテーテルアブレーション治療では、不整脈解析装置や3Dマッピング装置などの操作も行っています。

致死性不整脈や重症心不全においては、ペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)両室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)などの各デバイス植込みが必要となる場合があります。

デバイス植込み手術時や、毎週2日行っているデバイスチェック外来、デバイス植込み患者さまに関する緊急や入院中での対応を行っています。その他に、患者さまのご自宅からデータが送信される遠隔診療である遠隔モニタリングの管理なども担っています。

臨床工学技士循環器関連1

ABL症例件数
内訳 2017年 2018年 2019年
AF 44(58.7%) 49(53.3%) 44(53.6%)
PSVT 4(5.3%) 10(9.2%) 6(7.3%)
AFL 3(4.0%) 3(3.2%) 1(1.2%)
AT 11(14.7%) 18(14.1%) 15(18.2%)
VT 13(17.3%) 12(13.0%) 16(19.5%)
合計 75 92 82

臨床工学技士循環器関連2

デバイス症例数
デバイス 2017年 2018年 2019年
新規 交換 新規 交換 新規 交換
ペースメーカー
(リードレス含む)
16 13 23 8 19 12
ICD(S-ICD含む) 4 4 10 5 19 4
CRT-P 6 0 5 0 2 2
CRT-D 11 6 11 8 4 9
合計 37 23 49 21 44 27
総計 60 70 71

臨床工学技士循環器関連3

災害派遣医療チーム(DMAT)活動

当センターは災害拠点病院として、国民保護共同実動訓練や大規模地震時医療活動訓練、DMAT関東ブロック訓練などに参加しており、その中でDMAT隊またはロジスティックチームの一員として活動しています。

認定資格取得者

認定資格取得者
体外循環技術認定士

3名

透析技術認定士

1名

3学会合同呼吸療法認定

3名

植込み型心臓デバイス認定士 1名
日本DMAT

1名

CLDMAT 1名