• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

医療サービスここがつよい

千葉県救急医療センターが誇る施設・体制

千葉県救急医療センターでは、各科の専門医が各領域の最新医療・技術を救急救命医療に投入し、看護師を始めとするコメディカルスタッフが、各分野のプロとしてこれを多面的に支えることで、最良の医療を患者さんに提供しています。このチーム力こそが強みです。

救急医療の充実

千葉県救急医療センターは、県内唯一の「高度救命救急センター」として、最高レベルの救急医療を患者さんに提供できるよう、医療スタッフの充実や施設の整備などに常に努力しています。

循環器科、脳神経外科、神経内科、心臓血管外科、消化器外科、整形外科、形成外科、麻酔科、集中治療科など各分野の専門医が緊密に連携しつつ365日、24時間体制で勤務し、急性心筋梗塞、脳卒中、急性大動脈解離などの重傷急性疾患に加え、多発外傷、重症熱傷、急性中毒、四肢切断など、一般の施設では診療が困難な事例にも対応できるような医療スタッフを揃えています。

救急患者の受け入れ

教育体制の充実

研修施設の認定

千葉県救急医療センターでは、多くの臨床科の研修施設の認定を受けていますが、初期・後期臨床や他施設の救急科の研修なども受け入れています。

研修の充実

看護師、薬剤師、検査技師、放射線技師、栄養士、救急救命士や医療系学生の臨地実習も積極的に受け入れています。数少ない独立型三次救命救急センターであり、スタッフが充実している当センターでの研修は、他では経験できません。

院内の職員のための研修も充実しています。高機能シミュレータや血管造影検査・治療シミュレーショントレーナを設置した研修室を平成24年度に整備しました。学習支援する環境として図書室24時間利用可能、文献検索ソフトも充実しています。また、研究学会参加も奨励し、1年に一度、院内学術集会や県立病院学術集会を実施し、それぞれの成果を発表する機会を設けています。 

シミュレーショントレーニング

災害医療の充実

多数傷病者発生災害訓練の実施

千葉県救急医療センターでは、平成8年に災害拠点病院の指定を受けています。大規模な災害に備え、日ごろから訓練を怠らず、研鑽を積んでいます。

近隣の災害を想定して、隣の千葉市立海浜病院、千葉市消防と共催で、多数傷病者発生を想定した訓練を毎年行っています。

DMAT(災害派遣医療チーム)の派遣

専門の訓練を受けて厚生労働省から認定された災害派遣スタッフからなるDMATを編成し、県内だけでなく遠隔地での災害への派遣が可能な体制を整えています。

DMAT隊員は災害に備えて各地で実施される訓練に積極的に参加しています。

DMAT隊員の訓練

リエゾンチームの活動リエゾンチームでは、こころとからだのバランスを整え、症状の改善や苦痛の緩和を目指し、当センターの医師、薬剤師、看護師とともに、千葉県精神科医療センター医師がチームを組み、患者さんやご家族の支援を行っております。

感染制御チームの活動感染制御チームは、多職種6名で構成され、患者さんや医療従事者を感染症から守るため、日常的な感染対策業務の実働組織として活動しています。

消防へりによる搬送(ドクターピックアップ方式)

傷病者の救命率向上に重要な早期医療・早期搬送を行うため、当センターの医師と看護師が千葉市の消防ヘリで現場に向かう「ドクターピックアップ」方式での救急活動が平成24年6月に開始されました。

NSTチームの取り組み

NSTの使命として、浸襲後早期の栄養、免疫増強経腸栄養法の導入、人工呼吸管理下における栄養管理等、週1回各セクションまわり支援活動をしています。

その他の診療科・部門を見る