• センター紹介
  • センターご利用案内
  • 診療科・部門紹介
  • 採用情報
  • 地域医療連携室

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月29日

運営方針

設置の目的

救急医療センターは、循環器内科、脳神経外科、内科、外科、整形外科、形成外科、心臓血管外科、麻酔科を主体とし、重症患者に対する救命救急処置を目的とした専門医療を行う第三次救急医療施設であり、第一次及び第二次救急医療施設を含めた県の救急医療体制の一環として機能する専門医療機関として設置されたものです。

特色

救急医療センターは、千葉県全域を対象とする本県の中央救命救急センターとして、また、広範囲熱傷等特殊疾病患者に救命医療を行う高度救命救急センターとして、最新の医療設備により高度な医療技術を必要とする救急患者に最良の治療と看護を提供するもので、その運営は24時間診療体制のもとで行われています。
加えて、医療技術者等の研修病院としての体制も整えた県内救急医療体制の中核となる医療機関です。

運営方針

ア 患者さんの受け入れ

循環器内科、脳神経外科、内科、外科、整形外科、形成外科、心臓血管外科、麻酔科を主体とした患者の救命救急処置を目的とする第三次救急医療施設であり、第一次または第二次救急医療施設でスクリーニングされた患者さんを受け入れるシステムをとっているため、原則としていわゆる外来診療は行っていません。
ただし、患者発生の状況や症例によってはこの限りではありません。

イ 患者さんの入院期間

患者さんの入院期間は、救命救急の医療処置後、救急の時期を脱し患者さんの病状が安定するまでとしています。

ウ 入院体制の確保

患者さんの病状が安定して転院が可能と認められたときは、できる限り速やかに、治療を依頼してきた第一次、第二次の医療機関または患者さんの居住地域内の医療機関への転院を依頼し、常時入院体制の確保に努めています。