サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 体育・スポーツ > 競技力向上 > 東京オリンピック・パラリンピックに向けたアスリート強化・支援 > 競技会レポート・競技体験会情報 > 千葉県強化指定選手が大活躍!第7回長谷川良信記念千葉市長杯争奪車椅子バスケットボール全国選抜大会開催(平成30年3月3日・4日)

更新日:平成30(2018)年3月8日

千葉県強化指定選手が大活躍!第7回長谷川良信記念千葉市長杯争奪車椅子バスケットボール全国選抜大会開催(平成30年3月3日・4日)

平成30年3月3日(土曜日)・4日(日曜日)、千葉ポートアリーナ(千葉市中央区)にて車椅子バスケットボール全国選抜大会が行われました。千葉県特別強化指定選手としては、川原凛選手、山口健二選手、添田智恵選手、植木隆人選手(千葉ホークス所属)が出場し、活躍しました。また、千葉ホークス所属の基礎強化指定選手や他県チーム所属の特別強化指定選手など、本県ゆかりの選手らの活躍が光りました。

大会概要

  • 大会名:第7回長谷川良信記念千葉市長杯争奪車椅子バスケットボール全国選抜大会
  • 主催:淑徳大学、千葉市、公益財団法人千葉市スポーツ振興財団
  • 日程:平成30年3月3日(土曜日)・4日(日曜日)
  • 会場:千葉ポートアリーナ(千葉市中央区)
  • 出場チーム:千葉ホークス、宮城MAX、NO EXCUSE(東京)、パラ神奈川、ワールドBBC(愛知)、埼玉ライオンズの6チーム
  • 大会結果:優勝宮城MAX、準優勝パラ神奈川、第3位ワールドBBC、第4位千葉ホークス、第5位NO EXCUSE、第6位埼玉ライオンズ

※千葉県が東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化支援事業で指定する選手の一覧ページ

千葉県強化指定選手の活躍

※選手名の【】内数字は、障がいの程度によるクラス分けで、それに応じた持ち点がつけられます。

川原凛選手【1.5】(千葉ホークス所属・日本代表)献身的に動きながら、攻守に渡って活躍しました。

山口健二選手【4.5】(千葉ホークス所属)エースとして激しいマークに合いましたが、随所で確実にシュートを決めました。「マークされても惑わされず、落ち着いてプレーできるようなトレーニングを積んでいます。今回はその成果が出せました。」と話し、充実した様子がうかがえました。

 

添田智恵選手【3.5】(千葉ホークス所属・女子日本代表)巧みなパスで得点を演出するプレーで、唯一の女子選手としても大活躍しました。「女子日本代表の強化の面でも、男子チームの中で頑張らなくては。」との力強いコメントを残しました。

植木隆人選手【2.0】(千葉ホークス所属・日本代表)ワールドBBC戦で20得点以上の大活躍を見せました。確率の高いシュート力に加え、スピーディなチェアワークでチームを牽引しました。「相手のシステムに応じた戦術として、自分が動く役割だったので、うまく機能して嬉しいです。こんなに得点を獲れることはそうあることではないです。」と満足した表情でコメントをしました。

 

土子大輔選手【4.0】(宮城MAX所属)宮城MAX対埼玉ライオンズ戦の土子選手。他にも、今大会に千脇貢選手、湯浅剛選手(共にNO EXCUSE所属)も出場しました。

基礎強化指定選手・団体の活躍

本県基礎強化指定団体の千葉ホークス(日本選手権第5位)

田中恒一選手【3.0】(今大会はアシスタントコーチとして参加)

坂井大選手【2.0】

天羽勝彦選手【2.5】

伊東容臣選手【4.0】

 

基礎強化指定団体千葉ホークスの試合結果

  • 予選Aリーグ1位通過
  • トーナメント1回戦:千葉ホークス(59得点)対宮城MAX(74得点)で敗退、3位決定戦へ。
  • 3位決定戦:千葉ホークス(28得点)対ワールドBBC(54得点)で敗退、結果は4位。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部体育課オリンピックパラリンピックアスリート強化・支援班

電話番号:043-223-4101

ファックス番号:043-221-6682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?