ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教職員関係 > 教職員の人事 > 障害者雇用率の算出誤りについて

報道発表案件

更新日:令和元(2019)年7月27日

障害者雇用率の算出誤りについて

発表日:平成30年8月24日
千葉県教育庁企画管理部教育総務課
電話:043-223-4142
千葉県教育庁教育振興部教職員課
電話:043-223-4035

本県教育委員会が行った千葉労働局への障害者雇用状況の報告において、厚生労働省ガイドラインに定められた「身体障害者手帳もしくは都道府県知事の定める医師等による診断書・意見書」等による確認をせずに、障害者数として算入していた者等が含まれていることが判明しました。
障害者雇用を率先して行うべき行政機関として、厚生労働省のガイドライン等を十分に理解することなく、誤った算出を行ったことは、大変申し訳なく、県民の皆さまに深くお詫び申し上げます。
今後は、このようなことが起こらないよう、適正な方法による報告を徹底してまいります。

障害者雇用率の再点検結果について(平成30年10月16日追記)

上記公表後、障害者雇用状況について、国からの再点検依頼を受け再調査したところ、算出誤りが判明し、平成30年10月16日(火曜日)に、平成29年度及び平成30年度の障害者雇用率を、再度修正しました。

1.障害者として誤って参入していた職員数について

区分 平成29年度 平成30年度
(1)障害者手帳等で確認できずに算入 58人 65人
(2)算入対象外である週20時間未満の短時間勤務職員を算入 12人 9人

合計

70人 74人

2.原因

障害者雇用促進法に定める障害の程度にあると、本人の申告があれば、身体障害者手帳等の確認をせずに障害者として算入できると、厚生労働省のガイドラインを誤って解釈をしていたためです。
また、勤務時間に係る規定改正に伴い、勤務時間が週20時間から週20時間未満となった職員について、改正後、算定人数から除外すべきところを誤ってそのまま算入していました。

3.障害者雇用率の状況

平成29年6月1日現在 法定雇用率 2.2%

区分

障害者
の人数

障害者
雇用率

調査結果

確認前 364人 2.22% (1)身体障害者手帳等を確認していなかった人数 65人
 調査の結果、身体障害者手帳等の確認ができた人数 7人
(2)算入対象外とすべき短時間勤務職員数 12人
確認後 294人 1.92% -
平成30年6月1日現在 法定雇用率 2.4%

区分

障害者
の人数

障害者
雇用率

調査結果

確認前 335人 2.04% (1)身体障害者手帳等を確認していなかった人数 73人
 調査の結果、身体障害者手帳等の確認ができた人数 8人
(2)算入対象外とすべき短時間勤務職員数 9人
確認後 261人 1.72% -

4.再発防止策

厚生労働省ガイドラインに定められた方法により、適正な報告を徹底してまいります。

(参考)障害者雇用率の算定式

障害者雇用率=障害者数/職員数(※)

※(1)職員数:適用除外率を掛けて算出した職員数を、総職員数から減じて算出した職員数(雇用率の算定用職員数)
 (2)障害者:身体・知的・精神障害者
 (3)重度障害者は2倍換算
 (4)短時間勤務者(週20時間~30時間未満)は1/2倍換算

5.関連リンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育総務課人事給与室人事班

電話番号:043-223-4142

ファックス番号:043-223-3469

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?