ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年11月13日

千葉県立東金青年の家指定管理者(候補者)の選定結果について

1選定結果 2評価点数 3審査基準

 1 選定結果

概要
指定管理者
候補者
東京都中央区銀座四丁目12番15号
株式会社オーエンス
予定指定期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)
提案の概要

【必須項目】
1.管理運営業務に関する基本方針について

(1)管理の方針について
 人づくりの推進、利用環境の向上、地域とのコミュニケーションを柱とし、職員の育成やボランティアの養成等の指導者養成、地域連携プログラムの充実などを目指す。
(2)県民の平等な利用の確保等に関する取組や基本的な考え方について
 ユニバーサルサービスの徹底を図り、会話を基本とした温かい接遇を心掛け、情報の平等な伝達方法を確立する。
2.個人情報の保護について
 関連法令に基づく情報保護の考え方を職員全員に研修を通して浸透させ、人為ミスを予防するセキュリティ対策を施す。

【一般項目】
1.施設の効用を発揮させる取組について
(1)利用者の増加を図る取組について

  • ア.利用できるあらゆるツールを活用し、施設紹介や事業紹介、こまめな情報更新を行う。
  • イ.自治体広報、ミニコミ誌、新聞社、放送局などを活用してプロモーション活動を展開し、施設の魅力を積極的にアピールしていく。

(2)サービスの向上を図る具体的な手法等について

  • ア.施設管理運営と同一事業社による飲食提供業務で、安定した食事の提供をすることができる。
  • イ.アンケートの実施等により潜在化している「不満の見える化」につなげ、要望・苦情を受け止める仕組みを幅広く構築する。
  • ウ.PDCAサイクルによる継続的な改善を行うことで、収集した意見・要望の業務への反映を確実に行う。
  • エ.モニタリング結果に応じ、業務で使用する各種マニュアルの見直しや更新を行う。

(3)施設の維持管理の取組、適格性について

  • ア.利用者の安全確保を第一に考え、自主点検を行う等、事故を起こさない施設づくりを進める。
  • イ.電力監視装置を用いたきめ細やかな電力使用により、サービスレベルを維持しながら電力コストの抑制を図る。

(4)管理経費について

  • ア.指導員のスキルを向上させるための研修参加経費を予め確保し、施設の核となる「人財」の育成に努める。
  • イ.修繕費の有効活用や備消耗品の購入をとおして、安全・安心・快適な利用環境の提供を図る。

2.安定的な管理を行うための体制等について

(1)収支計画について

  • ア.実績に基づいた堅実な計画とし実効性のある収支計画を作成した。
  • イ.環境整備とPR活動の展開で収入を確保しつつ、光熱水費や人件費修繕費等の支出面での効率化を図ることで、確実性を高めた。

(2)安定的な運営が可能となる組織体制について

  • ア.職員はすべて本社の直接雇用とし、同じビジョンのもと、業務にあたる。
  • イ.施設に根づき、地域の特性を理解した職員の存在が不可欠と考え、新規採用時には地域からの採用を最優先とする。
  • ウ.指定管理者制度に対する理解と実務能力のスキルアップを徹底する体系的な研修教育のしくみを整備する。

(3)安定的な運営が可能となる財政的基盤について

  • ア.赤字決算がなく、健全な経営実績を残している。
  • イ.事実上の「無借金経営」を実現していて、必要があれば金融機関から融資を迅速かつ低利にて受けることができる状況にある。

3.その他

(1)地域への貢献度について

  • ア.人材の地域雇用や資機材調達における県内企業の優先選定等、千産千消型経営の推進を図る。
  • イ.教員を対象とした研修事業の実施やアウトリーチ活動の推進を進め、学校教育の支援を図る。

(2)運営に対する意欲について

  • ア.環境整備による利用環境の向上を図り青年利用拡大を進めていく。
  • イ.竹明かり制作のプログラムを主催事業のアクティビティに組み込み、「竹」の活用をとおして里山の保全にも力を入れる。

(3)危機管理体制について

  • ア.施設管理及びイベント等における、スク分析を行い、対応策を事前に準備する。
  • イ.「準備」「点検」「教育」「実施」を通じた対策により、施設全体の防犯予防、保全を強化する。
  • ウ.関係機関及び指定管理者本社、支店との連携、バックアップ体制を整備し、迅速な支援を行う。
選定理由 株式会社オーエンスは、県民の平等な利用の確保、個人情報保護の取組、サービスの向上、管理経費、団体の安定性、体験活動等の充実などからなる審査項目において、いずれも標準以上であるとの評価が得られたことから、指定管理者候補者として適当である。
応募者数 1団体

 

2 評価点数

(1)必須項目の審査
審査内容 配点

株式会社

オーエンス

選定

施設の設置目的を理解しているか。

3

2.6

教育委員会が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか。

3

2.4

経営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か。

3

2.4

事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか。

3

2.2

社会的弱者へ配慮されているか。

3

1.8

個人情報保護のための適切な措置がとられているか。

3

2

必須項目小計

18

13.4

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査
審査内容 配点

株式会社

オーエンス

選定

年間の広報計画の内容は適切か。

3

2.4

利用者増加への取組内容は適切か。

3

2

地域、関係機関、ボランティア等との連携が図られているか。

3

2.2

サービス向上のための取組内容は適切か。

3

2.6

募集事項に示した内容への提案は適切か。

3

2.2

主催事業の提案は、公の施設の設置目的の達成に資するものとなっているか。

3

2.8

全体的に施設の設備・機能を活用した内容となっているか。

3

2.4

求めている内容が事業計画書で提案されているか。

3

2.4

施設管理、安全管理は適切か。

5

3.6

維持管理は効率的に計画されているか。

3

2.2

教育委員会が想定した参考金額をどの程度下回っているか。

30

30

収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか。

3

2.4

収支計画の実現可能性はあるか。

3

2.4

販売費及び一般管理費の額は適正か。

3

2.4

人員配置等管理運営体制は適切か。

3

2.6

職員採用、確保の方策は適切か。

3

2.6

職員の指導育成、研修体制は十分か。

3

2.2

団体の財務状況は健全か。

3

2.8

金融機関、出資者等の支援体制は十分か。

3

2.6

実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか。

3

2.6

地域への貢献度はどうか。

3

2

運営に対する意欲はどうか。

3

2.6

危機管理体制は十分か。

5

3.4

一般項目小計

100

85.4

合計(必須項目+一般項目)

118

98.8

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 なお、重点項目については、「2点」を標準とし、優れたものについては特に加点、劣っているものについては特に減点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(3)指定管理者選定委員会委員

区分

氏名 役職

委員長

内藤 敏也 千葉県教育委員会教育長

委員

梅木 弘之 千葉県教育庁教育次長

委員

飛山 利夫 千葉県教育庁企画管理部長

委員

金子 英孝 千葉県教育庁教育振興部長

委員

平林 秀介 千葉県教育庁学校危機管理監

委員

溝口 敏行 千葉県教育庁企画管理部次長

委員

大木  実 千葉県教育庁教育振興部次長

委員

奥山 慎一 千葉県教育庁企画管理部教育総務課長

委員

大塚 一朗 千葉県教育庁企画管理部教育政策課長

委員

宇井 隆浩 千葉県教育庁企画管理部財務施設課長

委員

鎌田  操 千葉県教育庁企画管理部県立学校改革推進課長

委員

原   守 千葉県教育庁企画管理部福利課長

委員

藤田  武 千葉県教育庁教育振興部生涯学習課長

委員

小川 哲史 千葉県教育庁教育振興部指導課長

委員

岡田 哲也 千葉県教育庁教育振興部特別支援教育課長

委員

稲葉  泰 千葉県教育庁教育振興部教職員課長

委員

上田 敏彦 千葉県教育庁教育振興部学校安全保健課長

委員

永沼 律朗 千葉県教育庁教育振興部文化財課長

委員

山﨑 成夫 千葉県教育庁教育振興部体育課長

 

(4)選定審査にあたり意見聴取した外部有識者等
氏名 役職等
高野だいわ 順天堂大学スポーツ健康科学部非常勤講師
瀧  直也 淑徳大学コミュニティー政策学部准教授
平野 一男 前旭市立飯岡小学校長
岸本 幾代 日本ボーイスカウト千葉県連盟事務局長
石井 孝昌 一般財団法人千葉県中小企業診断士協会理事

 

 3 審査基準

 

(1)必須項目の審査
選定基準 審査項目 審査内容

配点

事業計画書の内容が

県民の平等な利用を

確保することができ

るものであるか。
(指定手続条例第3

条第1号)

 


施設の設置目的及び教育委員会が示した管理の方針 施設の設置目的を理解しているか。

3

教育委員会が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか。

3

経営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か。

3

平等な利用を図るための具体的な手法及び期待される効果 事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか。

3

社会的弱者へ配慮されているか。

3

個人情報の取扱は適

正か。

個人情報保護の取組 個人情報保護のための適切な措置がとられているか。

3

必須項目小計

18

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

 

(2)一般項目の審査
選定基準 審査項目 審査内容

配点

事業計画書の内容が、

当該公の施設の効用を

最大限に効果的に効率

的に発揮させるもので

あるか。
(指定手続条例第3条

第2号)

利用者の増加を図るための具体的手法及び期待される効果 年間の広報計画の内容は適切か。

3

利用者増加への取組内容は適切か。

3

地域、関係機関、ボランティア等との連携が図られているか。

3

サービスの向上を図るための具体的手法及び期待される効果 サービス向上のための取組内容は適切か。

3

募集事項に示した内容への提案は適切か。

3

主催事業の提案は、公の施設の設置目的の達成に資するものとなっているか。

3

全体的に施設の設備・機能を活用した内容となっているか。

3

施設の維持管理の内容、適格性及び実現の可能性 求めている内容が事業計画書で提案されているか。

3

施設管理、安全管理は適切か。

5

維持管理は効率的に計画されているか。

3

管理に係る経費の縮減効果(又は収益性の確保) 教育委員会が想定した参考金額をどの程度下回っているか。

30

事業計画書に沿った管

理を安定して行うため

に必要な能力(人員、

財政的基盤等)を有し

ているか。
(指定手続条例第3条

第3号)

収支計画の内容、適格性及び実現の可能性 収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか。

3

収支計画の実現可能性はあるか。

3

販売費及び一般管理費の額は適正か。

3

安定的な運営が可能となる人的能力 人員配置等管理運営体制は適切か。

3

職員採用、確保の方策は適切か。

3

職員の指導育成、研修体制は十分か。

3

安定的な運営が可能となる財政的基盤 団体の財務状況は健全か。

3

金融機関、出資者等の支援体制は十分か。

3

類似施設の運営実績 実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか。

3

その他 地域への貢献度 地域への貢献度はどうか。

3

運営意欲 運営に対する意欲はどうか。

3

危機管理 危機管理体制は十分か。

5

一般項目小計

100

合計(必須項目+一般項目)

118

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 なお、重点項目については、「2点」を標準とし、優れたものについては特に加点、劣っているものについては特に減点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課社会教育振興室社会教育施設班

電話番号:043-223-4168

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?