ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年11月13日

千葉県立水郷小見川少年自然の家指定管理者(候補者)の選定結果について

1選定結果 2評価点数 3審査基準

 1 選定結果

概要
指定管理者
候補者

小見川フィールズパートナーズ

 代表者 東京都狛江市岩戸北四丁目17番11号
     特定非営利活動法人国際自然大学校

 構成者 東京都世田谷区用賀四丁目10番1号

     株式会社東急コミュニティー

予定指定期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日(5年間)
提案の概要

【必須項目】

1.管理運営業務に関する基本方針について

(1)管理の方針について

  • ア.「第2期千葉県教育振興基本計画」に則り、5つの事業テーマを設定し、全世代及び地域を巻き込んだ青少年の学習拠点を形成する。
  • イ.専門性を持った2社が協力し、運営実績を活かした施設運営を行う。

(2)県民の平等な利用の確保等に関する取組や基本的な考え方について

 6つの心構えを定め、利用手続、施設利用、主催事業において、平等利用の確保に重点を置き、開かれた施設づくりをめざす。
2.個人情報の保護について
 プライバシーマーク認定企業として正しい管理体制を徹底し、千葉県の管理代行者として、責任を持って個人情報の取扱いを行う。

 

【一般項目】

1.施設の効用を発揮させる取組について

(1)利用者の増加を図る取組について

  • ア.既存利用者と新規利用者の2つの対象への視点別プロモーションを実施する。
  • イ.アンケート及びモニタリング結果をグループ内で協議し、利用者満足度の向上を図り、類似施設の実績を活かした施設運営を行う。

(2)サービスの向上を図る具体的な手法等について

  • ア.食事については現行体制を踏襲し、安全・安心の食事提供に努める。
  • イ.利用者の安全を確保するため、アレルギーへの対応を徹底する。
  • ウ.利用者ニーズの把握を行い、ホスピタリティあふれる施設づくりを進める。
  • エ.利用団体の小中学校及び一般団体の受入事業において、学校・団体の「活動目的(ねらい)」を全職員が理解し、支援する体制を構築する。
  • オ.野外炊飯プログラムと雨天時プログラムを追加したアクティビティ集の作成・更新を行う。
  • カ.継続性を持たせた「小見川ネイチャーキッズ」や「スタンドアップパドルボート」等を新規に企画した主催事業を展開する。

(3)施設の維持管理の取組、適格性について

  • ア.建物診断調査を実施し、修繕実施の優先順位を決定し、それを修繕計画に反映させる。
  • イ.TCスタンダードの活用及び清掃インスペクションの実施により、適正な維持管理を行う。
  • ウ.効率的な維持管理を実現するために、新電力活用等の省エネルギー対策を徹底する。

(4)管理経費について

  • ア.常勤職員と本部職員による業務効率化を図るとともに、事業継続ができる無理のない管理経費縮減を図る。
  • イ.利用者を含めたエコ意識の定着を徹底し、無駄な費用削減に努める。

2.安定的な管理を行うための体制等について

(1)収支計画について

  • ア.過去の利用実績に基づき、堅実な収支予測・予算計上する。
  • イ.予算達成状況を小まめに確認・分析し、広報等の運営に反映させることで、収支計画のリスク低減を図る。

(2)安定的な運営が可能となる組織体制について

  • ア.代表団体国際自然大学校の人的資源とネットワークを最大限に活用し、業務を実施する。
  • イ.自然学校・野外活動団体のネットワークを活かして職員を確保する。
  • ウ.水辺の活動の研修内容及び、野外体験の専門的な研修を受講することで、職員の資質の向上に努める。

(3)安定的な運営が可能となる財政的基盤について

  • ア.金融機関からの安定的な資金支援体制により、施設を継続的に運営する。

3.その他
(1)地域への貢献度について

  • ア.水害対策をはじめ、安全対策の拠点としての機能を形成する。
  • イ.小見川シニア大学による学びの場・交流の場の創出を進める。

(2)運営に対する意欲について

  • ア.「第2期千葉県教育振興基本計画」の基本的な取組み方針である「ふれる」「かかわる」そして「つながる」を施設にて体現する。

(3)危機管理体制について

  • ア.カヌー活動に関し、事前準備の重要性を伝達し、安全確保を目的とした指導マニュアルを作成する。
  • イ.衛生総合管理体制に基づいた食品衛生管理をおこない、安心で安全な食事の提供を行う仕組みを構築する。
選定理由 小見川フィールズパートナーズは、県民の平等な利用の確保、個人情報保護の取組、サービスの向上、管理経費、団体の安定性、体験活動等の充実などからなる審査項目において、いずれも標準以上であるとの評価が得られたことから、指定管理者候補者として適当である。
応募者数 2団体

 

 2 評価点数

(1)必須項目の審査

審査内容

配点

小見川フィールズ

パートナーズ

選定

団体A

施設の設置目的を理解しているか。

3

2.6

2.4

教育委員会が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか。

3

2.8

2

経営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か。

3

2.2

2.4

事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか。

3

2.4

2.2

社会的弱者へ配慮されているか。

3

1.8

2

個人情報保護のための適切な措置がとられているか。

3

2.2

2.2

必須項目小計

18

14

13.2

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査

審査内容

配点

小見川フィールズ

パートナーズ

選定

団体A

年間の広報計画の内容は適切か。

3

2.2

2.2

利用者増加への取組内容は適切か。

3

2.6

2.2

地域、関係機関、ボランティア等との連携が図られているか。

3

2.2

2

サービス向上のための取組内容は適切か。

3

2.6

2.6

募集事項に示した内容への提案は適切か。

3

2.6

2.4

主催事業の提案は、公の施設の設置目的の達成に資するものとなっているか。

3

3

2.2

全体的に施設の設備・機能を活用した内容となっているか。

3

2.8

2

求めている内容が事業計画書で提案されているか。

3

2.4

2.4

施設管理、安全管理は適切か。

5

3.4

3.2

維持管理は効率的に計画されているか。

3

2.6

2.6

教育委員会が想定した参考金額をどの程度下回っているか。

30

30

30

収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか。

3

2.2

2.4

収支計画の実現可能性はあるか。

3

2.2

2.2

販売費及び一般管理費の額は適正か。

3

2.2

2.4

人員配置等管理運営体制は適切か。

3

2.4

2

職員採用、確保の方策は適切か。

3

2.2

1.8

職員の指導育成、研修体制は十分か。

3

2.4

2.2

団体の財務状況は健全か。

3

2.6

2.6

金融機関、出資者等の支援体制は十分か。

3

2.6

2.4

実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか。

3

2.8

2.6

地域への貢献度はどうか。

3

2.4

2.4

運営に対する意欲はどうか。

3

2.6

2

危機管理体制は十分か。

5

3.4

3.4

一般項目小計

100

86.4

82.2

合計(必須項目+一般項目)

118

100.4

95.4

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 なお、重点項目については、「2点」を標準とし、優れたものについては特に加点、劣っているものについては特に減点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(3)グループ応募に係る団体審査

審査内容

配点

小見川フィールズ

パートナーズ

団体A

グループの設立の経緯は明らかになっているか。

10

8.63

9.1

グループ応募する必要性・理由は妥当なものか。

10

8.57

8.89

構成団体の役割分担及び責任分担は明らかになっているか。

10

8.57

8.89

構成団体の人員配置は妥当であるか。

10

7.52

8.26

各団体の経費配分は妥当であるか。

10

7.52

8

合計

50

40.81

43.14

審査結果

適格

適格

 ※各項目の必要点数は5点以上とし、かつ、合計の点数が35点以上で適格とする。

(4)指定管理者選定委員会委員

区分

氏名 役職

委員長

内藤 敏也 千葉県教育委員会教育長

委員

梅木 弘之 千葉県教育庁教育次長

委員

飛山 利夫 千葉県教育庁企画管理部長

委員

金子 英孝 千葉県教育庁教育振興部長

委員

平林 秀介 千葉県教育庁学校危機管理監

委員

溝口 敏行 千葉県教育庁企画管理部次長

委員

大木  実 千葉県教育庁教育振興部次長

委員

奥山 慎一 千葉県教育庁企画管理部教育総務課長

委員

大塚 一朗 千葉県教育庁企画管理部教育政策課長

委員

宇井 隆浩 千葉県教育庁企画管理部財務施設課長

委員

鎌田  操 千葉県教育庁企画管理部県立学校改革推進課長

委員

原   守 千葉県教育庁企画管理部福利課長

委員

藤田  武 千葉県教育庁教育振興部生涯学習課長

委員

小川 哲史 千葉県教育庁教育振興部指導課長

委員

岡田 哲也 千葉県教育庁教育振興部特別支援教育課長

委員

稲葉  泰 千葉県教育庁教育振興部教職員課長

委員

上田 敏彦 千葉県教育庁教育振興部学校安全保健課長

委員

永沼 律朗 千葉県教育庁教育振興部文化財課長

委員

山﨑 成夫 千葉県教育庁教育振興部体育課長

 

(5)選定審査にあたり意見聴取した外部有識者等
氏名 役職等
高野だいわ 順天堂大学スポーツ健康科学部非常勤講師
瀧  直也 淑徳大学コミュニティー政策学部准教授
平野 一男 前旭市立飯岡小学校長
岸本 幾代 日本ボーイスカウト千葉県連盟事務局長
石井 孝昌 一般財団法人千葉県中小企業診断士協会理事

 

 3 審査基準

(1)必須項目の審査

選定基準

審査項目

審査内容

配点

事業計画書の内容が県民の平等な利用を確保することができるものであるか。
(指定手続条例第3条第1号)
施設の設置目的及び教育委員会が示した管理の方針 施設の設置目的を理解しているか。

3

教育委員会が示した管理の方針と事業者が提案した運営方針が合致するか。

3

経営理念やコンプライアンスの取組等、団体の経営モラルは適切か。

3

平等な利用を図るための具体的な手法及び期待される効果 事業内容等が一部の県民、団体に対して不当に利用を制限又は優遇するものではないか。

3

社会的弱者へ配慮されているか。

3

個人情報の取扱は適正か。 個人情報保護の取組 個人情報保護のための適切な措置がとられているか。

3

必須項目小計

18

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(2)一般項目の審査

選定基準

審査項目

審査内容

配点

事業計画書の内容が、当該公の施設の効用を最大限に効果的に効率的に発揮させるものであるか。
(指定手続条例第3条第2号)
利用者の増加を図るための具体的手法及び期待される効果 年間の広報計画の内容は適切か。

3

利用者増加への取組内容は適切か。

3

地域、関係機関、ボランティア等との連携が図られているか。

3

サービスの向上を図るための具体的手法及び期待される効果 サービス向上のための取組内容は適切か。

3

募集事項に示した内容への提案は適切か。

3

主催事業の提案は、公の施設の設置目的の達成に資するものとなっているか。

3

全体的に施設の設備・機能を活用した内容となっているか。

3

施設の維持管理の内容、適格性及び実現の可能性 求めている内容が事業計画書で提案されているか。

3

施設管理、安全管理は適切か。

5

維持管理は効率的に計画されているか。

3

管理に係る経費の縮減効果(又は収益性の確保) 教育委員会が想定した参考金額をどの程度下回っているか。

30

事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力(人員、財政的基盤等)を有しているか。
(指定手続条例第3条第3号)
収支計画の内容、適格性及び実現の可能性 収入、支出の積算と事業計画の整合性は図れているか。

3

収支計画の実現可能性はあるか。

3

販売費及び一般管理費の額は適正か。

3

安定的な運営が可能となる人的能力 人員配置等管理運営体制は適切か。

3

職員採用、確保の方策は適切か。

3

職員の指導育成、研修体制は十分か。

3

安定的な運営が可能となる財政的基盤 団体の財務状況は健全か。

3

金融機関、出資者等の支援体制は十分か。

3

類似施設の運営実績 実績からして、本件施設を良好に管理運営できる可能性はどうか。

3

その他 地域への貢献度 地域への貢献度はどうか。

3

運営意欲 運営に対する意欲はどうか。

3

危機管理 危機管理体制は十分か。

5

一般項目小計

100

合計(必須項目+一般項目)

118

※「1点」を標準とし、優れたものについては特に加点。各項目とも3点満点。

 なお、重点項目については、「2点」を標準とし、優れたものについては特に加点、劣っているものについては特に減点。

 標準に満たない場合は0点。意見聴取した外部有識者等の過半数が0点を付けた審査内容があり、選定委員会がこれを適切な評価と認めた場合は失格。

(3)グループ応募に係る団体審査

選定基準

審査項目

審査内容

配点

事業計画書に沿った管理を安定して行うために必要な能力(人員、財政的基盤等)を有しているか。
(指定手続条例第3条第3号)

グループで応募する団体に係る確認事項

グループの設立の経緯は明らかになって

いるか。

10

グループ応募する必要性・理由は妥当な

ものか。

10

構成団体の役割分担及び責任分担は明ら

かになっているか。

10

構成団体の人員配置は妥当であるか。

10

各団体の経費配分は妥当であるか。

10

合計

50

 ※各項目の必要点数は5点以上とし、かつ、合計の点数が35点以上で適格とする。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部生涯学習課社会教育振興室社会教育施設班

電話番号:043-223-4168

ファックス番号:043-222-3565

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?