ここから本文です。

報道発表案件

更新日:平成30(2018)年6月30日

ページ番号:316117

県立学校におけるブロック塀等の緊急調査結果について

発表日:平成30年6月29日
企画管理部教育施設課

大阪府北部の地震により、小学校のプールの壁が倒壊し、通学途中の女子児童が死亡するという痛ましい事故が発生しました。

県教育委員会では6月21日に、県立学校を対象にブロック塀等の状況について、学校職員の目視による緊急調査を実施しました。

なお、危険性が高いと判断した箇所については、立ち入り制限等の安全対策を講じています。

1.調査結果

区分 学校数 ブロック塀等
がある学校(1)

左記(1)のうち現行基準に不適合

左記(1)のうち揺れ、傾斜、亀裂がある

高校
(2中学校を含む)

125校

93校
(291箇所)

71校
(168箇所)

49校
(88箇所)

特別支援学校

36校

17校
(44箇所)

12校
(32箇所)

3校
(7箇所)

合計

161校

110校
(335箇所)

83校
(200箇所)

52校
(95箇所)

2.今後の対応

ブロック塀がある全ての学校において、改めて専門職員による詳細な調査を実施し、現行基準に不適合の箇所等については、改修や撤去等の必要な対応を行う。

お問い合わせ

所属課室:企画管理部教育施設課施設・管理班

電話番号:043-223-4154

ファックス番号:043-221-8125

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?