ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年1月21日

ページ番号:483057

千葉特別支援学校(令和3年度第7回作品展)| アーティストのたまご

 令和3年度第7回作品展で千葉特別支援学校から出品された作品等を御覧ください。

高等部 木工班 「ブックスタンド」 

  ブックスタンドの画像

「木工班の生徒のインタビュー」

 手触りがとても良くなるように、何度もサンダーをかけたり、滑らかになったかどうかを確かめたりしながら作っています。

 正確に作るために治具を使って作っています。

高等部 せっけん班 「アクリルネット入り石けん」 

  石けんの画像

「せっけん班の生徒のインタビュー」

 牛脂から不純物を丁寧に取り除いて石けんにしています。

 油汚れや泥汚れがよく落ちます。

高等部 陶芸班 「角皿(小)」 

  角皿の画像

「陶芸班の生徒のインタビュー」

 粘土を型の上に置き、タンポで叩く「手押し成形」で作りました。

 きれいな形になるようにたくさん叩きました。

 釉薬を付ける時に、白荻色の上に瑠璃色がポイントになるように重ねて付けています。

高等部 農耕班 「ポプリ」 

  ポプリの画像

「農耕班の生徒のインタビュー」

 アップルミントの葉を1つ1つ丁寧に摘み取って、十分乾燥させて作っています。

 販売会では「ミントのとてもいい香りがするね」と言われます。

高等部 コンクリート班 「ペーパーウェイト」 

  ペーパーウェイトの画像

「コンクリート班の生徒のインタビュー」

 白のセメントに好きな色の紙を貼りました。

 購入して下さるお客様のことを考えて模様を考えたり、粉が付着しないように裏にフェルトを貼ったりしています。

 お客様から「かわいいね」と好評です。

高等部 縫工班 「ティッシュカバー」

  ティッシュカバーの画像

「縫工班の生徒のインタビュー」

 取り出し部分は「網代(あじろ)織り」という織り方で、手織りで作っています。

 手織りの部分と表地と裏地の色合いを考えて製品にしています。

 大きさにも工夫して作りました。

高等部 紙工班 「祝儀袋」

  祝儀袋の画像

「紙工班の生徒のインタビュー」

 楮から和紙を作って製品にしています。

 それぞれの工程で担当する生徒みんなで丁寧に作っています。

お問い合わせ

所属課室:教育振興部特別支援教育課特別支援学校整備室

電話番号:043-223-4079

ファックス番号:043-221-1158

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?