ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月24日

平成28年度の取組「お兄さん、お姉さんと学ぼう」事業

平成28年度は、千葉女子高校、千葉南高校、八千代高校、国府台高校、小金高校、県立柏高校、我孫子高校、佐原高校、匝瑳高校、成東高校、長生高校、安房高校、君津高校の13校で実施しています。

県立千葉南高校の取組

千葉南高校の生徒が夏休み中に千葉市立仁戸名小学校及び千葉市立松ケ丘小学校を訪問して実施した様子です。仁戸名小学校では、国語、算数、自由研究の指導補助を、松ケ丘小学校では、国語、算数の指導補助及びスズムシの飼育教室を行いました。

<千葉市立仁戸名小学校>

仁戸名小学校学習補助

<高校生の声>「答えが間違っているときに、すぐに答えを教えるのではなく、問題の解き方を一緒に考えるように工夫しました。」

仁戸名小学校調べ学習

<高校生の声>「今回の体験は、さらに『夢に向かって頑張ろう!』と思わせてくれました。自分は子供が好きなんだなと再認識しました。」

仁戸名小学校読み聞かせ

<高校生の声>
「この体験を通じて、接し方や言葉遣いの大切さを知りました。」

「教えられるかどうか不安で、前日に小学校の教科書を読み直しました。『わかった!』の声がとても嬉しかったです。」

「教えることの大変さとやりがいを感じることのできた、あっという間の時間でした。」

<千葉市立松ケ丘小学校>

映像を使ったスズムシに関するクイズに答えながら、小学生がスズムシの育て方について楽しく学んでいる様子です。夏休みにスズムシの成長を観察してもらえるように、エサや日当たり、水やりなどについて分かりやすく説明しました。

松が丘小学校スズムシクイズ

松が丘小学校スズムシ2

<参加した小学校からの声>

  • 子供たちに温かく接する姿が見られ、一生懸命さや真面目さが伝わってきました。
  • 教員以外の立場から支援してもらえることは、小学生にはとてもよい機会でした。
  • 小学生に寄り添い、丁寧に指導していただきました。昨年に引き続き参加してくれた高校生もおり、課題にコメントを書き入れることもしてくれました。

<参加した児童の声>

  • 丁寧に説明してくれて、むずかしい問題がわかるようになってうれしかった。
  • 勉強以外にも、たくさんおもしろい話を聞けて楽しかった。

県立千葉女子高校の取組

7月20日(水曜日)~22日(金曜日)の期間中に、教員基礎コースの1年生が、近隣の小学校(千葉市立園生小学校、小中台小学校、小中台南小学校、柏台小学校)を訪問し、水泳指導の補助及び国語・算数の学習支援を行いました。

「水泳指導の補助」の様子

 千葉女子高校の水泳指導補助の様子1
〈高校生の声〉
「子どもたちが『泳げるようになったよ!』と、キラキラした目で報告してくれた時は、嬉しくて疲れが全て吹き飛びました。」

 千葉女子高校の水泳指導補助の様子2
〈小学生の声〉
「手を引っ張ってくれて、水の上を進ませてくれたおかげで、泳げるようになってきました。」

「国語・算数の学習支援」の様子

千葉女子の「国語・算数」学習支援の様子1

〈高校生の声〉
「教えるということは知識や経験だけではなく、相手の性格や考え方を読み取る力も大切だと実感できました。」

千葉女子高校の「国語・算数」学習支援の様子2

〈小学生の声〉
「こたえが出るまで待ってくれた。」
「わからないところをわかるまで教えてくれました。」

〈参加した小学校からの声〉

  • 一所懸命に子どもたちと接していました。挨拶等、態度も良くすてきでした。
  • 子どもたちへの支援をありがとうございました。本校児童も喜んでいました。
  • 自ら子どもたちに関わる積極さがすばらしかったです。
  • 一緒に泳ぎながら個人的に教えてもらえたので、とても有意義な練習ができていました。

県立小金高校の取組

小金高校の生徒が、6月~10月の期間中に、小金西グレース保育園及び松戸市立横須賀小学校を訪問しました。小金西保育園では、お出迎えからお見送りまでの1日体験を2日間、横須賀小学校では「英語で遊ぼう」、「算数サポート」、「授業サポート」を延べ9日間実施しました。

〈松戸市立横須賀小学校〉

「英語で遊ぼう」の様子

英語を使ったゲームや本の読み聞かせによる英語活動の指導を体験しました。

小金高校の英語で遊ぼうの様子1

〈高校生の声〉
「子どもの目線ではっきりと話し、大切なことは繰り返すなど伝え方を工夫しました。」

小金高校の英語で遊ぼうの様子2

〈高校生の声〉
「子どもたちの気持ちを考えみんなが楽しめるようにすることの難しさを学びました。」

「算数サポート」の様子

児童それぞれが習熟度に応じて取り組んでいる算数ドリルの採点や説明を、小学校の教員や保護者とともに行いました。

小金高校の算数サポートの様子1

〈高校生の声〉
「すぐに飽きてしまう子、黙々と進む子など様々で、全員を見るのは大変だと思った。」

小金高校の算数サポートの様子2

〈高校生の声〉
「答えを教えるのではなく考えさせながら教えることが少しできるようになりました。」

「授業サポート」の様子

授業だけでなく、休み時間や給食、掃除の時間まで児童と過ごし、放課後の算数の振り返り学習にも参加しました。

小金高校の学習サポートの様子1
〈高校生の声〉
「クラスに様々な子がいる中で、全体を見ながら一人一人と対話するのが難しかった。」

小金高校の学習サポートの様子2
〈高校生の声〉
「丸一日の体験だったので、担任の先生を見て、児童の接し方を学びました。」

〈小金西グレース保育園〉高校生の声

  • 園児たちはとても元気で、「先生!先生!」と駆け寄ってきてくれて嬉しかった。
  • 保育士の方から伺った、「保育士は、ただずっと園児と遊んでいる仕事だとは思われたくない。」との言葉が印象に残っています。常に全体を見て、園児の安全に気を配っている保育士の姿を見ることができて良かったです。

県立我孫子高校の取組

平成28年度、新規指定校となった我孫子高校では、近隣(我孫子市、野田市、松戸市)の保育園、小学校、中学校を訪問しました。保育園では、図画工作や歌、体操の指導補助、小学校や中学校では、国語や算数(数学)などの指導補助をはじめ、クラス担当を受け持つなど、貴重な体験をしました。

〈我孫子市立我孫子第一小学校〉

平成29年1月19日(木曜日)、20日(金曜日)の2日間、参加した高校生全員がクラス担当を受け持ち、教室での指導補助だけでなく、児童と一緒に給食を食べたり、部活動に参加したりしました。雪が舞い散る中の長縄跳びも良い経験となりました。

全体会での様子

全体会の様子。小学生にどのように向き合っているかなど自分の言葉で発表しました。

提出物の確認

ペア学習・グループでの話し合いの間に、児童の提出物を確認しました。

 

椅子取りゲームの一場面

学級レクでのフルーツバスケットの一場面。トップバッターをみんなが注目しています。

理科室での指導補助

理科室での実験では、班を巡回して学習の補助にあたりました。

 

教室内での実習メモ

〈高校生の声〉
「先生の問いに対する1人1人の反応や、算数で答えを出すためにグループで話し合う様子、チームで声を掛け合いながら長縄を練習する姿、1つ1つがとても印象的でした!」

机間指導の様子

〈高校生の声〉
「子どもたちの声を拾いながら、異なる教科の内容を織り交ぜて展開する授業など、学習に興味を持たせる工夫を数多く見ることができました。」

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部指導課学力向上室

電話番号:043-223-4056

ファックス番号:043-221-6580

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?