ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育施策・計画・予算等 > 次世代へ光り輝く「教育立県ちば」プラン > 第3期千葉県教育振興基本計画「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』プラン」を策定しました。

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年4月3日

第3期千葉県教育振興基本計画「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』プラン」を策定しました。

発表日:令和2年2月12日
千葉県教育庁企画管理部教育政策課
043-223-4177

千葉県では、平成27年に策定した「新 みんなで取り組む『教育立県ちば』プラン」(第2期計画)を引き継ぐ第3期計画として、「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』プラン」を策定しました。
千葉県の教育を取り巻く現状や第2期計画の成果と課題、今後の重要課題に基づき、計画の基本理念を掲げるとともに、4つの基本目標を設定し、施策の推進に取り組んでいくこととしています。

計画の名称

第3期千葉県教育振興基本計画「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』プラン」

計画の性格

  • 教育基本法第17条第2項で規定された、千葉県における教育の振興のための施策に関する基本的な計画
  • 10年後、2030年の千葉県教育を展望し、その実現に向けて今後5年間に実施する重点的な施策・取組
  • 千葉県総合計画「次世代への飛躍 輝け! ちば元気プラン」の下での教育に係る個別計画
  • 「次世代へ光り輝く『教育立県ちば』を実現する有識者会議」における意見等を踏まえた計画

計画の期間

令和2年度(2020年度)から令和6年度(2024年度)の5年間

基本理念

ちばの教育の力で「県民としての誇り」を高める!
        「人間の強み」を伸ばす!
        「世界とつながる人材」を育てる!

  • 子供たちの自己肯定感を育み、【県民としての誇り】を高めます。
  • AIなどの技術革新が進展する時代に求められる【人間の強み】を伸ばします。
  • グローバル時代に必要な資質・能力を高め【世界とつながる人材】を育てます。
  • 千葉のポテンシャル(リソース)を活用した千葉ならではの教育、すなわち「ちばの教育の力」により、この基本理念の実現を図ります。

施策・取組

第2期計画の17施策60の取組を、第3期計画では、「子供」「学校」「家庭・地域」「県民」を柱とした4つの基本目標のもと11施策37の取組に再構成しました。

基本目標1 ちばの教育の力で、志を持ち、未来を切り拓く、ちばの子供を育てる

「子供」に関する基本目標には、「知」「徳」「体」のバランスの取れた「生きる力」の育成や、子供の自立や社会参加に向けた、能力や可能性の伸長の視点で、4つの施策を明示。

施策1 人生を主体的に切り拓くための学びの確立

施策2 道徳性を高める心の教育の推進

施策3 生涯をたくましく生きるための健康・体力づくりの推進

施策4 共生社会の形成に向けた特別支援教育の推進

基本目標2 ちばの教育の力で、「自信」と「安心」を育む学校をつくる

「学校」に関する基本目標には、子供の学びを支える学習環境づくり、教員採用・研修の充実や働き方改革、不登校や経済的理由など様々な困難を有する児童生徒、家庭へのきめ細かな支援の視点で、3つの施策を明示。

施策5 人間形成の場としての活力ある学校づくり

施策6 教育現場の重視と教員の質・教育力の向上

施策7 多様なニーズに対応した教育の推進

基本目標3 ちばの教育の力で、家庭と地域の絆を深め、全ての人が活躍できる環境を整える

「家庭・地域」に関する基本目標には、家庭教育への支援や家庭・地域との協働体制の構築、生涯学習の推進の視点で、2つの施策を明示。

施策8 家庭教育への支援と家庭・地域との連携・協働の推進

施策9 人生100年時代を見据えた生涯学習の推進

基本目標4 ちばの教育の力で、世界を舞台に活躍する人材を育成し、「楽しい」「喜び」に満ちた豊かな社会を創る

「県民」に関する基本目標には、郷土や国を愛する心と国際社会の担い手として求められる能力の育成、スポーツの推進の視点で、2つの施策を明示。

施策10 郷土と国を愛する心と世界を舞台に活躍する能力の育成

施策11 「するスポーツ」「みるスポーツ」「ささえるスポーツ」の推進

主な取組

  • 学力向上
    主体的・対話的で深い学びの確立を目指し、全ての学習活動の基盤となる言語能力や情報活用能力、外国語でコミュニケーションを図ろうとする態度を育成する取組を実施。
  • 道徳教育の充実
    学校の全ての教育活動において、特別の教科である道徳や「道徳」を学ぶ時間を要として、子供の発達段階に応じた体系的・系統的な道徳教育を推進。
  • 健康・体力づくりの推進
    「生きる力」の基本となる「健やかな体」の育成に向け、学校体育、学校保健、さらには食育を推進。
  • 特別支援教育の推進
    インクルーシブ教育システムの構築を目指し、連続性のある「多様な学びの場」や、早期からの教育相談と支援体制の充実に向けた取組を実施。
  • 活力ある学校づくり
    地域に開かれた魅力ある学校づくりの推進。公立学校と私立学校との一層の連携・協力の推進。学校施設等の老朽化対策や、安全教育及び防災教育の充実。
  • 教職員の資質向上と働き方改革
    教員採用、研修の充実による優れた教職員の確保。業務の見直しや教職員の意識改革など、学校における働き方改革の推進。
  • 様々な困難を抱えた児童生徒・家庭への支援
    学び直しや不登校、経済的理由など様々な困難を抱えた児童生徒・家庭への支援の充実。
  • 家庭教育への支援と、家庭・地域と学校との連携・協働
    親の学びの機会に関する情報提供など家庭教育への支援。コミュニティ・スクール導入の拡充。児童虐待の早期発見・早期対応など子供の命を守る取組の推進。
  • 生涯学習社会の推進
    多様な学びの場の充実や、学習の成果を生かすことができる場づくりの推進。障害のある人の生涯を通じた多様な学習活動の推進。
  • グローバル人材の育成
    郷土や国を愛する心を育む教育の推進。グローバル社会において必要となる資質・能力の育成。
  • スポーツの推進
    誰もが生涯にわたりスポーツに親しむことができる環境づくりや、障害者スポーツの推進。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育立県推進室企画班

電話番号:043-223-4177

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?