ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年1月12日

ページ番号:408933

児童生徒会選挙を活用した主権者教育の実施(12月17日)

県立矢切特別支援学校は、知的障害のある小学部から高等部までの児童生徒154名が学ぶ学校です。去る12月17日、児童生徒会選挙を活用して、松戸市選挙管理委員会の協力の下、本格的な選挙について学ぶ主権者教育を行いました。高等部の生徒は、本物の投票箱等を利用して選挙を行うとともに、自書できない人が代理人によって投票内容を記載する制度である「代理記載制度」を実際に体験しました。

感染症予防のため、互いの距離を保ちながら録画した候補者の演説を視聴しました。

「整理券を出してください。」「投票用紙です。」受付も生徒たち自身が担当します。

「手伝ってください。」「お願いします。」代理記載制度による投票を実際に体験しました。

「どの候補者にしますか?」投票者である生徒の意思を確認しながら記載をしてくれました。

「この人に頑張って欲しい!」大切な一票を投票することが出来ました。

松戸市選挙管理委員会の方々が、生徒の目の前で開票作業をしてくれました。

お問い合わせ

所属課室:企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?