サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育ニュース・広聴 > 教育フォトニュース > フォトニュース履歴一覧令和2(2020)年度 > 「オリ・パラ」サマーセッション in 東金―オンライン ボッチャ選手権―を開催(8月19日)

更新日:令和2(2020)年9月1日

「オリ・パラ」サマーセッション in 東金―オンライン ボッチャ選手権―を開催(8月19日)

東金特別支援学校は県教育委員会から「特別支援学校を拠点とした障害者スポーツ振興事業」の指定を受けています。その一環として、障害者スポーツを通して、地域の方々と本校の児童生徒など障害のある方との交流を図り、障害者理解の促進やインクルーシブな社会づくりに資することを目的として、8月19日水曜日に本イベントを開催しました。今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加者が一堂に会したボッチャ大会ではなく、ウェブ会議システムを活用した「オンラインボッチャ」を実施することとしました。当日は東上総地域の小中高校生、障害のある児童生徒等、様々な参加者総勢約150名(30チーム)が参加し、ボッチャを通してオンライン上で交流を図りました。

<「オリ・パラ」推進隊※が運営>
開会式、閉会式、オンラインボッチャ司会進行は「オリ・パラ」推進隊におまかせ!

※地域にて、障害者スポーツを広め、オリンピック・パラリンピックへの機運を高める活動をしている本校の児童生徒からなる組織

<オンラインボッチャの様子>
「今、同点だよ!絶対勝つぞ!!」画面を共有し、ボッチャを同時展開。相手チームを意識し合いながら競いました。


<新型コロナウィルス感染症対策>
「部屋の換気はできていますか?」試合ごとに徹底して3密チェック!


<「パラスポ」クイズ>
「クイズに答えてパラスポーツを知ろう!」「オリ・パラ」推進隊が考案した問題を出題。

<オンラインでつながる地域の輪>
たくさんの方に参加していただき、ボッチャの魅力、パラリンピックへの機運醸成を図り、インクルーシブな社会を目指した取組となりました。

<秋元妙美さん(ロンドン2012パラリンピックボッチャ日本代表)の講演>
「ボッチャはどんな方でもできるスポーツ」、「パラのスポーツではなく、スポーツの一つとして見てもらいたい」等のお話をいただきました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?