サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育ニュース・広聴 > 教育フォトニュース > フォトニュース履歴一覧令和元(2019)年度 > 浦安南高等学校 令和元年度オリンピック・パラリンピック講習会「シッティングバレーボール教室」(2月20日)

更新日:令和2(2020)年2月26日

浦安南高等学校 令和元年度オリンピック・パラリンピック講習会「シッティングバレーボール教室」(2月20日)

2月20日(木曜日)、浦安南高校ではオリパラ教育の一環として、シッティングバレーボール教室を実施しました。東京2020パラリンピック候補選手である、一般社団法人パラバレーボール協会(全日本チーム)の方々をお招きし、指導をしていただきました。今回の講習会を通して、生徒たちは楽しみながら2020年、千葉県(幕張メッセ)で行われるシッティングバレーボールに興味を持つことができました。


<パラバレーボール協会会長 真野 嘉久さん>
はじめに、パラバレーボール協会会長の真野監督から、東京2020オリンピック・パラリンピックについてのお話がありました。生徒たちは、シッティングバレーについて事前学習をしていたこともあり、会長の話にうなずきながら集中して聞いていました。「失ったものを数えるな、残っているものを生かせ」


<パラバレーボール協会(全日本チーム)の方々から>
「障害をもったことで悩んだ時期があったけれど、悩んだ時こそ顔を上げて、周りの人の顔を見て、生きる希望をもらった。」「今回のシッティングバレーボール教室を通して、床からお尻を離してはならないシッティングバレーだけに、お知り(お尻)合いになれたらいいな」


<円陣パス練習(全体)>
はじめての座りながらのパス!「難しい!」最初は戸惑いながらのパスであまり続きませんでしたが、時間が経つにつれて、フォローしあって連続でパスをつなぐことができました。


<円陣パス練習(1年生)>
「ナイスパス!」飛びだしながら、必死にパスをつないでいます!


<デモンストレーション>
全日本チームの模擬試合!白熱した試合に生徒からは「おー!すごい!」などの歓声がとびかっていました!


<全日本チーム対浦安南2年生>
全日本チームに負けじと一所懸命試合をしています!ラリーが続き、接戦でした!お互いにナイスプレーが続出し、白熱した試合内容となりました。試合に参加した生徒も、周りで応援していた生徒も一体感を持って楽しんでいる姿が印象的でした。


<謝辞・激励の言葉>
緊張しつつも、今回の体験で感じた事、激励のメッセージを生徒会長から選手の皆さんへ!「今日は浦安南高校に来てくださりありがとうございました。シッティングバレーに興味を持てました。2020年の東京パラリンピック応援しています!」

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?