サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育ニュース・広聴 > 教育フォトニュース > フォトニュース履歴一覧令和元(2019)年度 > 県立千葉盲学校にお相撲さんがやってきた!~視覚障害児と大相撲力士とのふれあい~(2月14日)

更新日:令和2(2020)年3月4日

県立千葉盲学校にお相撲さんがやってきた!~視覚障害児と大相撲力士とのふれあい~(2月14日)

スポーツ振興事業の一環として、大相撲尾車部屋の御協力をいただき、千葉盲学校生と、力士の交流会を実施しました。中村親方(元関脇嘉風)と3人の力士が来校し、幼稚部から専攻科まで、それぞれに交流しました。四股踏みや股割といった相撲の動きから綱引きまで、一緒に体を動かして、楽しい時間を過ごしました。体に触れることでお相撲さんの筋肉のすごさと柔らかさに驚き、鬢付け油の香りに気持ちが華やぎ、稽古の厳しさや部屋での生活のお話に感心する、素晴らしい交流会になりました。


幼稚部の子どもたちに優しい笑顔で接する、藤川さんと栄風さんです。子どもたちは、大きなお相撲さんに興味津々です。


股割に挑戦する小学部です。低学年の子どもたちの体の柔らかさに、お相撲さんもびっくりです。


大迫力の四股踏みです。力強さ、バランスの良さはさすがです。ズン、という地鳴りのような響きに会場が一瞬静かになりました。


にこやかな笑顔で小学部の子どもたちから大人気の天風さんです。綱引きでは黄色い声援が飛んでいました。


お相撲さんと、高等部生徒の綱引きです。お相撲さん3人対高等部全生徒との対戦。見ている方も力が入りました。生徒が健闘して高等部が勝つことができました。


中村親方を中心にお話を伺う専攻科です。厳しい稽古は当然ですが、土俵で得たことを元に自分で考え、必要な力をつけることが大切、とのお話に、皆、頷いていました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?