サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 教育・健全育成 > 教育ニュース・広聴 > 教育フォトニュース > フォトニュース履歴一覧平成30(2018)年度 > 千葉大学にて平成30年度「教員基礎コース」交流学習会が行われました(11月25日)

更新日:平成30(2018)年12月7日

千葉大学にて平成30年度「教員基礎コース」交流学習会が行われました(11月25日)

平成30年11月25日(日曜日)に「教員基礎コース」設置校の県立千葉女子高等学校、県立安房高等学校、県立我孫子高等学校、県立君津高等学校、学校設定科目「教育基礎」の講座を実施している県立成東高等学校の計5校が千葉大学に集まり、「教員基礎コース」交流学習会が行われました。各校の生徒がそれぞれの学校の学びや体験を発表したり、千葉大学教育学部に進学した卒業生の話を聴いたりしました。グループ協議では、同じく教員を目指す他校の生徒と親交を深め、活発な意見交換が行われました。


千葉女子高等学校の発表

「多くの知識が得られただけでなく、自分の将来を見つめ直すことができました」


安房高等学校の発表

「集中講義や教職体験実習を通して、教員になりたいという思いが一層強くなりました」


成東高等学校の発表

「現場の先生方の素晴らしさや大変さを感じ取ることができ、貴重な体験ができました」


我孫子高等学校の発表

「普段の高校生活での先生の授業に対し、別の角度から授業を見るようになりました」


君津高等学校の発表

「児童に行動を促すことは思っていたより大変で、言うことを聞いてくれないときもありました」


千葉大学教育学部学生の発表

「高校生の時に学んだことは、既に自分の中にあるので、+αのことに気が付くことができました」


えんたくん※を用いたグループ協議
※直径が1m程の丸い段ボールの板

各校の生徒がばらばらとなってグループを編成し、それぞれの学校の取り組みや、体験したことをまとめながら話し合いをしました。


教育委員会の講評

「皆さんの発表やグループ協議を見て、とてもコースの成果が上がっていると感じました」

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?