ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月20日

フォトニュース履歴一覧平成29(2017)年度

千葉県教育に関するホットなニュースを写真(フォト)で紹介いたします。

10月9月8月7月6月5月4月

 平成29年10月

平成29年度千葉県高等学校産業教育フェア・千葉県特別支援学校ものづくりフェアが盛大に開催されました(10月7日)

 

平成29年10月7日(土曜日)、青葉の森公園芸術文化ホールを会場に、平成29年度千葉県高等学校産業教育フェア・千葉県特別支援学校ものづくりフェアが開催されました。これは、県内9分野(農業・工業・商業・水産・家庭・福祉・看護・情報・総合)にわたる産業教育関係高等学校と、特別支援学校の生徒たちが一堂に会して、日頃の活動状況を、県民の皆様に対して広くアピールするためのイベントです。

バトントワーリング世界大会優勝選手等の教育長表敬訪問(10月3日)

 

平成29年8月に開催されたバトントワーリング世界大会(クロアチア・ポレッチ)に日本代表として出場し、優秀な成績を収めた千葉県ゆかりの2選手が、千葉県教育委員会教育長を表敬訪問し、その報告を行いました。

 平成29年9月

第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)で活躍した高校生が県教育長を表敬訪問しました(9月11日)

平成29年9月11日(月曜日)に、第41回全国高等学校総合文化祭(みやぎ総文2017)において、千葉県代表として優秀な成績を収めた4部門の生徒が千葉県教育委員会教育長を表敬訪問し、報告を行いました。将棋部門女子団体の部では、県立幕張総合高等学校が優勝し、文部科学大臣賞を受賞しました。小倉百人一首かるた部門では、千葉県選抜チームが準優勝し、文化庁長官賞を受賞しました。千葉県選抜チームは、国府台女子学院高等部、県立鎌ケ谷高等学校、県立八千代東高等学校、県立千葉南高等学校、県立実籾高等学校、麗澤高等学校の皆さんです。自然科学部門の研究発表生物部門では、県立柏中央高等学校が最優秀賞を受賞し、ポスター(パネル)発表では、県立船橋高等学校が文化庁長官賞を受賞しました。

 平成29年8月

「中学生・高校生との交流会」が行われました(8月8日)

平成29年8月8日(火曜日)に千葉県立大多喜高等学校で、平成29年度東上総地域「中学生・高校生との交流会」が行われました。「中学生・高校生との交流会」は、日頃、学校や日常生活の中で考えている教育に関する事柄や問題について、地域の中学生・高校生と県教育委員会等の職員が、自由な意見交換を行う場として、開催されているものです。今年度は県内各地域で6回実施されています。当日、東上総地域の公立中学校・高校の代表生35名と県教育委員会・東上総教育事務所・大多喜町教育委員会の職員が4班に分かれ、グループ討議を行いました。なお、平成29年度は大多喜高校会場の他に、浦安市文化会館(浦安高校)、野田中央高校、姉崎高校、銚子高校、成田西陵高校で「中学生・高校生との交流会」が実施されました。

 平成29年7月

全国高校野球選手権千葉大会の決勝戦及び閉会式が行われました(7月25日)

平成29年7月25日(火曜日),全国高校野球選手権千葉大会の決勝戦及び閉会式が,千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで行われました。決勝戦では,木更津総合高校が市立習志野高校に4対3で勝利し2年連続6回目の甲子園出場を決めました。閉会式では,峯村貴希主将に圓城寺一雄大会会長から優勝旗が手渡されました。8月8日(火曜日)に甲子園球場で開幕する全国大会での活躍が期待されます。

 

県庁「子ども参観日」が行われました(7月21日)

平成29年7月21日(金曜日)に千葉県庁において、県職員の子(幼稚園児、小学生、中学生)55名が参加して「子ども参観日」が行われました。この事業は、子どもが親や大人の働く姿に接したり、家庭で仕事の話をしたりすることで、働くことの大切さを知る機会となるよう、千葉県教育委員会生涯学習課の主催で平成19年度から毎年行われ、今年で11回目を迎えました。

 

「第1回千葉県総合教育会議」が開催されました(7月19日)

平成29年7月19日(水曜日)に「第1回千葉県総合教育会議」が、千葉県庁で開催されました。平成27年度に策定された「千葉県の教育の振興に関する大綱」から「子どもたちが困難を乗り越えて生きていくための力の育成~「不登校」に焦点を当てて~」をテーマとして、始めに知事からテーマ設定理由について説明がありました。続いて、不登校の現状、知事部局、教育委員会の取組、地区不登校等対策拠点校や三部制定時制高等学校における実践事例について報告があり、知事や教育委員による活発な意見交換が行われました。

 

 

「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」の前期大賞(学校賞)の授与式が行われました(7月18日)

 

平成29年7月18日(火曜日)に、流山市立南流山小学校で、「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」平成29年度前期大賞(学校賞)の授与式が行われました。
千葉県教育委員会では、本県の児童生徒の体力向上と社会性の育成を目的として、「長縄みんなでジャンプ」や「連続馬跳び」「ボールパスラリー」など8つの運動種目に取り組む「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」を平成19年度から実施しています。(「いきいきちばっ子コンテスト『遊・友スポーツランキングちば』」についてはこちら)
この日は、本年度前期(4月~6月)に参加した県内110校のうち、最も積極的に本コンテストに取り組んだ流山市立南流山小学校が、3年連続で表彰されました。(「遊・友スポーツランキングちば大賞」についてはこちら)

 

平成29年度「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」
強化指定証授与式・特別講演会が行われました(7月18日)

平成29年7月18日(火曜日)に、オークラ千葉ホテルにて、平成29年度「東京オリンピック・パラリンピックアスリート強化・支援事業」強化指定証授与式・特別講演会が行われました。
千葉県教育委員会では、強化指定選手(オリンピック26競技121名、パラリンピック15競技55名)に対し指定証を授与することにより、選手の意識の高揚を図り、本県出身の選手が一人でも多く東京オリンピック・パラリンピックに出場することを目指しています。式典では指定証の授与に続き、森田千葉県知事から熱い激励の言葉をいただきました。式典後には、元全日本バスケットボールチーム代表チーム主将の原田裕花氏を講師に迎え、アトランタオリンピック出場経験にもとづいた特別講演をいただきました。

 

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会の開会式が行われました(7月11日)

平成29年7月11日(火曜日),第99回全国高等学校野球選手権千葉大会の開会式が,千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで行われました。選手入場では,前年度優勝の木更津総合高校を先頭に168チームが力強く行進しました。試合は12日から県内各球場で行われ,甲子園出場をかけた熱い戦いが決勝戦まで繰り広げられます。

千葉ロッテマリーンズ公式戦招待チケット寄贈式が開催されました(7月7日)

7月7日(金曜日)に千葉県庁において、千葉ロッテマリーンズ公式戦招待チケットの寄贈式が開催され、千葉ロッテマリーンズの山室晋也社長から内藤敏也教育長に小学生招待券20,000枚が寄贈されました。これは、プロ野球選手の卓越したパフォーマンスに触れ、スポーツへの夢やあこがれをいだくことや、キャリア体験プログラム(練習見学、ダンス発表、スタジアムクルー体験)に参加し、スポーツを支える活動への関心を高めることをねらいとしています。

 平成29年6月

県立旭農業高等学校のグローバル教育文化交流学習について(6月27日)

県立旭農業高等学校では、グローバル教育文化交流学習として、ブルガリア共和国大使館との交流活動に取り組んでいます。この度、その一環として駐日ブルガリア共和国大使が本校を訪問しました。世界的に有名なブルガリアローズの植樹等の様々な交流をとおして、東京オリンピック・パラリンピックに向け、生徒の国際社会を生き抜く力の育成等を目指します。

「ホテルde朝市」を開催しました(6月24日)

千葉県高等学校教育研究会農業部会などの協力のもと、毎年開催している「ホテルde朝市」を6月24日(土曜日)にホテルポートプラザちばで開催しました。千葉県内の農業関係高校14校及び市原特別支援学校の生徒が生産した野菜、ジャム、鉢花などを生徒自身で販売しました。開始時刻前から地域の方々を中心にたくさんのお客様が集まり、生徒たちが生産する作物に対する期待の高さが窺えました。また、強い日差しに負けず各校の生徒達が大きな声で呼び込みを行い、数十分程でほとんどの販売品が完売しました。今年の朝市も販売を行っている生徒や来てくださったお客様の皆が笑顔で活気に溢れていました。

県立千葉商業高等学校吹奏楽部によるチャリティーコンサートの開催(6月17日)

平成23年3月11日の東日本大震災をきっかけに始まり、今年で7回目を迎えた本校吹奏楽部によるチャリティーコンサートが、インターアクト委員会、華道同好会、書道部、写真部の協力を得て、本校体育館で開催されました。今年は、ゲストに、福島県南相馬市出身のフルート奏者、吉田水貴さんと、富里市出身のオーボエ奏者、篠原拓也さんをお迎えし、計18曲が演奏され、体育館は近隣地域の皆さんの熱気と拍手に包まれました。

 平成29年5月

県立木更津東高等学校生徒の千葉県教育長表敬訪問について(5月30日)

県立木更津東高等学校では「グローカルハイスクール」を理念とし、日ごろから「地域で学び、地域に貢献し、地域に育ててもらう」さまざまな教育活動に取り組んでいます。
この度、その取組と販売した和菓子を本校生徒が千葉県教育長に紹介しました。教育長からはオリジナル和菓子を試食した感想や、地域と連携した学習のますますの推進について、激励の言葉をいただきました。

「平成29年度千葉県教職員初任者研修等第1回校外研修(開講式)が開催されました(5月16日)

平成29年5月16日(火曜日)に「平成29年度千葉県教職員初任者研修等第1回校外研修(開講式)」が、千葉県文化会館で開催されました。本研修は初任者を対象に、教職員としての職務を遂行するに当たり、必要な心構えや基本的事項を認識することや、千葉県の諸施策及び教育課題を理解し、千葉県の教職員としての使命感を深めることを目的としています。研修会では、森田健作千葉県知事や内藤敏也教育長の講話を、約1,800人の研修者が真剣な表情で受けとめていました。

「千葉県子ども読書の集い」を開催しました(5月13日)

4月23日の子ども読書の日から5月12日までは、こどもの読書週間でした。今年もこの期間に合わせ「千葉県子ども読書の集い」を5月13日に開催しました。第1部では平成29年度子どもの読書活動優秀実践団体(文部科学大臣被表彰)の2団体(野田市・睦沢町)が、日頃取り組んでいる実践発表を行いました。第2部では、読み聞かせ師・絵本作家である“聞かせ屋。けいたろう氏”が楽しいお話や読み聞かせを披露しました。第3部では、自分が読んで面白いと思った本を持ち寄り、その本の魅力を紹介しあいながら参加者が一番読みたいと感じた本を投票で選ぶ「ビブリオバトル<書評合戦>」を行いました。さらに会場ロビーでは、県立中央図書館によるお薦め本の展示・貸し出しなどを行い、参加した親子や、地域で活動する読み聞かせボランティアや教育関係者らが、本を読む楽しさを再確認し、読書の魅力に触れました。

平成29年4月

熊本地震の被災地派遣教職員の帰任報告会が開催されました(4月25日)

平成29年4月25日(火曜日)千葉県教育庁中庁舎において、熊本地震の被災地派遣教職員の帰任報告会が行われました。千葉県教育委員会では、平成28年7月1日から平成29年3月31日まで9ヶ月間にわたり2名の教員を熊本県教育委員会に派遣しました。帰任にあたり、2名の教員から、赴任した学校の状況や現地での活動状況、今後の教育活動に生かせること等の報告がありました。

平成29年度県立学校の新規採用教職員辞令交付式が開催されました(4月3日)

平成29年4月3日(月曜日)県立千葉高等学校講堂において、県立高等学校・県立特別支援学校の新規採用教職員辞令交付式が行われました。辞令交付式では、新規採用教職員一人一人の氏名が読み上げられた後、内藤敏也教育長から代表者に辞令が手渡されました。その後、服務の宣誓(全体唱和)、教育長あいさつ、決意表明が行われ、県立高等学校270名、県立特別支援学校158名の新規採用教職員は、それぞれが決意を新たに教育公務員としての第一歩を踏み出しました。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部教育政策課教育広報室

電話番号:043-223-4015

ファックス番号:043-224-5499

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?