サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月14日

【県立野田中央高等学校】NOW平成29年2月14日

県立野田中央高等学校は、平成18年度に野田高校と野田北高校が統合して誕生した学校です。本校は、「生徒一人一人の進路希望を実現できる学校」、「生徒の得意な分野を伸ばせる学校」、「生き生きと活気のある学校」、「地域に信頼され、地域に愛される学校」を目指し、日々の学習指導や生活指導を行っています。学習面では、習熟度別授業や少人数授業によるきめ細かい学習指導を展開し、生活面では、自主的で活気あふれる学校行事と人権教育の推進などにより、心豊かな社会人の育成を目指しています。さらに、地域行事への参加や小学校、特別支援学校等との交流も積極的に行っています。

※掲載内容については、更新日時点のものです。

きめ細かな学習指導
1・2年生の英語と数学では、習熟度別少人数授業を展開し、基礎学力定着の徹底を目指しています。

個性と能力に応じたコース
2年生からは、大学進学を目指すための文系特進コース・理系コースを設置し、週2回の7限目授業や夏休み特別講座等を行っています。

球技祭
5月の球技祭は、1年生にとって最初のクラス行事となります。みんなで力を合わせて競技に臨みます。

星央〈せいおう〉祭文化の部(文化祭)
毎年9月頃に校内公開と一般公開の2日間で行われます。クラスや文化系部活動の発表は大変盛り上がります。

星央祭体育の部(体育祭)
文化祭の翌週に行われ、クラス別や色別対抗の競技で熱戦が繰り広げられます。球技祭、文化祭、体育祭は生徒会と委員会が主体となって企画・運営しています。

長距離徒歩
体力向上や地域理解などを目的に、野田市内40kmを全校で歩く伝統行事「長距離徒歩」を行っています。途中、保護者からの飲み物の差し入れや地域の方々との交流もあります。

人権学習
本校は人権学習にも力を入れており、障害のある方や日本に住む外国籍の方などを講師としてお招きし、様々な講演をしていただいています。

職業理解ガイダンス
自分の興味のある分野について、専門学校の先生などから講話や体験実習等を行っています。写真は、本年度1年生の受講の様子です。

救急救命講習会(1年生)
総合的な学習の時間を使って、生徒全員が救急救命について学び、普通救命講習を修了します。地域の消防署の方々との交流の機会にもなっています。

地域行事への参加
地域に所在する学校の児童・生徒と住民が、音楽や踊りをとおして交流を深める「三世代交流会」に、毎年吹奏楽部が参加し、演奏を披露しています。

部活動(運動系)
運動系は15団体あります。中でもレスリング部は活発で、本年度も3年生が個人の部でインターハイ、全国高校生選手権、国体の3つの全国大会でともに3位に入賞しました。

部活動(文化系)
文化系は13団体あり、運動系同様に精力的に活動しています。中でも演劇部は、校内外で多くの発表を行っており、本年度は4年ぶりに県大会に出場しました。

アシスタント・ティーチャー
昨年度から始まった取組で、本校生徒が近隣の小学校で学習のお手伝いをしています。ドリルプリントの採点をしたり、問題の解き方や考え方を説明したりしています。


異年齢交流事業
6月に市内の陸上競技場で行われる「野田市小学生陸上競技大会」において、本校陸上競技部員が、競技運営補助役員としてお手伝いをしています。

近隣小学校との交流
毎年、近隣の2つの小学校の児童が、校外学習「わがまち探検」で本校に来校しています。校内を回って授業を参観します。


特別支援学校との交流
近隣の特別支援学校との交流として、運動会ボランティア、吹奏楽部の出前演奏等を積極的に行っています。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?