サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年6月14日

【県立木更津高等学校】NOW平成28年6月14日

県立木更津高等学校は、創立116年の伝統を受け継ぎながら、質実剛健・自主自律を校訓に、高い志を持ち目標に挑戦していく生徒を育成しています。平成28年度、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の5年間の指定を受けました。「かずさから世界へ!『開拓力』を伸ばす科学技術人材育成プロジェクト」をテーマに、地域の科学ネットワーク作りや国際交流、将来の進路につながる主体的な学びを実践していきます。グローバルに活躍できる科学技術系人材を育成するため、企業、研究所や大学などと連携し、分子生物学講座、流星天文学講座、鉄をテーマにした課題研究など、様々な取組を行っています。

企業との連携
新日鐵住金(株)君津製鐵所の見学からヒントを得て始めた「さび」と「不動態」の課題研究について、所員の方から研究指導を受けました。

流星天文学講座
日本大学理工学部の阿部先生から流星天文学の講義を受け、流星の軌道解析やスペクトル分析に挑戦しました。

地質調査巡検
千葉科学大学の植木先生の指導の下、上総湊海岸において地質調査の巡検を行いました。

プラズマ物理学講座
日本大学理工学部の浅井先生からプラズマの基本原理について学んだ後、放電現象やろうそくの炎の実験などを行いました。

サンゴ化石調査
地学部のグループが本校周辺の地層から未報告の単体サンゴの化石発掘に成功しました。

千葉大学国際交流会
発掘に成功した単体サンゴの化石について研究した班が、千葉大学の国際交流会において英語でポスター発表を行いました。

科学系部活動の活躍1
理化・生物・地学の各部活動の生徒たちが班ごとに進めてきた研究を、大学・企業の先生方の前で発表しました。

科学系部活動の活躍2
県立船橋高校で行われた千葉県課題研究発表会において、これまで継続してきた研究発表を行いました。

科学系部活動の活躍3
千葉大学主催の発表会で、各自の研究をポスター形式で発表しました。

科学系部活動の活躍4
袖ケ浦市民会館において、小学生を対象とした「わくわくサイエンス」という行事に参加して楽しい実験を行いました。

科学系部活動の活躍5
6月の木高祭では、小学生等の来校者を対象に生徒が楽しい実験を行っています。

科学系部活動の活躍6
千葉工業大学で行われた「SS(サイエンススクール)フェスティバル」に参加し、研究紹介やシャボン玉実験などで来場者と交流しました。

探査船体験乗船
地球深部探査船「ちきゅう」の体験乗船に参加し、試料分析の機器など研究の現場に触れることができました。


DNA研究所の講座
かずさDNA研究所から職員をお招きし、本校で「バイオインフォマティクス」の講座を開きました。

創立記念講演会(SSH指定記念)
本校卒業生で、毎日新聞東京本社科学環境部の須田桃子氏を講師として、「『科学』を伝えるということ」をテーマに講演会を開催しました。


スプリングセミナー
4月下旬に、新入生のスプリングセミナーを鴨川青年の家で行いました。卒業生も同行して、経験に基づく貴重なアドバイスをいただきました。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?