サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月14日

【県立夷隅特別支援学校】NOW平成28年8月19日

県立夷隅特別支援学校は、昭和55年4月に知的障害のある児童生徒に対する教育を行う学校として夷隅郡夷隅町(現いすみ市)に開校し37年目を迎えました。学校周囲は田畑や森が多く、自然豊かな環境の中にあります。現在、小学部、中学部、高等部の児童生徒80名が夷隅郡市から通学しています。「生きる力」を身につけた心豊かなたくましい児童生徒の育成をめざして取り組んでいます。また、地域の人たちや近隣の小、中学校、高等学校などとも交流を行い地域に根ざした取組を行っています。

入学式
今年も各学部に新しい友達が入学しました。

避難訓練
全校避難訓練を年3回行います。この日はグラウンドに避難した後、消防署の方から消火器の使い方を教わりました。

運動会1
毎年5月に運動会を行います。児童生徒で組織する実行委員や応援団が中心となって進め、児童生徒の白熱した競技で盛り上がります。

運動会2
全校種目の「ボール送りリレー」は、赤白に分かれた児童生徒全員が、それぞれ自分のできる方法でボールを繋いでいきます。

水泳学習
学習を通して、いろいろな泳ぎ方を修得する児童生徒がいます。また、水の苦手な子も遊びを通しながら楽しく活動しています。

いすみ祭(学校祭)
毎年10月に実施する全校行事です。写真は、毎年大好評の中学部によるミュージカル発表です。

校外学習(小学部)
千葉県立中央博物館分館海の博物館へ行きました。ヒトデやナマコなど海の生き物に直接触れることができ、みんな興味津々でした。

修学旅行(小学部)
ディズニーランドへ修学旅行に行きました。夜は、ホテルの広場から花火を見ました。思い出に残る2日間となりました。

大原高校との交流(小学部)
毎年大原高校岬キャンパスの農場に招待していただき、芋掘りを通じて交流しています。他者とのかかわりを育てる機会にもなっています。

いすみクリーン作戦(中学部)
毎年5月頃、地域の美化を目的として、学校からいすみ鉄道の国吉駅周辺まで通学路を中心に清掃活動を行っています。

作業学習1(中学部)
中学部には、手工芸班と農園芸班があります。手工芸班は、クラフトテープを使い、分担作業で大小様々なかご等を作っています。

作業学習2(中学部)
農園芸班は、小さな苗をポットに移植し、水やりや肥料入れなど自分たちで管理して丁寧に育てています。

校内実習(高等部)
教室を工場に見立て、スプーンの袋詰めやラベルはがしの実習を約2週間行います。実習に臨む表情はとても真剣です。


施設職場見学(高等部)
働くということや卒業後の進路を考える機会として、近隣の企業や施設へ行き、説明を聞いたり参観をしたりしています。

葦(あし)刈り(高等部)
高等部には、縫工班、陶芸班、よしず班、農耕班があります。中でもよしず班は、開校以来続く県内で唯一の作業班です。材料の葦刈りは、保護者の協力を得ながら高等部全員で行います。


作業製品販売会(中・高等部)
年に3回、各作業班は、近隣のスーパーなどで作業製品販売会を行っています。お客様も毎回楽しみにしてくださっています。

 

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?