サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月14日

【県立市原緑高等学校】NOW平成29年2月14日

県立市原緑高等学校は、昭和49年に開校しました。市原市の山倉ダムの湖畔に位置し、豊かな自然に囲まれ、落ち着いて学習に取り組むことができます。校訓には、「創造」「友愛」「自主」を掲げ、進路希望に合わせ、2年生から進学・総合コースとスポーツ健康コースが選択できます。生徒の学力向上のため、学び直しの学校設定教科「ブラッシュアップ」、数学及び英語の少人数指導、アクティブラーニング型の授業の実践など特色ある教育活動を展開しています。また、開校以来、サッカー部が盛んで、過去には全国大会出場の経験があり、Jリーグ等で活躍する選手・監督を多く輩出しています。現在も運動部が盛んで、文武両道を目指し、スポーツ健康コースに在籍する生徒たちを中心に部活動に取り組んでいます。

※掲載内容については、更新日時点のものです。

自然豊かな学習環境
緑豊かな落ち着いた環境の中で学習ができます。また、学校の目の前にバス停があり、通学にも便利です。

ブラッシュアップ(学び直し)
中学校までに学習した国数英理社を、毎朝10分間日替わりで学習します。5教科の学び直しは、本校の特徴です。

少人数制授業
1年生と2年生の複数の教科において、基礎学力の定着を目指し、少人数制の授業を展開しています。

主体的・協働的な学び
生徒一人一人の主体的・協働的な学びが、日々展開されています。

道徳教育の充実
社会人としての道徳的な見地を養うため、学年ごとにテーマを決め、道徳教育の充実を図っています。

読書活動の充実
近隣の幼稚園で、読み聞かせ活動を行っています。また、市内複数の図書館とも連携し、調べ学習を行っています。

強歩大会
精神力を養うだけでなく、歩く楽しさを味わいながら、クラスとの親睦を深めるため、伝統の強歩大会を行っています。

防災体験
救助袋を使った降下訓練、煙の中での避難体験、起震車の搭乗体験など、有事に備えた訓練に力を入れています。

キャリア教育の充実
市内の企業や施設でのインターンシップに参加するなど、卒業後を見据え、キャリア教育に力を入れています。

地域防犯活動
地域防犯キャンペーン「SAVE in 市原」に積極的に参加しています。近隣の駅での防犯グッズの配布を通じて、地域の方々にも意識の向上を呼びかけています。

交通安全指導
月に1回、風紀委員と生徒会の生徒が地元警察署との連携により、全校生徒に交通安全の呼び掛けを行っています。

異校種交流
近隣の県立市原特別支援学校の児童生徒と、ペットボトルの回収や文化祭への相互参加を通じて交流を図っています。

特色ある施設
本校には、屋外ゴルフ練習所や石窯などの特色ある施設があります。また、グラウンドも広く、サッカーフィールドを正規の大きさでとれます。


スポーツ健康コース
2年生から選択できるコースです。スポーツや健康に関心と熱意を持つ生徒を対象に、関連科目を多く学習します。

スキー実習(スポーツ健康コース)
2泊3日の実習です。技能レベル別に練習できるので、生徒からも好評です。


キャンプ実習(スポーツ健康コース)
2泊3日の実習です。仲間と協力して飯盒炊さん、登山などの野外活動に取り組みます。

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?