サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年3月2日

【県立行徳高等学校(定時制の課程)】NOW平成27年3月2日

県立行徳高等学校(定時制の課程)は、県立国府台高等学校葛南分校を前身として昭和53年4月に開校しました。本校の特徴としては、各学年が一クラスずつであり、「学び直しの学校」として授業は基礎・基本の定着を図るなど、きめ細かな指導を行っています。生徒たちは学校行事に精力的に取り組んでいて、特に10月の「月見の会」、12月の「クリスマス会」、2月の予餞会は、定時制らしさを表現できる場でもあり、少人数ながら活気にあふれています。

独立校舎
行徳高校定時制校舎です。入口の左の花壇には、春はチューリップ、夏はひまわりが勢いよく咲いています。生徒たちは落ち着いた雰囲気で学んでいます。思い出深い校舎ともあと1年でお別れです。

数学の授業
授業は生徒と先生の共同作業です。少人数できめ細かく、わかりやすい授業で、基礎・基本を習得します。社会で役に立つ楽しい授業が多く、学びがいがあります。

 

家庭科の授業
生徒が楽しみな授業の1つです。午後5時30分から始まる授業は、お腹のすく時間帯なので、調理実習の時間は特に気合いが入ります。この日の献立は「ちらし寿司」です。

体育の授業
この日の種目はバレーボールです。ボールに集中し、心を1つにして力を合わせ、一生懸命活動しています。丸いボールを中心に仲間の絆を深めます。

ページの先頭へ戻る

情報の授業
プレゼンテーションソフトを活用しています。各自でテーマを決め、情報収集・資料選択・スライド作成等の準備をした後、全員の前で発表します。毎年、個性豊かな発表に驚かされます。

給食風景
温かくておいしい給食。おかわりもできます。メニューは、成長期に必要な栄養バランスを考えてくれており至福のひとときです。リラックスした中、友人たちとの大切なコミュニケーションタイムでもあります。

 

対面式(4月)
新入生の歓迎会です。期待と不安が交錯する新入生に対し、先輩たちが前向きにチャレンジすることの大切さや意義を伝えてくれる場でもあります。この日から新入生は高校生活を一歩ずつ踏み出していきます。

球技大会(5月)
学年・クラスが1つにまとまり、一体感が強まります。試合後は「ノーサイド精神」で敵味方なく、グッド・ウィナー(よき勝者)とグッド・ルーザー(よき敗者)として振る舞い、敬意を持って健闘をたたえ合います。

ページの先頭へ戻る

校外学習(5月)
本校近隣の東京ディズニーランドとディズニーシーへ隔年で行っています。地元なので多くの生徒がリピーターであり班別行動を楽しみました。

春季定通体育大会(6月)
広い野球場で気持ち良くプレーしました。かつての先輩たちは、優勝して神宮球場で開催される全国大会に出場したこともあります。現役生もベストを尽くし頑張りました。

 

月見の会(9月)
夜の文化祭です。アットホームな様子を伝えます。保護者や地域の方も来校し、温かみのある雰囲気を共有しました。つきたての餅やできたてのポップコーンは大人気で、軽音楽部の演奏も盛り上がりました。

定通文化大会(10月)
今年度は、県立館山総合高校を会場に行いました。生活体験発表や絵画の作品展示、音楽など文化芸能を披露する場です。昨年は、音楽部門と絵画、今年は絵画で入賞をしました。

ページの先頭へ戻る

修学旅行(10月)
昨年は北海道でしたが、今年は沖縄に行ってきました。(2泊3日)沖縄では亜熱帯地方特有の気候や青く輝く海を満喫し、伝統文化や平和教育を学んできました。

クリスマス会(12月)
歌やダンス、ゲームなどを楽しみます。軽音楽部の演奏やダンスパフォーマンス(妖怪ウォッチ他)は、みんなで一緒に歌い踊りました。

 

予餞会(2月)
4年生とのお別れ会です。今年は、第1部「送別バレーボール大会」、第2部「軽音楽部による演奏」を行いました。最後に担任から卒業する4年生の紹介をしました。

卒業証書授与式(3月)
校長先生より卒業生一人ずつへの「卒業証書授与」の様子です。退場前には、卒業生がそれぞれ「思い」を語ります。笑いあり涙ありの感動的な場面です。

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 企画管理部県立学校改革推進課高校改革プラン推進室

電話番号:043-223-4026

ファックス番号:043-221-8124

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?