サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 文化財の指定と登録 > 新指定・登録の文化財 > 重要文化財(建造物)の指定の答申について(令和2年10月16日)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年10月16日

重要文化財(建造物)の指定の答申について(令和2年10月16日)

発表日:令和2年10月16日
教育庁教育振興部文化財課

国の文化審議会は、文部科学大臣に対し、銚子市所在の「犬吠埼灯台 1基、2棟」1件を重要文化財(建造物)として指定するよう答申しました。今後、告示されると、県内の重要文化財(建造物)は29件になります。

今回答申された文化財

犬吠埼灯台 1基、2棟 灯台、旧霧笛舎、旧倉庫

(いぬぼうさきとうだい とうだい きゅうむてきしゃ きゅうそうこ)

  • (1)員数:1件(1基、2棟)
  • (2)所在地:千葉県銚子市犬吠埼9576番地
  • (3)建築年代:灯台   明治7年(1874)

旧霧笛舎 明治43年(1910)

旧倉庫  明治7年(1874)

  • (4)指定基準
    「(二)技術的に優秀なもの」「(三)歴史的価値の高いもの」
  • (5)概要
    犬吠埼灯台は、太平洋に突き出す犬吠埼の先端部に位置する。幕末から明治前半にかけて日本各地の灯台の建設を主導した、イギリス人技師R・H・ブラントンの指導で建設された、現役の灯台である。灯台は明治7年(1874)に竣工、同年11月15日に初点灯(はつてんとう)した。高さ31メートル、煉瓦造(れんがぞう)の二重壁(にじゅうかべ)構造である。地震の多い日本に建設された初期の煉瓦造塔状構造物(れんがぞうとうじょうこうぞうぶつ)として、先駆的な技術が使われている。北太平洋航路のための最初の灯台として、日本の近代海上交通史上、高い価値が認められる。あわせて、明治43年(1910)建設の旧霧笛舎(きゅうむてきしゃ)、明治7年建設の旧倉庫(きゅうそうこ)など、犬吠埼灯台に関係する施設や設備も保存する。
  • 犬吠埼灯台
  • 犬吠埼灯台(写真提供:銚子市教育委員会)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?