サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 文化財の指定と登録 > 新指定・登録の文化財 > 登録有形文化財(建造物)の登録の答申について(3月19日)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年3月20日

登録有形文化財(建造物)の登録の答申について(3月19日)

発表日:令和2年3月19日
教育庁教育振興部文化財課

国の文化審議会は、文部科学大臣に対し、野田市所在の「キノエネ醤油」2件、鎌ケ谷市所在の「澁谷家住宅」3件、「丸屋」2件、芝山町所在の「伊東家住宅」1件を登録有形文化財(建造物)として登録するよう答申しました。今後、告示されると、県内の登録有形文化財(建造物)は293件になります。

今回答申された文化財

キノエネ醤油事務所兼主屋、旧火入場及び変電室

(きのえねんしょうゆじむしょけんしゅおく、きゅうひいればおよびへんでんしつ)

  • (1)員数:2件(2棟)
  • (2)所在地:千葉県野田市中野台字久保之内157
  • (3)建築年代
    :明治30年/明治36年増築(事務所兼主屋)
    :大正10年/昭和28年増築、昭和51年改修(旧火入場及び変電室)
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」(事務所兼主屋)
    「(二)造形の規範となっているもの」(旧火入場及び変電室)
  • (5)概要
    天保(てんぽう)元年(1830)創業の醤油醸造元で、現在も醸造を継続。事務所兼主屋は木造二階建て、切妻造(きりつまづく)葺(さんがわらぶ)き平入(ひらいり)の事務所東側に入母屋造(いりもやづく)り東西棟の主屋が続く。旧火入場及び変電室は鉄筋コンクリート造り三階建、切妻造りセメント瓦葺の火入場と、一階煉瓦造(れんがづく)り、二階木造の変電室からなる、野田で最初期の鉄筋コンクリート造り建築物。

  • キノエネ醤油事務所兼主屋(写真提供:野田市教育委員会)

  • キノエネ醤油旧火入場及び変電室(写真提供:野田市教育委員会)

澁谷家住宅主屋、米蔵、門

(しぶやけじゅうたくおもや、こめぐら、もん)

  • (1)員数:3件(3棟)
  • (2)所在地:千葉県鎌ケ谷市中佐津間一丁目77
  • (3)建築年代
    :文政9年(1826)/昭和53年改修、昭和61年増築(主屋)
    :嘉永元年(1848)/昭和50年代改修(米蔵)
    :昭和前期/昭和50年代改修(門)
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」
  • (5)概要
    近世に代々名主(なぬし)を務めた澁谷家の住宅。主屋は文政9年(1826)の建築で、寄棟造(よせむねづく)茅葺(かやぶき)金属板仮葺(きんぞくいたかりぶき))。米蔵は嘉永元年(1848)の建築で、土蔵造(どぞうづく)り二階建の切妻造り桟瓦葺。門は昭和前期の建築で、切妻造り桟瓦葺の一間(いっけん)薬医門(やくいもん)である。主屋の規模、米蔵や門も含めた屋敷構えは地域の旧家にふさわしい姿を今に残す。
  • 澁谷家住宅主屋(写真提供:鎌ケ谷市教育委員会)
  • 澁谷家住宅米蔵(写真提供:鎌ケ谷市教育委員会)
  • 澁谷家住宅門(写真提供:鎌ケ谷市教育委員会)

丸屋、丸屋離れ

(まるや、まるやはなれ)

  • (1)員数:2件(2棟)
  • (2)所在地:千葉県鎌ケ谷市鎌ケ谷四丁目17ほか
  • (3)建築年代
    :明治30年頃/昭和31年改修(丸屋)
    :明治30年頃/昭和50年代増築(丸屋離れ)
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」
  • (5)概要
    木下街道(きおろしかいどう)鎌ケ谷宿(かまがやじゅく)の旧籠(はたご)。明治26年(1893)の大火後、3、4年かけて再建した。もと旅籠であった丸屋は、木造二階建て、寄棟造り桟瓦葺で、正面入口の揚戸構(あげどかまえ)庇(ひさし)など、宿場の面影を伝えている。離れは主屋の東に建つ木造平屋建て、寄棟造り桟瓦葺の建物で、明治31年(1898)の皇太子(後の大正天皇)行啓(ぎょうけい)の際に滞在したと伝わる。
  • 丸屋(写真提供:鎌ケ谷市教育委員会)
  • 丸屋離れ(写真提供:鎌ケ谷市教育委員会)

伊東家住宅主屋

(いとうけじゅうたくおもや)

  • (1)員数:1件(1棟)
  • (2)所在地:千葉県山武郡芝山町小池1000
  • (3)建築年代
    :明治中期
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」
  • (5)概要
    芝山町の名望家(めいぼうか)伊東祐之(いとうすけゆき)が建てた住宅。木造平屋建て、正面に下屋(げや)を付し、中央を玄関とする。内部は南東を土間、北西に主座敷を置く。急勾配の桟瓦葺屋根は建築当初からと考えられ、茅葺からの過渡(かと)的様相を呈す。
  • 伊東家住宅主屋外観(写真提供:芝山町教育委員会)
  • 伊東家住宅主屋オクノマ(写真提供:芝山町教育委員会)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?