サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化・文化財 > 文化財 > 文化財の指定と登録 > 新指定・登録の文化財 > 登録有形文化財(建造物)の登録の答申について(3月18日)

報道発表資料

更新日:平成31(2019)年3月19日

登録有形文化財(建造物)の登録の答申について(3月18日)

発表日:平成31年3月18日

教育庁教育振興部文化財課

国の文化審議会は、文部科学大臣に対し、野田市所在の「上原家住宅」4件を登録有形文化財(建造物)として登録するよう答申しました。今後、告示されると、県内の登録有形文化財(建造物)は281件になります。

今回答申された文化財

上原家住宅書院、土蔵、石蔵、表門

(うえはらけじゅうたくしょいん、どぞう、いしぐら、おもてもん)

  • (1)員数:4件(4棟)
  • (2)所在地:千葉県野田市桐ケ作字前山18、18-2
  • (3)建築年代
    :明治中期/平成5年移築・改修(書院)
    :明治中期/平成4年移築・改修(土蔵)
    :大正前期(石蔵)
    :明治中期/平成25年改修(表門)
  • (4)登録基準
    「(一)国土の歴史的景観に寄与しているもの」(石蔵・表門)
    「(二)造形の規範となっているもの」(書院・土蔵)
  • (5)概要
    利根川と江戸川に挟まれた田園地帯の集落のもと名主宅。書院は主屋東面に接続して建つ寄棟(よせむね)造りの平屋(ひらや)建てで、内部の座敷は床(とこ)と仏壇を前後に配した奥行1間の座敷飾りが上層農家の格式を示す。敷地西辺の中ほどに切妻(きりづま)造り二階建ての土蔵、その北側に切妻造り平屋建て、大谷石(おおやいし)造りの石蔵が残り、上層農家における土蔵のつくりを伝えている。表門は敷地南辺の中央に南面して建つ総ケヤキ造りの一間薬医門(やくいもん)で、明治期の戸長(こちょう)役場にふさわしい豪壮な表構えを形成している。
  • 上原家住宅書院上原家住宅書院(写真提供:野田市教育委員会)
  • 上原家住宅表門上原家住宅表門(写真提供:野田市教育委員会)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:教育庁 教育振興部文化財課指定文化財班

電話番号:043-223-4082

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?