ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化施設 > 美術館・博物館 > 県立美術館・博物館のイベント・展示情報 > 千葉県立中央博物館分館 海の博物館 房総から新種のノリを発見

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年8月18日

ページ番号:455550

千葉県立中央博物館分館 海の博物館 房総から新種のノリを発見

発表日:令和3年8月17日
千葉県立中央博物館分館 海の博物館

 県立中央博物館分館海の博物館の菊地(きくち)則雄(のりお)主任上席研究員が一員となっている研究グループは、千葉県太平洋沿岸の勝浦市から銚子市および山口県下関市で2002年~2019年にかけて採集されたノリが新種であることを確認し、和名をセンジュアマノリと名付けました。
 この成果は、2021年7月15日付の日本藻類学会英文誌 Phycological Research誌のオンライン版で公開されました。

研究グループ

阿部真比古(あべまひこ)(国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産大学校)

菊地(きくち) 則雄(のりお)(千葉県立中央博物館分館海の博物館)

玉城(たまき) 泉也(もとや)(国立研究開発法人水産研究・教育機構 本部)

佐藤(さとう) 朋子(ともこ)(国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産大学校)

村瀬(むらせ) (のぼる)(国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産大学校)

藤吉(ふじよし) (えい)()(国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産技術研究所)

小林(こばやし) 正裕(まさひろ)(国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産資源研究所)

掲載誌・論文タイトル

掲載誌

Phycological Research(日本藻類学会英文誌)

論文タイトル

Neoporphyra kitoi sp. nov. (Bangiales, Rhodophyta) from Japan, with new blades arising from rhizoidal cells
(根様糸細胞から新たな葉状部を発出する特徴を持つ日本産紅藻ウシケノリ目の新種センジュアマノリ)

発見の経緯

 千葉県立中央博物館分館海の博物館では開館以来、千葉県内の海洋生物の多様性を明らかにするため、県内各地で海藻資料の調査・収集を行っている。2002年には大原町(現いすみ市)、2004年には銚子市で調査を行い、採集したノリから糸状体(しじょうたい)培養(ばいよう)(かぶ)を作出し、保存培養していた。
 一方、国立研究開発法人水産研究・教育機構 水産大学校では2012年に、養殖に用いる新たなノリの探索のための調査を山口県下関市で行い、そこで採集したノリを培養したところ、独特の生長過程を持つことが明らかになった。水産大学校 阿部真比古准教授からこのノリについての見解を求められた千葉県立中央博物館分館海の博物館 菊地則雄主任上席研究員は、このようなノリはこれまで確認されていないので、新種の可能性が高いことを説明した。その後、阿部・菊地による共同研究が開始され、その一環として下関市で発見されたノリと千葉県大原町(現いすみ市)及び銚子市で採集されたノリのDNA解析を行った。この結果、これらが同じ種であり、かつ新種であることが判明した。

研究の概要

 千葉県大原町(現いすみ市)、銚子市、山口県下関市で採集したノリを培養し、生長過程を調べたところ、葉状体基部の細胞から新たな葉状部が発出するという独特の生長過程を持ち、良く生長すると根元から10枚程度の葉状部が生えた。このような体形成を行う種はこれまで確認されたことがない。またDNA解析結果から、本種はオニアマノリ属に属するものの、これまで確認されていた種とは異なることがわかった。以上の結果から、本種はオニアマノリ属の新種と結論付けられ、学名をNeoporphyra kitoi(ネオポルフィラ・キトーイ)、和名をセンジュアマノリとした。この成果は、7月15日付の日本藻類学会英文誌 Phycological Research誌のオンライン版で公開された。
 なお、これまでの研究でセンジュアマノリの生育が確認されたのは千葉県太平洋沿岸の勝浦市~銚子市と山口県下関市である。山口県下関市で見つかった生育地は1か所のみで、そこでは2014年以降本種が採集できていない。従って現在、センジュアマノリの確実な生息地は千葉県太平洋沿岸のみとなっている。

当館職員の役割

 研究材料となったノリの千葉県産の全個体の採集と、形態の観察を行うとともに、DNA解析の試料とした糸状体培養株の作出を行った。そして、形態や生長過程の面からの新種としての妥当性の判断を行うとともに、論文執筆に当たっては、基準標本の登録作業、新種記載文等の執筆、論文全体の監修を担当した。

新種のノリの画像

今回発見された新種のノリ(センジュアマノリ)の標本

お問い合わせ

所属課室:教育機関千葉県立中央博物館分館海の博物館

電話番号:0470-76-1133

ファックス番号:0470-76-1821

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?