ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化施設 > 美術館・博物館 > 県立美術館・博物館のイベント・展示情報 > 千葉県立中央博物館と東京大学千葉演習林の協定について

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年6月9日

ページ番号:443500

千葉県立中央博物館と東京大学千葉演習林の協定について

発表日:令和3年6月8日
千葉県立中央博物館

 千葉県立中央博物館(千葉県千葉市。以下、中央博物館)と東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林千葉演習林(千葉県鴨川市。以下、千葉演習林)が、このたび、学術調査・研究と教育・普及活動のさらなる促進に向けての連携協力に関する協定を締結しました。
 両者はこれまでも、県内屈指の豊かな森林環境を抱える千葉演習林において、共同調査を継続的に行い、多くの成果を挙げてきましたが、今後も、県民・市民の皆さまに向けての学習機会の提供や展示などについて、協力・連携して取り組んでまいります。

これまでの活動

 中央博物館常設展示室には千葉演習林から提供を受けた数多くの資料を展示しており、「房総の生物」のコーナーには、演習林の自然を紹介した「清澄山の森林」を、ジオラマとして再現しています。
 平成元年の中央博物館の開館後は、生物相や地学などの分野で千葉演習林と共同し様々な調査・研究活動を行い、多様な生物群の新種や新産種を数多く記録してきました。特に、平成24年度から28年度まで「房総丘陵の自然-過去、現在、未来-」として調査研究活動を進め、演習林はその中心的な調査地となりました。その成果は『房総丘陵の自然誌』報告書(平成29年)としてまとめられ、また企画展「房総丘陵はすごい-調べてびっくり、新発見の数々-」(平成30年)では千葉演習林の自然の魅力を紹介するなど、中央博物館と千葉演習林は、相互に共同し調査・研究、教育・普及活動を行ってきました。
報告書はこちら外部サイトへのリンク

今後の取り組み

 中央博物館では、県内屈指の豊かな森林環境を抱える千葉演習林と協定を結ぶことにより、更なる緊密な連携をもって、野生生物などの自然誌資料収集を中心とする共同調査を継続的に行うとともに、県民・市民の皆さまに向けての学習機会の提供や展示会の開催に取り組んでまいります。

お問い合わせ

所属課室:教育機関千葉県立中央博物館

電話番号:043-265-3111

ファックス番号:043-266-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?