ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立中央博物館大多喜城分館 企画展「福を呼ぶ小袖と房総の万祝」の開催について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年10月14日

ページ番号:396866

県立中央博物館大多喜城分館 企画展「福を呼ぶ小袖と房総の万祝」の開催について

発表日:令和2年10月13日
千葉県立中央博物館大多喜城分館

 県立中央博物館大多喜城分館では、企画展「福を呼ぶ小袖と房総の万祝」を開催します。
 「きもの」の祖型(そけい)、小袖の模様には、様々な技法を使った吉祥(きっしょう)模様が多く施されています。また、房総発祥の万祝は「漁師の晴れ着」とも称され、漁にちなんだ色鮮やかなおめでたい模様が描かれています。
 展示では、福をもたらす様々な着物模様を紹介します。

小袖(松文字模様)

白綸子地松文字模様染縫小袖(国立歴史民俗博物館蔵)

万祝(恵比寿)

万祝(恵比寿・蛸・大漁)(九十九里町教育委員会蔵)

開催期間

令和2(2020)年10月23日から令和2(2020)年12月6日 午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

開催場所

名称 千葉県立中央博物館大多喜城分館
住所 千葉県夷隅郡大多喜町大多喜481
電話 0470-82-3007
ホームページ 県立中央博物館大多喜城分館外部サイトへのリンク

内容

■主な展示内容
1.福を呼ぶ・小袖
江戸時代から明治時代にかけて流行した小袖模様のうち、福をもたらす吉祥模様の小袖と小袖雛形本を紹介
白綸子地松文字模様染縫小袖(しろりんずじまつもじもようそめぬいこそで)(国立歴史民俗博物館蔵)
金茶八橋織綾地蝙蝠模様友禅染小袖(きんちゃやつはしおりあやじこうもりもようゆうぜんぞめこそで)(国立歴史民俗博物館蔵)
三代歌川豊国(うたがわとよくに)「春宵梅ノ宴(しゅんしょううめのうたげ)」(千葉県立中央博物館蔵)
『新板花陽(しんばんかよう)ひいなかた綱目(こうもく)』(国立歴史民俗博物館蔵)など

2.喜びの装い・万祝
房総が発祥の漁師の晴れ着「万祝」に描かれた模様と万祝の製作技術について紹介
万祝(恵比寿・蛸・大漁)(九十九里町教育委員会蔵)
万祝(五三の桐・浦島太郎)(鴨川市教育委員会蔵)
三代歌川広重(うたがわひろしげ)「大日本物産図会(だいにほんぶっさんずえ)」(千葉県立中央博物館蔵)
『萬祝模様雛形(まいわいもようひながた) 全(ぜん)』(館山市立博物館蔵)など
※千葉県指定有形文化財29点、九十九里町指定有形文化財4点を含む、71点(写真パネルも含む)を展示

■開催期間
令和2年10月23日(金曜日)~12月6日(日曜日)
※月曜日休館(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日休館)

■開館時間
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

費用

■入場料 一般300円、高校・大学生150円 ※中学生以下・65歳以上は無料 ※11月3日は文化の日のため入場無料

お問い合わせ

所属課室:教育振興部文化財課学芸振興室

電話番号:043-223-4127

ファックス番号:043-221-8126

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?