ここから本文です。

ホーム > イベント情報 > イベント・講座・セミナー > 県立中央博物館 令和2年度収蔵資料展「ノスタルジック・ポストカード」の開催について

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年12月9日

ページ番号:403894

県立中央博物館 令和2年度収蔵資料展「ノスタルジック・ポストカード」の開催について

発表日:令和2年12月8日
千葉県立中央博物館

 日本で私製絵はがきの使用が認められたのは明治33(1900)年。特に戦前には、地域の名勝や風景、さまざまな事件や出来事を絵柄とした絵はがきが数多く発行され、盛んにやり取りされていました。

 本展示では、近年当館が寄贈を受けた故菱田忠義(ひしだただよし)氏の膨大な絵はがきコレクションを中心に、まず、絵はがきを「記念」という切り口で整理し、絵はがきの歴史やその役割の移り変わり等について紹介します。次に、絵はがきに記録されている懐かしい風景が、その後どのように変化していったか、様々な時代の絵はがきや現在の様子などを通して紹介します。

開催期間

令和3(2021)年1月9日 (土曜日) から令和3(2021)年3月7日 (日曜日) 10時~16時30分(入館は16時まで)

開催場所

名称 千葉県立中央博物館
住所 千葉県千葉市中央区青葉町955-2
電話 043-265-3111
ホームページ 県立中央博物館ホームページ外部サイトへのリンク

内容

会期

 令和3年1月9日(土曜日)~3月7日(日曜日)

会場

 千葉県立中央博物館 第2企画展示室(千葉市中央区青葉町955-2)

■利用案内

(1)開館時間

 10時~16時30分(入館は16時まで)

(2)休館日

 毎週月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

■ 展示構成

第1部 絵はがきで切り取られた「記念」(記念という切り口で絵はがきを展示)

  • 最初の官製絵はがき「万国郵便連合加盟25周年奉祝典記念」
  • 日露戦役記念と絵はがきの大流行
  • 関東大震災とメディアとしての絵はがき
  • 学校行事や式典と絵はがき
  • 観光記念と絵はがき

 

ノスタルジック・ポストカード画像1

 

第2部 絵はがきの撮影地を訪ねる(絵はがきの場所の今を紹介)

  • 銚子磯巡り
  • 成田山の変遷
  • 南房総の観光地
  • 別府地獄めぐり(大分県)
 

ノスタルジック・ポストカード画像2

 

 

 

費用

■入場料 一般300円、高校・大学生150円  ※中学生以下・65歳以上・障害者手帳をお持ちの方及び介護者1名は無料