ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 港湾・空港 > 成田・羽田空港 > 成田空港について > 成田空港の機能強化について > 成田空港周辺9市町における規制緩和を活用した事業アイディアの募集について

報道発表案件

更新日:令和3(2021)年7月27日

ページ番号:449574

成田空港周辺9市町における規制緩和を活用した事業アイディアの募集について

発表日:令和3年7月26日
総合企画部空港地域振興課

千葉県では、令和3年1月に成田空港周辺9市町おける国家戦略特区制度に基づく規制緩和の提案を行いました。
成田空港の更なる機能強化を最大限生かした周辺地域の活性化を実現するためには民間活力の導入が必要不可欠であることから、民間事業者の参入しやすい地域づくりを促進するため、成田空港周辺9市町における規制緩和を活用した事業アイディアを募集します。

※ 成田市、富里市、香取市、山武市、栄町、神崎町、多古町、芝山町、横芝光町

国家戦略特区について

制度の概要について

「国家戦略特区」は、”世界で一番ビジネスをしやすい環境”を作ることを目的に、地域や分野を限定し、大胆な規制・制度の緩和や税制面の優遇を行う規制緩和制度です。

国家戦略特区に関する千葉県の取組について

成田空港で進められている「更なる機能強化」の効果を最大化し、成田空港を旅客のみならず航空貨物の東アジアの拠点とすることで、日本の国際競争力の強化に繋げるため、県では、成田空港周辺9市町における国家戦略特区制度に基づく以下の規制緩和提案を令和3年1月15日に行いました。

千葉県の提案内容について

  1. 土地利用の弾力化による事業用地等の確保
    成田空港周辺9市町のインターチェンジや空港ゲート等、交通の要衝周辺では、農振法や農地法による土地利用規制を緩和することで、物流施設等の整備を促進する。
  2. 外国人材の活用
    在留資格「特定技能」に新たに倉庫業を位置づけることで、人手不足が顕在化している物流業界における外国人材の活用を促進する。
  3. 公共交通の充実
    成田空港周辺では、自家用車による通勤が中心で、交通渋滞等の原因にもなっていることから、マルチテナント型物流施設によるテナント従業員等の合理的な送迎を促進する。
  4. 農業の振興
    農業の技術の開発や普及といった生産力の強化等を図るための研究開発施設について、立地要件を緩和し、設置を促進する。

募集概要

募集対象

 成田空港周辺9市町における規制緩和を活用した事業アイディアを次の区分ごとに募集します。

  1. 新たな規制緩和の特例措置(現在、千葉県が提案しているもの)が必要となるもの
  2. 新たな規制緩和の特例措置(現在、県が提案している内容以外のもの)が必要となるもの
  3. 既に実現している規制緩和の特例措置を活用するもの

※国家戦略特区に指定された場合、既に他の国家戦略特区で認められた規制の特例である既存の規制緩和メニューを利用することが可能になります。詳細は関連リンクをご覧ください。

応募方法

 「募集要項(PDF:148.7KB)」に基づき、提案様式に記入の上、総合企画部空港地域振興課成田空港地域づくり推進室までメールにてお送りください。

メール送付先:kuukou-idea@mz.pref.chiba.lg.jp

※データ容量が3.5MBを超えると受信できないため、データ容量が大きい場合は分割して送付くださいますようお願いします。

 応募いただいた事業アイディアのうち具体化を図る事業アイディアについて、「成田空港と成田空港周辺9市町の相互発展への寄与可能性」及び「事業計画の具体性」の観点から選定します。選定された事業アイディアについては千葉県・関係市町と応募事業者とで継続的に連携・協議を行い、国への提案に繋げていきます。

お問い合わせ

所属課室:総合企画部空港地域振興課成田空港地域づくり推進室

電話番号:043-223-2266

ファックス番号:043-224-1896

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?